スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


extra Round:渡辺 雄也(神奈川) vs 中村 肇(東京)

By Daisuke Kawasaki

PWC Finals本戦も終了し、そして第4期PWCポイントランキングの首位も、中村 肇に確定した。これによって、中村は第5期PWCのすべての大会において、参加費無料の権利を獲得したのである。


だが、実際のところ、この中村のPWCポイントランキング首位というのは、実は例年に無いほどの事件なのである。


なぜなら、PWCがポイントランキングシステムを開始して以来、「ミスターPWC」である渡辺 雄也以外のプレイヤーが、ポイントランキング首位を獲得したのは初めてなのだ。



そして、今、この場で決まった緊急ルールによって、ポイントランキング1位の中村と、ポイントランキングでも2位である「先代ミスターPWC」渡辺によって、ミスターPWCという称号をかけたエキシビジョンマッチが開催されることとなった。


このマッチにかけられた商品は、純粋に「ミスターPWC」という称号のみ。


だが、だからこそ、どちらも負けられない戦いとなるのだ。


果たして、PWC下克上は発生するのか。

続きを読む >>

Round 1 : 渡辺 雄也(神奈川) vs. 伊藤 大明(神奈川)

By Keita Mori

ここ東神奈川では189回目を迎えたPWC第四期最終戦。ほぼ満卓、109名の参加者によるスタンダード7回戦での開催となった。

R1watanabe渡辺 「二週間ぶりのスタンダードですよ」


苦笑しながらフィーチャーマッチのテーブルに着席するのは、世界が注目するスタンダードマスター、渡辺 雄也だ。彼は昨年度の日本代表チームでもスタンダードを任され、国別対抗団体戦での全勝という大記録を残している。「世界のISO」大礒 正嗣が主将としてその代表チームを率いていたわけだが、渡辺にスタンダードを任せるという決断に一片の迷いもなかったという。このPWCというトーナメントが輩出したスタープレイヤー、それが2007シーズンのRookie of the Yearに輝いた渡辺なのだ。


しかしながら、最近の渡辺はそれまで比べるとPWCへの参加機会が少なくなってしまったという。もちろんPWCこそがホームであると言い続けている「ミスターPWC」渡辺だが、彼はその活躍のステージを世界に求めたからだ。今や渡辺 雄也は、世界中を飛び回ってトーナメントシーンで活躍し続けており、先週末もシンガポールの地へと遠征してエクステンデッドで死闘を繰り広げていたのだ。



続きを読む >>

Round 2:睛 功司(東京) vs 夏目 拓哉(東京)

By Daisuke Kawasaki

R2takanashiさて、昨シーズンのミスターPWCに続いてフィーチャリングテーブルに登場したのは、ちょうど1年前のPWC Finalsで、トップ4の成績を残している睛 功司(東京)である。


準決勝でミスターに敗れはしたものの、筆者視点では高梨はPWCで常に高い成績を残しているような印象が強い。ちょうど筆者が以前に取材させていただいたPWC159thで優勝したのが高梨だったからかもしれない。


さて、その時優勝した高梨が使用していたのは青黒《その場しのぎの人形/Makeshift Mannequin》フェアリーであった。また、昨年のPWC Finalsの時には黒緑エルフを使用していた。


そんな高梨が、ここ2ヶ月ほど愛用しているというのが、なんと青白の《聖なる日/Holy Day》などの《濃霧/Fog》系呪文を中心としたデック、いわゆるターボフォグだというではないか。


高梨 「メタデッキには全部勝てるんだけど、相手はメタ外なんですよねぇ…自分的には」


その、高梨の相手というのが、夏目 拓哉(東京)である。あるときは、敏腕動画編集長、そしてあるときは強豪レガシープレイヤーとしてしられる夏目ではあるが、当然スタンダードもお手の物である。


そんな夏目が使用する、高梨が言うところの「メタ外」デックが、青黒フェアリーである。


いや、メタ外なの?と思われるかもしれないが、しかし、こんな感想が出てくるあたりから、コンフラックスでのいわゆる「対《苦花/Bitterblossom》包囲網」が成功している証…といえるのかもしれない。 


 

続きを読む >>

Round 3 : 中村 肇(神奈川) vs. 兼清 隆介(東京)

By Keita Mori


この第3回戦フューチャーマッチに登場する二人の人物は、ともに今シーズンのPWCに可能な限り参加し、そのプレイスキルを研ぎ澄ましてきたプレイヤーだ。もちろん、多くの人がそうであるように、彼らがここPWCに足繁く通っているのは、何よりそれが楽しいからだ。首都圏エリアにおいて屈指の規模と人気を誇る大会、PWCには、人を惹きつける何かがある。


中村と兼清は、このPWCという大会の常連メンバーであり、そのコミュニティ内でも一目おかれるプレイヤーである。PWCの場合、いつもの大会で遊んでいるということが、いつしか競技シーンのトップでも通用するだけの研鑽をかさねたということとイコールになる。第1ラウンドで取り上げた渡辺 雄也のように、PWCの顔役立った若者が、いつしか日本を代表する構築屋として世界から認められるまでに成長を果たしたという実例もある。

続きを読む >>

Round 4:本田 隆太(神奈川) vs 相澤 恵司(東京)

By Daisuke Kawasaki

さて、ここまでの観戦記事で現在のPWCポイントランキングの1位(中村)・2位(渡辺)、および4位(兼清)が紹介されてきた。じゃあ、抜けている3位は?


ご存じ、ないのですか?

R4aizawa

彼こそが、渡辺 雄也ファイナルス準優勝・GP京都優勝のデックビルダーとしてチャンスをつかみ、スターの座を駆け上がっている超「スタンダードの貴族」アッカちゃん、こと相澤 恵司(東京)です!


最近でこそ一時期ほど名前を聞くことは少なくなったが、2006年前後のマジックシーンに相澤の名前はたしかにあり、近年のいわゆる「関東若手草の根組」の大躍進の屋台骨を支える一人であることは間違いないだろう。


少なくとも、年間成績から算出されるPWCポイントレースで3位という実績がそれを証明している。だからこそ、相澤は貴族なのだ。


しかし、それをいうのならば、この会場にいるほとんどのプレイヤーがそうだということができるだろう。そして、ここで紹介されたプレイヤーたちが、未来のトーナメントシーンを賑わすのも間違いないだろう。


このラウンドで相澤と対する本田 隆太(神奈川)もその一人である。


普段は、新宿PWCを中心に継続的に参加している本田。


まったく筆者の個人的な記憶からの話で申し訳ないのだが、ラウンド2で紹介した高梨が優勝したPWC159thでの決勝の相手が本田であった。


その時、本田が使用していたデックは青白ヒバリであった。


そして、今日、本田が使用しているデックも、色の組み合わせは違えども、やはりヒバリデックなのである。ひとつのデックを使い続けるということのなんと尊いことだろう。


しかし、ひとつのデックを使い続けるでいえば、相澤も負けていない。


相澤のデックは、もはや貴族の伝統芸ともいえる緑黒エルフである。 

続きを読む >>

Round 5:山川 洋明(東京) vs 岡内 佑太(神奈川)

By Daisuke Kawasaki

関東草の根マジック界の実力が、特にスタンダードにおける実力が世に知られはじめたのは、デックリストからだった。2005年世界選手権において、森 勝洋を世界王者へと導いた白緑コントロール「ガジーの輝き」デック。

このデックが、関東草の根で作り上げられたデックであるというのは歴史の授業をはじめるまでもなく、よく知られた事実であろう。

そして、関東草の根スタンダードの名声を不動のものとしたもうひとつデックについてもきっと解説の必要はないだろう。


今や完全復活を遂げたアメリカ新世代の旗手のひとりであるPaul Cheon(アメリカ)。彼の偉大なる功績の第一歩であるアメリカ王者という戦績。その時、彼の傍らにあったデックが、ソーラーフレア、日本名「太陽拳」というデックである。


Paul Cheonの元に太陽拳が渡ったいきさつについてはここでは省略させていただくが、この太陽拳も、間違いなく日本発の、関東草の根発のデックだったのだ。


多くの発生経緯が存在する太陽拳というデックであるが、その原型のひとつが、「ヤマコン」と呼ばれる多色コントロールデックにあった、という点に異論は無いだろう。

R5yamakawa
八十岡 翔太がつくれば、ヤソコン、といったあたりからも想像がつくだろうと思うのだが、このヤマコンというデックブランドこそが、いま、この席に座る山川 洋明(東京)の作成したデックに与えられるブランド名なのだ。


もちろん、今回の山川の使用するデックも「ヤマコン」としかいいようのないデックに仕上がっているということで、期待に胸が高鳴る。


山川 「コン、ってわけじゃないですけどね…今回のヤマコンは。デッキ登録用紙にはびゅーてぃーぐりくしすって書きましたけど」


そんな「びゅーてぃーぐりくしす」と対戦するのが岡内 佑太(神奈川)である。

続きを読む >>

Round 6 : 有留 知広(神奈川) vs. 今井 亮太(東京)

By Keita Mori


有留
 「二人ともヤソコンです」


今井
 「お互いほとんど一緒です」


Player of the Yearにも輝いた八十岡 翔太というデッキビルダーの持つ影響力、発言力は小さくない。発言内容の方はさておくとしても、彼が作った数々のコントロールデッキ、通称「ヤソコン」は関東のローカルシーンにおいてはある種の神話となっていると言っても過言ではない。そんな八十岡も、ここPWCで頭角を現し、世界へと羽ばたいていったプレイヤーの一人なのだ。

R6aridome

続きを読む >>

Round 7:伊藤 大明(神奈川) vs 山川 洋明(東京)

By Daisuke Kawasaki


先月末におこなわれたプロツアー・京都。


その決勝戦が、アメリカのLuis Scott-VargasとフランスのGabriel Nassifという、現在の頂上決定戦とも言えるマッチアップであり、そして、そこで勝利したNassifが現役最強としての地位を確立したことは記憶に新しい。


しかし、あまりにもプレイヤーがスーパープレイヤーすぎたため、そこで使用されたアーキタイプの話はおざなりになりがちである。


LSVが持ち込んだのは、当時、少なくとも日本では「死んだアーキタイプ」として見られていた白黒トークンである。


単体除去の増加による《運命の大立者/Figure of Destiny》の優位性の消滅=赤白GAPPOの優位性が揺らいでいたことと、コンフラックスでの《苦花/Bitterblossom》対策に対するひとつの答えである、《栄光の頌歌/Glorious Anthem》というふたつのキーによって、メタゲームのソリューションとなったのが、白黒トークンだったのだ。


そして、その後、白黒トークンは、爆発的…とまでいかなくとも、少なくともメタ上でムシのできない存在となった。

R7itou

そう、本日唯一の全勝として伊藤 大明(神奈川)が選択するデックになるぐらいには。

続きを読む >>