<< 常連さんインタビュー! | main | PWC Championship2012 Coverage >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


決勝:遠藤 亮太(埼玉) vs. 鈴木 明由(東京)

決勝:遠藤 亮太(埼玉) vs. 鈴木 明由(東京)

By Tomohiro Kaji

積まれた賞品のボックス、優勝へと送られるトロフィー、そしてこのトーナメントの決勝へと望むプレイヤーを囲む観戦者というプレッシャー。
予選7ラウンドに加え、決勝のプレーオフの3回戦目となれば披露も一入なはずだ。だが、これから始まる試合の前に握手の写真を求められると、笑顔で答える二人。



だがこの笑顔とは裏腹に、なんとこの二人は賞品をWinner takes ALL(勝者総取り)する取り決めをしていた。

Game 1

先行鈴木の《思案/Ponder(LRW)》に胸を撫で下ろす遠藤。
1ターン目に《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》がキャストされてしまうことで受けるであろうダメージは計り知れないが、スタートが遅いならば話は別だ。
遠藤が《極楽鳥/Birds of Paradise(M12)》と、幸先の良いスタートを切るが、鈴木は2枚目の《思案/Ponder(LRW)》から《蒸気の絡みつき/Vapor Snag(NPH)》を《極楽鳥/Birds of Paradise(M12)》へと唱える。
クロックが用意できない鈴木は、どうしてもテンポを失わせないためにカードを使わざるおえない。



この隙を見逃すわけにはいかない遠藤は、《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》で速攻のダメージを与えることを選択すると、
なんとか鈴木も《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》で大きなクロックを設置した。

3マナで6点という脅威のクロックを持つ《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》とダメージレースを挑んだとしても、
青お得意の《蒸気の絡みつき/Vapor Snag(NPH)》や《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》で鈴木に逆転を許してしまうことになりかねない。
そこで遠藤は《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》を追加するも、盤面を固める以外の選択肢を選ぶのは難しい。

お互いに殴れない故、《思考掃き/Thought Scour(DKA)》でカードを引くのみでターンを終える鈴木。
カウンターを構えながら《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》でトークンを生み出す体制さえ整えば、地上が固まっていようとダメージは入れられるからだ。
そんなこと遠藤も百も承知で、ライフを払いながら《出産の殻/Birthing Pod(NPH)》を唱えれて《マナ漏出/Mana Leak》を引き出し、《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》のマナを残させない。

再度鈴木は《思考掃き/Thought Scour(DKA)》でライブラリーを削り、《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》のリソースを蓄積していく中、遠藤は今一度《出産の殻/Birthing Pod(NPH)》を唱えると、
対応して《はらわた撃ち/Gut Shot(NPH)》で《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》の本体は処理できたが、鈴木はこれを打ち消すことが出来なかった!
いざ《出産の殻/Birthing Pod(NPH)》システムが起動し始めれば、リソースの差は一気に広がってしまう。
《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》を生贄に、不死を誘発しつつの《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》を探しだすと、先制攻撃を持った3/3のゴーレムで攻撃の姿勢を整える遠藤。

ここで初めて鈴木は《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》からスピリット・トークンを生み出すが、これではクロックはたったの1点。
ゲームのバランスは一気に崩壊し、俄然遠藤が優位になった。

《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》の一撃さえケアしておけば、あとは《出産の殻/Birthing Pod(NPH)》のアドバンテージで盤面は掌握できる。
そう考えたのか、遠藤は《出産の殻/Birthing Pod(NPH)》で《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》を探しターンを終えると、
変身を止めるために鈴木は《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》から《思考掃き/Thought Scour(DKA)》をフラッシュバックし、《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》のために墓地を肥やす。
行動を強制される鈴木に残された手札は3枚と、《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》が凶暴化するのは時間の問題だ。
睨み合っていた《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》を攻撃に送り、相打ち後に改めて《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》を唱えてお茶を濁すが、もうこれでは鈴木は戦線を維持できない。
遠藤は《出産の殻/Birthing Pod(NPH)》で《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》を生贄に捧げつつ、《霊誉の僧兵/Geist-Honored Monk(ISD)》とスピリット・トークンを産み出してターンを返したところで、
リソースの差が大きく開きすぎた二人の第一ゲームが終了した。

遠藤 1-0 鈴木

Game 2




またも1ターン目の《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》が叶わず、鈴木の《氷河の城砦/Glacial Fortress(M12)》から始まる第二ゲーム。
《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》から始める遠藤に、《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe(NPH)》しつつ《はらわた撃ち/Gut Shot(NPH)》でマナクリーチャーを破壊、
1ターン遅れての《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》をキャストする。
そしてさらに、《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe(NPH)》で確認していた《出産の殻/Birthing Pod(NPH)》の出だしを遅らせるため、
《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》経由でさらに後続の《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》も《はらわた撃ち/Gut Shot(NPH)》で破壊しする鈴木。
この隙に1点でもダメージを稼いでおきたい鈴木だが、遠藤も焦らず、攻撃の手を少しでも遅らせるために、《刃の接合者/Blade Splicer(NPH)》で2体のブロッカーを用意した。

《地下牢の霊/Dungeon Geists(DKA)》で3/3のゴーレム・トークンをタップし、道をこじ開けようと苦心する鈴木だが、
遠藤は3枚目の《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》、《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》で《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》を受け止める体制を作る。

戦場さえ固めれば、あとは《出産の殻/Birthing Pod(NPH)》がなんとかしてくれる。
そう考える余裕がある遠藤に、勝ち切らないといけない鈴木は焦る。

《幻影の像/Phantasmal Image(M12)》を《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》コピーでチャンプアタックに使い、不死で帰ってきた《幻影の像/Phantasmal Image(M12)》を+1/+1カウンターを得たゴーレムとして蘇らせるものの、遠藤の唱えた《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》に、動いたほうが損をする盤面が出来上がってしまう。
手を止めては勝てない鈴木、《神への捧げ物/Divine Offering(MBS)》でゴーレム・トークンを破壊し、4/4の《幻影の像/Phantasmal Image(M12)》の道を抉じ開けるが、《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》のチャンプブロックでライフを減らすまでには至らない。
延命を続けられると、先のゲーム同様に、《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》が変身するのも時間の問題になってしまう。
しかも、今一番の攻め手が《幻影の像/Phantasmal Image(M12)》でコピーしたゴーレムでは、変身時の誘発能力で対象を選んだ時点で壊されてしまう。

だが、ここまで勝ち進んできた鈴木は、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》と《幻影の像/Phantasmal Image(M12)》でコピーしたゴーレムをうまく使い、戦況よりもライフを優先して守る遠藤からカードアドバンテージを少しづつ奪い始める。
そこから相打ちに継ぐ相打ちに戦場は一層され、《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》を変身されながらも気づけば鈴木有利の盤面となったのだが、遠藤の《悪鬼の狩人/Fiend Hunter(ISD)》を《マナ漏出/Mana Leak》、《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》を《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》で対応するも、2回の呪文で遠藤は《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》を再変身させ、2/2トークンとライフを回復させる。

もう互いにリソースを限界まで使い果たしていながらも、さらに《地下牢の霊/Dungeon Geists(DKA)》を使って仕掛けた鈴木の総攻撃に、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》らと相うつため、《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》と狼すべて消費する遠藤、これで残されたライフは5点。
そして鈴木は最後の手札である《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》を唱え、2つの《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》とそのコストを残してターンを終えた。

飛行クリーチャーたちの猛攻に空気と化していた《霊誉の僧兵/Geist-Honored Monk(ISD)》を使い、《出産の殻/Birthing Pod(NPH)》から《業火のタイタン/Inferno Titan(M12)》を探しだす遠藤だが、
3/3の《地下牢の霊/Dungeon Geists(DKA)》へ3点のダメージを与えることしかできず、勝負はさきほどキャストされたばかりの《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》が変身できるかどうか、というところまでもつれこんだ。

めくれろ!、そう鈴木は念じたに違いない。

だが、静かにライブラリーのトップを見た鈴木は、そのままカードを引き、ターンを終える。
最後の運をモノにした遠藤は、《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph(NPH)》で《業火のタイタン/Inferno Titan(M12)》をコピーし、そのまま勝者総取りのマッチをもぎ取った!

遠藤 2-0 鈴木

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 23:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links