<< Round 3:相澤 恵司(茨城) vs. 中道 大輔(東京) | main | Round 4: 内藤 圭佑(神奈川) vs. 砂田 翔吾(千葉) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round3:永井 守 vs 海老江 邦敬

永井はまだ記憶に新しいプロツアー闇の隆盛でTOP4入りを果たし、そして去年のグランプリ名古屋でもベスト4をしている。まさしくノリまくっているプレイヤーであり、そしてそのプロツアー闇の隆盛のインタビューでは過去の実績で「PWC優勝!」と答えている程のPWC通なのだ。
海老江はプロツアーサンデー(※)といった大舞台への躍進こそまだ無いものの、PWCではしばしば上位どころか優勝に名前を連ねる。特に3人チーム戦において優勝請負人と言われるほど海老江を中心としたチームが優勝をかっさらい、2011年度のPWCでは実に3度の優勝へとチームメイトを導いている。ちなみに先日のGP横浜で200名を超える参加者で行われた双頭巨人戦でも優勝している。本当にチーム戦に強い。
あと、PWCのイベント終了後に開催されたビンゴ大会で「カードキャプターさくら全巻セット+その感想文を書いて来たら次回無料」という当たりなのかハズレなのか怪しいアイテムを受け取って、それはそれは見事な感想文を書いて来たのが印象的だった(主催者談)。
(※)プロツアー3日目のことで、TOP8進出のことを指す



「Game1」
ジャンドビートの永井は先攻を取るもタップインランド、2ターン目に《ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler(RTR)》という苦しい展開。
対して海老江は《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》→《遥か見/Farseek(M13)》+《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》2体目という高速のマナブーストを成功させ、早々に《スラーグ牙/Thragtusk(M13)》を着地させる。
永井は1ターン土地が止まり、やっと引いた土地もタップインランド。ゲームに参加できない。
そして海老江は悠々と《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》を召喚し、全クリーチャーを横に倒したところで永井は黙ってカードを片付けた。

永井 0-1 海老江


「Game2」
永井の先攻、さらに海老江はワンマリガンからゲームがスタート。
永井は3ターン目に《屑肉の刻み獣/Dreg Mangler(RTR)》という早くはない展開だが、海老江の《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》を除去しながら、《ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler(RTR)》を戦線に追加して確実にライフを減らしにかかる。
海老江は《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》を召喚して狼トークンとのダブルブロック体制を作るも、湧血によるパンプアップで全滅する可能性を苦慮して、3/3の《屑肉の刻み獣/Dreg Mangler(RTR)》ではなく《ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler(RTR)》と狼トークンの交換を行う。
永井は《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat(DKA)》を送り込み海老江のライフは9へ。
しかし、海老江は達人の変身で貴種への2点ダメージを迫り、永井は一瞬迷いながらも刻み獣を生贄とするが、そこに海老江から《悲劇的な過ち/Tragic Slip(DKA)》がプレイされて、貴種と刻み獣が共に墓地へ。
ここで長引かせては不利になる永井は、前のターンに召喚した《屑肉の刻み獣/Dreg Mangler(RTR)》に墓地の刻み獣をリムーブしての活用で8/8へ!一気に勝負を決めにかかるが、海老江は落ち着いて《突然の衰微/Abrupt Decay(RTR)》をプレイ。
先ほどから1対2交換を成功させている海老江には2体の《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》が残っており、共に4/4の狼となって相手の喉元へ食らい付くのであった。

永井 0-2 海老江


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 12:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック