<< Round1:吉住友宏 vs 遠藤亮太 | main | Round 3:相澤 恵司(茨城) vs. 中道 大輔(東京) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round2:松本 悠希 vs 兼清 隆介

兼清 隆介=PWC皆勤賞。
文字面だけを見ると小学校でクラスに1人2人はいたぐらいのレアリティだが、それがPWCとなるとそうはいかない。ほぼ毎週末に開催されているPWCを過去3年間全て欠かさず参加しているプレイヤーは彼を除いて他にいないのだ。
なお、彼はPWCの優勝経験もあるわけで、参加しているだけの人でないことは皆が知っているところだろう。


松本は何度かプロツアーへの参加経験があり、PWCでもご多分に漏れず上位に名前を残すプレイヤーである。奇抜なデッキを好み、俗に言う「わからん殺し」を使うが、さてはて今回のデッキはいかがだろう。
「Game1」
兼清が先攻ワンマリガンからのスタートだが、《遥か見/Farseek(M13)》→《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》と綺麗な立ち上がり。対して松本は《未練ある魂/Lingering Souls(DKA)》でトークンを並べる落ち着いた展開。チャンプブロックを繰り返しながらの松本側に有利な展開になるかと一瞬思えたが、兼清が置いた土地がマナが出るだけではない《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run(ISD)》。2/2の狼トークンが松本のスピリットトークンを踏み潰しながらライフを削る。
一旦は松本が《至高の評決/Supreme Verdict(RTR)》で盤面をリセットするも、次の兼清の手は《スラーグ牙/Thragtusk(M13)》《スラーグ牙/Thragtusk(M13)》、トドメの《士気溢れる徴集兵/Zealous Conscripts(AVR)》だった。

兼清 1-0 松本


「Game2」
松本の反撃。先ほどの兼清の動きを習うように3ターン目に《遥か見/Farseek(M13)》、そして《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council(GTC)》。緑のスペルから飛び出した白白黒黒のカード。少し信じがたいがこれは事実だ。
ラブニカへの回帰でスタンダードに戻って来た各種ギルドランドがこれを可能にしている。
兼清はどうにかして単体除去をプレイするが、続く《大軍のワーム/Armada Wurm(RTR)》が兼清のライフを圧殺。

兼清 1-1 松本


「Game3」
兼清はマナブーストから魔除けを挟みつつ綺麗に《スラーグ牙/Thragtusk(M13)》へ。
松本は除去とブロックでの相打ちを重ねて盤面を綺麗にしていく。
お互いに自分の持ち札を出し、それらがシーソーのように均衡を毎ターン移ろわせながらゲームが進み、そしてその均衡を破ったのは松本の《ボーラスの信奉者/Disciple of Bolas(M13)》だった。
基本的に互いの持ち札をぶつけ合う展開で、この5枚の手札は松本に圧倒的なアドバンテージをもたらす。そして、迫り来る松本の大怪獣軍団を兼清はブロックしきれず、自らの体で受け止めてしまう他なかった。

兼清 1-2 松本


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 11:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック