<< Round3:永井 守 vs 海老江 邦敬 | main | Round4:和田 寛也 vs 松尾嘉之 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 4: 内藤 圭佑(神奈川) vs. 砂田 翔吾(千葉)

By Daisuke Kawasaki



 Round 4のフィーチャーマッチは、かつてPWC四天王と呼ばれた内藤と、今は千葉に住む元古淵カメクラ常連の砂田によるマッチをお届けしよう。

 試合開始前に、砂田が内藤に、というわけではないが、ぼそっとつぶやく。

砂田 「たぶん、トリコフラッシュだろうから、つらいんだよなぁ……」

 すると、これに内藤が返す。

内藤 「まぁ、これは独り言ですけど、僕トリコフラッシュ嫌いなんで」

 というわけで、トリコフラッシュ嫌いな内藤がどのようなデッキを使っているかも併せて注目していこう。

Game 1


 互いにマリガンは無く、初動は後手の砂田が召喚した《実験体/Experiment One(GTC)》。対して、内藤が2ターン目にプレイしたのは……《順風/Favorable Winds》!?

砂田 「そういうデッキか!」

内藤 「オリジナルの変なデッキです」

 砂田は2ターン目に《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》をプレイするが、発生したマナを使うことができない。続くターンに3マナをオープンにした内藤に、少考の末、仕方ないかという雰囲気でアタックする砂田。これに対して、《深夜の出没/Midnight Haunting》で2/2トークンを2体だし、相打ちをとる。

 だが、フルタップした内藤の前に登場したのは《ドムリ・ラーデ/Domri Rade》。この+1能力が次々と砂田にクリーチャーを与える。砂田は2体の《実験体》に《円環の賢者/Gyre Sage(GTC)》と進化クリーチャーを並べた上で、《炎樹族の使者》《絡み根の霊》と順調にクロックを増やしていく。

 2枚目の《順風》を張りつつ、《スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelation》で手札とライフを回復させる内藤ではあったが、《ドムリ・ラーデ》の+1能力をヒットさせ続ける砂田の前に、対応手段をもたないのだった。

砂田 1-0 内藤

Game 2


 後手砂田が2ターン目に召喚した《円環の賢者》を内藤が《ディミーアの魔除け/Dimir Charm》で排除するスタート。しかし、続くターンに砂田は《炎樹族の使者》から速攻付きの《火打ち蹄の猪》を召喚とプレッシャーをかけ続ける。

 対する内藤は砂田の3ターン目のエンドに《深夜の出没》をプレイすると、《順風》をプレイし、なんとか防御態勢を固める……のだが、ここで砂田は《グルールの魔除け/Gruul Charm》を、飛行に3点与えるモードで使用し、内藤のクリーチャーを一掃する。

 《絡み根の霊》を召喚されてしまい、一挙に7点のダメージを受ける内藤。必死にドローを繰り返し、回答を探す。そして、召喚したクリーチャーが《天使の散兵/Angelic Skirmisher》!「とりあえず出すけど生き残らないかなー」と内藤はつぶやくが、これがなんと生き残ってしまう。

 《大天使の霊堂/Vault of the Archangel》で絆魂を得た《天使の散兵》が《順風》で強化され、警戒でアタックされ続けてしまうと、一時は追い詰めた内藤のライフが、だんだんと手の届かない値となってしまう。そして砂田のアタックは先制攻撃が押さえつける。

 結局、砂田曰く「警戒のついた《悪斬の天使/Baneslayer Angel》」によって、盤面は完全に制圧されてしまったのだった。

砂田 1-1 内藤


Game 3


 先手の砂田が2ターン目に《絡み根の霊》を走らせる。対する内藤も《無形の美徳/Intangible Virtue》をプレイして準備万端だ。

 3ターン目こそ、クロックを追加できなかった砂田だが、続くターンには《ゴーア族の暴行者》をプレイし、場のクロックを一気に3倍とする。だが、内藤は砂田のターンエンドに《深夜の出没》をプレイし、トークンを2体生み出すと、《ディミーアの魔除け》と《肉貪り/Devour Flesh》の合わせ技で、砂田の盤面を+1/+1カウンターの乗った《絡み根の霊》のみとし、これをトークンで相打つ。

 すっかり盤面をさばききったかに見える内藤だが、ここで砂田は《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter》をプレイ。こいつが3/3トークンを生み出しはじめる。2枚目の《無形の美徳》をプレイして、飛行トークンを3/3にすると《原初の狩人、ガラク》の忠誠カウンターを減らそうとする。しかし、砂田の引き当てた《ドムリ・ラーデ》の-2能力がビーストトークンに格闘を行わせ、飛行トークンを排除する。

 《ターランドの発動/Talrand's Invocation》によって、多少の時間を稼いだ内藤だったが、《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》がトークンによるブロックを、本当に時間稼ぎにしかしてくれなかったため、程なくして内藤のライフはゼロとなった。

砂田 2-1 内藤

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 13:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック