<< Round4:和田 寛也 vs 松尾嘉之 | main | Round 6: 遠藤 亮太(埼玉) vs. 鈴木 明由(東京) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 5: 大谷 優也(東京) vs. 中村 さら(神奈川)

By Daisuke Kawasaki
 折り返し地点を迎えたPWCC2013。このラウンドでは、第9期ミスターPWCとなった大谷 優也の対戦をお届けしよう。

 そもそも、ミスターPWCという名前は、現在のように年間PWCポイントレースの最優秀者に与えられる者では無く、PWCで鬼のように勝ちまくった渡辺 雄也のことを指して誰とも無く呼び始めた名前だった。そして、そのうちに(結局初代は渡辺のままなのだが)PWCポイントレースの最優秀者へと与えられる称号となっていった。

 初代である渡辺の現在のトーナメントシーンでの活躍を鑑みるに、この称号には、実際にとったポイント以上の価値があるといっていいだろう。

大谷 「いやぁ、フィーチャーとか呼ばれなれてないんで、緊張します」

 と語る大谷。対するは、2代目ミスターPWCこと中村 肇のガチな嫁、中村 さら。

 互いにビートダウンを使用する、熱い戦いに期待したい。


Game 1


 後手の大谷がマリガン。

 中村は2ターン目に《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary》から《稲妻のやっかいもの/Lightning Mauler》を呼び出し、結婚ならぬ結魂によっていきなり4点のダメージ。これに対して大谷は《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar》をプレイして、攻撃をとどめる。

 対して、中村は《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》を送り出し、盤面はいったん膠着状態に。大谷は《絡み根の霊/Strangleroot Geist》をプレイしてターンを返す。

 この《絡み根の霊》を《火柱/Pillar of Flame》で除去すると、中村は3体のクリーチャーでアタック。大谷は《火打ち蹄の猪》で《稲妻のやっかいもの》をブロックするが、湧血で《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》が使用され、一方的に盤面で損をしてしまう。

 結局、この不利を覆すカードを大谷は手に入れることができなかった。

中村 1-0 大谷

Game 2


 順調な展開で悠々とビートダウンをしたGame 1と違い、ダブルマリガンでスタートする中村。一方で、先手をとった大谷は、1ターン目から《実験体/Experiment One》と順調に見えるスタートを切る。

 だが、2ターン目にこの《実験体》を進化させるカードがない。中村は《火打ち蹄の猪》をプレイするが、大谷は残っていたマナで《突然の衰微/Abrupt Decay》をプレイして、これを除去。《屑肉の刻み獣/Dreg Mangler》をプレイして、5点のダメージを中村に与える。

 中村は2体目の《火打ち蹄の猪》をプレイし、《実験体》へのブロッカーとするが、今度は大谷が《ゴーア族の暴行者》を湧血でプレイし、中村のライフを削ったのだった。

中村 1-1 大谷

Game 3


 互いにマリガンをした上で、キープを選択し、中村が《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》をタップインさせる。対して、大谷は《森/Forest》をプレイ。そして、続くターンに中村は土地をおけない。

 無人の荒野に遠慮無く大谷が《絡み根の霊》を走らせる。返しで中村が1ターン遅れて土地をゲット、《炎樹族の使者》から《火打ち蹄の猪》と盤面に並べる。

 大谷も土地が2枚で止まり、2体目の《絡み根の霊》をプレイ。続くターンに《火柱》で《炎樹族の使者》を処理するものの、結局2体の《絡み根の霊》でのアタックができない。

 先に3枚目の土地にたどり着いたのは中村だった。盤面を決定づけ得る《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》をプレイする。土地の枚数だけでなく黒マナも確保できていない大谷は深くため息をつく。中村はさらに4枚目の土地も続けてドローし、《ゴーア族の暴行者》をプレイ。一方的な盤面が作り上げられてしまう。

 なんとか3枚目の土地を手に入れた大谷だったが、それは黒マナのでない《山/Mountain》。ギリギリ盤面を維持していた《絡み根の霊》の片割れを《火柱》で除去すると中村は3体のクリーチャーでアタック。《火打ち蹄の猪》を《絡み根の霊》でチャンプブロックすると、大谷のライフは残り10。

 ここでついに念願の黒マナが出る土地、《血の墓所/Blood Crypt》をドローした大谷は、《戦慄掘り/Dreadbore》で《ボロスの反攻者》を除去するが、時すでに遅し。返すターンに中村が《地獄乗り/Hellrider》を召喚したことで、ゲームは決定してしまったのだった。

中村 2-1 大谷

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 14:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック