<< Round 4: 内藤 圭佑(神奈川) vs. 砂田 翔吾(千葉) | main | Round 5: 大谷 優也(東京) vs. 中村 さら(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round4:和田 寛也 vs 松尾嘉之

 三回戦が経過し、いよいよ3byeを持つプレイヤーも対戦テーブルに着いたこのラウンド。

 当然ながらここでは3bye明けとなるプレイヤーの戦い…ではなく、一敗のテーブルからフューチャーマッチをお届けしよう。

 第6期ミスターPWC、和田寛也の登場だ。PWCを含め、勢力的に関東の大会に参加し続けている和田は、先月に行われたプロツアーギルド門侵犯にも参加していた、今最もホットなプレイヤーの一人である。

プロツアーのフォーマットがスタンダードであった事から使用デッキの完成度には自信がらあるのかと思いきや、今回はプロツアーで使用したナヤヒューマンではないらしい。プロツアーのために調整していたデッキをあっさりと手放すとは、今シャッフルしているデッキは一体どんなものなのだろうか。
そんな和田と対峙するのは、髑髏のネクタイが凛々しい、爽やかイケメン松尾嘉之。ただのイケメンとあなどるなかれ。PWCの常連であり、PWCポイントレース上位100位により、PWCC参加権利を獲得しているプレイヤーだ。もちろん和田と松尾は顔馴染みで、爽やかな笑顔を見せながらシャッフルを行っている。



 顔馴染みの松尾と和田は談笑しながらシャッフルを続けるが、初手を見るやいなや、顔つきが友人同士から対戦相手同士へと変化する。そう、PWCCは八回戦の後にシングルエリミネーションが存在する。現在彼らがいる場所は、負けることのできない崖っぷちの一敗ラインなのだ。

 トップ8に残るためにはここで勝たなければならない。生き残りを賭けた戦いが、今始まる。


「Game1」

 先手をとったものの、土地が一枚しかない手札をすぐに和田はデッキへと戻し、シャッフルを始め、松尾もそれに付き合う事となった。新たな六枚にはお互い満足し、和田が《寺院の庭/Temple Garden(RAV)》のをタップインでセットし、ゲームが幕を開けた。

 《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove(M12)》を開幕ターンにセットした松尾は、二ターン遅れの《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim(ISD)》をプレイすると、二枚目の陽花弁の木立ちを置く。一方の和田は寺院の庭、そして《踏み鳴らされる地/Stomping Ground(GTC)》とタップインを続け、《神無き祭殿/Godless Shrine(GTC)》を初めてアンタップインする。

 三マナオープンの和田に対して松尾はアヴァシンの巡礼者をレッドゾーンに送り込み、遥か見をキャストしたのち、二枚目のアヴァシンの巡礼者をプレイ。僅か三ターン目にして場に六マナが並ぶ、驚異的な回りである。

 とは言っても場に並ぶはマナクリーチャーのみのため、和田は落ち着いて《繁殖池/Breeding Pool(GTC)》を、一瞬アンタップインするような仕草をしたのちに、タップ状態で置く事に。

 松尾はアヴァシンの巡礼者をタップし…マナではなく、ダメージを与えることを選ぶ。そして土地を置いて《スラーグ牙/Thragtusk(M13)》をキャスト。一気に場の殺気が高まる。

 ここで和田はようやく最初のスペルとなる、《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M13)》を戦場に出し、3/3トークンを生成する。が、松尾は《ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars(RTR)》でトークンを除去しつつ、ガラクを場から退け、プレインズウォーカーのお返しとばかりに《ドムリ・ラーデ/Domri Rade(GTC)》をプレイ。+能力を使用し、ライブラリートップを見て、そのまま戻す。

 ここで土地を引ければ《終末/Terminus(AVR)》が打てる和田だったが、ドローは少し惜しい《遥か見/Farseek(M13)》。仕方なくこれをキャストして場に六マナを用意するものの、ドムリ・ラーデが松尾に献上したのは、《戦導者オレリア/Aurelia, the Warleader(GTC)》。

 戦導者オレリアが戦場に現れるよりも早く、和田はサイドボードに手をかけたのだった。

松尾 1-0 和田



「Game2」

 なんとか一本取り返したい和田だったが、どうやらGAME1で松尾は波に乗ったようだ。

 神無き祭殿、踏み鳴らされる地とタップインを続ける和田を尻目に、果敢に二点のダメージを受けながら初ターンにアヴァシンの巡礼者を出した松尾は、二ターン目にして最速のドムリ・ラーデをプレイしたのだ。しかもドムリ・ラーデは忠実に《ボロスの反攻者/Boros Reckoner(GTC)》を松尾へと届ける。

 このグルールとボロスの二ギルドによる強力タッグに対し、和田がプレイしたのは…まさしく予想外の、《予想外の結果/Unexpected Results(GTC)》!このシミックギルドのソーサリーが和田に与えたカードは…悲しみの《遥か見/Farseek(M13)》。


 松尾はドムリ・ラーデの忠誠値を上げ、今度はクリーチャーが手札には入らなかったが、それでも手札からスラーグ牙を出し、攻め手を緩めない。生物とプレインズウォーカーによる二重の攻めに対して、和田は回答があるのだろうか。

 和田はアンタップし、六枚の土地を寝かせて、ある呪文をキャストした――そして戦場には、スラーグ牙の産み落とした3/3のビーストトークンだけが残った。


 和田がプレイしたのは、ここで満点の回答となる、《次元の浄化/Planar Cleansing(M13)》!


 これにより圧倒的に有利な場を崩されてしまった松尾だが、《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》をプレイして、攻め手を緩めない。
 

 和田は繁殖池をアンタップインしてターンを返す。これにより高原の狩りの達人の変身を許してしまうが、攻撃は《戦慄の感覚/Feeling of Dread(ISD)》で許可しない。そしてターン終了時に《スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelation(RTR)》をX=2で唱える。

 この和田の行動により、4/4の狼は高原の狩りの達人へと戻り、戦場には更にトークンが増える。そして土地をセットするのみの和田は、みたび変身する狼を、ただ見ていることしかできない。

 二回目のスフィンクスの啓示をキャストしたことによって《至高の評決/Supreme Verdict(RTR)》を和田は手に入れたが、それを唱えるターンが訪れることはなかった。

松尾 2-0 和田

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 13:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック