<< Round 5: 大谷 優也(東京) vs. 中村 さら(神奈川) | main | Round 7: 斉田 逸寛(東京) vs. 定廣 雅史(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 6: 遠藤 亮太(埼玉) vs. 鈴木 明由(東京)

By Daisuke Kawasaki

 昨年開催されたPWC Championship決勝戦

それと同じマッチアップがこの第6ラウンドで実現したので、その様子をお届けしよう。対戦するのは、昨年の優勝者である「くーぴー」こと遠藤 亮太と、準優勝である鈴木 明由。

 果たして、昨年の雪辱を鈴木は果たすことができるのか。




Game 1


 先手の鈴木はトリプルマリガン。そして、土地が1枚で止まってしまう。

 対する遠藤は、1ターン目に《東屋のエルフ/Arbor Elf》をプレイし、2ターン目には《血の墓所/Blood Crypt》をタップインという静かな立ち上がり。ここで時間を稼げている間に、土地を引きたい鈴木。

 だが、なんとか2枚目の土地を引いて呼び出した《アヴァブルックの町長/Mayor of Avabruck》は《悲劇的な過ち/Tragic Slip》で除去されてしまい、そこから遠藤は《スラーグ牙/Thragtusk》を展開し、一気にクロックを加速させる。

 続いて引き当てた《教区の勇者/Champion of the Parish》が《オリヴィア・ヴォルダーレン/Olivia Voldaren》で除去されてしまうと、鈴木は土地を片付けた。

遠藤 1-0 鈴木

Game 2


 先手の鈴木が召喚した《ボロスの精鋭/Boros Elite》を遠藤が《火柱/Pillar of Flame》で除去するという展開でゲームがスタート。

 続くターンに鈴木は《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary》から《アヴァブルックの町長》をプレイし、遠藤にさらなるプレッシャーをかける。遠藤は《戦慄掘り/Dreadbore》で《炎樹族の使者》を除去する。

 鈴木はさらに《ボロスの精鋭》と《実験体/Experiment One》を追加し、《ボロスの精鋭》の大隊能力の発動条件を満たすが、X=1の《破壊的なかがり火/Consuming Bonfire》が1枚で盤面をクリアにしてしまう。

 遠藤の召喚した《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》を《焦熱の槍/Scorching Spear》で除去した鈴木だったが、オオカミトークンがクロックを刻み続ける。結局、《教区の勇者》が《アヴァブルックの町長》によって強化されたところで《突然の衰微》を打ち込まれてしまい、鈴木には対抗する策が無くなってしまったのだった。

遠藤 2-0 鈴木


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 15:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック