<< Round 6: 遠藤 亮太(埼玉) vs. 鈴木 明由(東京) | main | Round7:中村 肇 vs 仲田 涼 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 7: 斉田 逸寛(東京) vs. 定廣 雅史(神奈川)

By Daisuke Kawasaki

 昨年の決勝戦再現を見た次のラウンドでは、一昨年のPWCC優勝者である斉田 逸寛(東京)のマッチアップをお届けしよう。

 一昨年のPWCCでは見事な《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》デッキで全勝優勝を果たした斉田。今回は、プロツアーギルド門侵犯で、Melissa DeToraを女性プレイヤー初のトップ8へと導いた、《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》入りバントコントロールである。

 果たして、赤緑の覇者は、再び栄冠を手に入れることはできるのか。


Game 1


 先手の斉田、後手の定廣とそろって《繁殖池/Breeding Pool》をセットする立ち上がり。斉田はさらに《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》をセットすると、《遥か見/Farseek》で《寺院の庭/Temple Garden》をサーチする。

 すると、定廣も《遥か見》から《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》をサーチ。バントカラーで赤マナも必要なデッキとなると……

定廣 「まぁ、同じデッキですね」

 続くターン、斉田はさらに《遥か見》を唱えた上で、《ボーラスの占い師/Augur of Bolas》で《スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelation》を手に入れるという絶好の動きを見せる。対する、定廣は4枚目の土地をセットするのみ。そして、斉田のターンエンドに《熟慮/Think Twice》をプレイしたところで、X=3の《スフィンクスの啓示》を打たれてしまう。

 これによって圧倒的なアドバンテージ差をとられてしまった定廣。さらに、《修復の天使/Restoration Angel》が《ボーラスの占い師》をブリンクしたことで、クロックが増大した上で、追加のアドバンテージを取られてしまう。

 なんとか《神聖なる評決/Divine Verdict》で盤面を一掃した定廣。だが、そこで2枚目の《スフィンクスの啓示》が今度はX=4でプレイされる。斉田が2枚連続でプレイした《ボーラスの占い師》は、どちらも残念ながら呪文をもたらさなかったが、《ケッシグの狼の地》がある以上は、それでも十分なクロックだ。

 定廣は斉田のターンエンドにX=3で《スフィンクスの啓示》をプレイ。これには《雲散霧消/Dissipate》をぶつける斉田だったが、定廣の手にも《雲散霧消/Dissipate》が。手札には2枚目の《雲散霧消》があるものの、続くターンに定廣が展開してくるだろう脅威に対しての備えとする。

 そして、思惑通り、定廣がプレイした《スラーグ牙/Thragtusk》を《雲散霧消》でカウンターする斉田。定廣は《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》を盤面に追加する。斉田の2体でのアタックを1体《ロクソドンの強打者》でキャッチする定廣だったが、これは《アゾリウスの魔除け/Azorius Charm》で対応されてしまい、さらにほぼフルタップな所に、X=6の《スフィンクスの啓示》を打ち込まれてしまう。

 定廣は《ボーラスの占い師》と《ロクソドンの強打者》を並べてターンを返す。斉田は1体の《ボーラスの占い師》でアタックし、定廣は《ロクソドンの強打者》でブロック。ここで斉田はX=4で《ケッシグの狼の地》をプレイすると、定廣に1点のダメージを与えつつ、《ロクソドンの強打者》と相打ちさせる。ターンエンドに定廣は《修復の天使》をプレイして、《ボーラスの占い師》をブリンク。

 ここでいったん斉田は《神聖なる評決》で盤面をリセットすると、《スラーグ牙/Thragtusk》をプレイ。この《スラーグ牙》を定廣はX=5の《中略/Syncopate》で対応する。

 互いに消耗仕切ったところで、斉田は《静穏の天使/Angel of Serenity》をプレイ。これがカウンターされなかったため、墓地から2枚の《ボーラスの占い師》と《修復の天使》が追放される。この3枚は、斉田のターンエンドに《スフィンクスの啓示》を打ったのちに定廣が《神聖なる評決》をプレイしたことで、斉田の手札に戻る。定廣は《スラーグ牙》をプレイしてターン終了。

 斉田はお返しに《スラーグ牙》をプレイし、さらに先ほど手札に戻ってきた《ボーラスの占い師》をプレイして、《遥か見》を手に入れ即プレイ。返すターンに定廣が《スラーグ牙》でアタックし、《ケッシグの狼の地》でトランプルダメージを斉田に与えつつ、《スラーグ牙》同士が相打って、3/3ビーストをお互い手に入れる。

 定廣は2体目の《スラーグ牙》を追加し、盤面で優位を築く。斉田は3/3ビーストでアタックすると、ビースト同士で相打ちさせた上で、X=2で《ケッシグの狼の地》を起動し、定廣のライフを削りつつ、《神聖なる評決》をプレイ。定廣に3/3ビーストを献上するかたちとなったが、自身はさらに追加の《スラーグ牙》をプレイし、優位を奪い返す。

定廣 「ライフ、37?ながびくなぁ」

斉田 「長引かせるカードしか入ってませんからね」

 そんなことを話しながら定廣がX=5で《スフィンクスの啓示》をプレイすると、定廣のライフもなんと30に。だが、続くターンに斉田が意を決したかのように《ケッシグの狼の地》をX=9で起動したため、定廣のライフは突如16まで減少する。

 定廣も斉田のターンエンドに《修復の天使》をプレイすると、《ケッシグの狼の地》を5点で起動して、斉田のライフを29とする。定廣はさらに、斉田のビーストトークンによるアタックを《アゾリウスの魔除け》で対処。斉田は《ボーラスの占い師》を盤面に追加するのだが、手札に呪文を追加できない。

 定廣は《修復の天使》でアタックした後に、《スラーグ牙》をプレイ。これに対して、《熟慮》フラッシュバックと《修復の天使》による《ボーラスの占い師》のブリンクで対処手段を探す斉田だったが、結局《スラーグ牙》は戦場に着地してしまう。

 《ケッシグの狼の地》によっておおざっぱながらもタイトなライフレースが展開される。定廣が《ボーラスの占い師》のアタックを《スラーグ牙》でブロックしたところで、斉田はX=11で《ケッシグの狼の地》を起動。対応して定廣は《修復の天使》で《スラーグ牙》をブリンクして、3/3トークンとライフを得る。

 そして、返しのターンに、2体の天使と《スラーグ牙》、そして3/3ビーストでアタック、斉田の残り26点のライフをぴったり削るX=12で《ケッシグの狼の地》を起動する。これには《アゾリウスの魔除け》を持っていた斉田。対象となった《スラーグ牙/Thragtusk》を山札に送り返す。

 斉田は《ボーラスの占い師》と《修復の天使》でアタックし、定廣は《ボーラスの占い師》を3/3でブロックする。斉田はX=12で《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》を《修復の天使》に使用するが、定廣もきっちり《アゾリウスの魔除け》を握っており、《修復の天使》は山札へと送り返されてしまう。そして、今度はX=5で斉田のライフをゼロにしにきた定廣の《修復の天使》を斉田は渾身の《アゾリウスの魔除け》で排除する。

 定廣は《スラーグ牙》と《ロクソドンの強打者》を盤面に追加。

 この時点で、残り5分。

 ほぼ、このゲームの勝者がマッチの勝者となるだろう。斉田はマナを確認して、ターンを返す。定廣は、3/3ビースト2体に《スラーグ牙》《ロクソドンの強打者》と《修復の天使》の5体でアタック。

 《ケッシグの狼の地》を起動するまでも無く斉田のライフを削りきるこのアタックに対して、斉田はX=11の《スフィンクスの啓示》をプレイ。

 そして、これに対応して定廣がプレイした《スフィンクスの啓示》がもたらした《雲散霧消》が長い長いゲームを終わらせたのだった。

定廣 1-0 斉田


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 17:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links