<< Round7:中村 肇 vs 仲田 涼 | main | 準々決勝:守屋 大輔 vs 中井川 剛 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 8: 大谷 優也(東京) vs. 趙 天宇(東京)

By Daisuke Kawasaki

 長く続いたPWCCも最終戦!

 ……なのだが、最終戦の時点で、トップ8が確定してしまっており、上位4卓がすべてIDをする事となってしまった。

 そのため、このラウンドでは、トップ16をかけた戦いとして、今季のミスターPWCである大谷と、先日のグランプリ横浜で準優勝を果たした趙のマッチアップをお届けしよう。
 この1年間最もPWCで勝った男である大谷に、2300人弱の大会で準優勝を果たした趙はどう戦うのか。

Game 1


 先手の趙は、マリガンの上で、1ターン目に《血の墓所/Blood Crypt》タップインという展開。そして2ターン目に《カルテルの貴種/Cartel Aristocrat》をプレイする。

 対して、大谷は3/3の《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar》で牽制するが、召喚された《悪名の騎士/Knight of Infamy》の賛美が安易なブロックを許さない。3点と4点の殴り合いになるが、《修復の天使/Restoration Angel》によって《火打ち蹄の猪》がブロックされてしまい、ここで《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》を湧血で使わされてしまったため、大谷のテンポが大きく崩されてしまう。

 趙は《宿命の旅人/Doomed Traveler》、そして《ファルケンラスの貴種》をプレイ。2種類の貴主がそろってしまい、クロックが増大されてしまうと、大谷に対処する方法は無かった。

趙 1-0 大谷




Game 2


 互いにマリガン無く、ショックランドをタップインさせる静かなスタート。

 まずは、先手の大谷が《東屋のエルフ/Arbor Elf》をプレイする。対して、趙は早速2ターン目に《カルテルの貴種/Cartel Aristocrat》をプレイ。お供がいないうちに大谷は《戦慄掘り/Dreadbore》で《カルテルの貴種》を除去し、さらに《火打ち蹄の猪》を追加する。

 趙は《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》を盤面に追加。これで地上が膠着したかに見えたが、大谷が《ファルケンラスの貴種》をプレイしたことで、一方的なクロックが完成する。

 だが、大谷の表情はさえない。なぜなら先ほど《戦慄掘り》を使ってしまっていたことで、趙の《ボロスの反攻者》に対抗できないのだ。

 そして、趙のフルアタックを受けて、盤面上では圧倒している大谷だがライフは13。
大谷のプラン最大の裏目である《冒涜の行動/Blasphemous Act》を趙がプレイすると、《ボロスの反攻者》はその身に受けた13点のダメージをそのまま大谷へ叩きつけたのであった。

趙 2-0 大谷


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 17:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links