<< 準々決勝:守屋 大輔 vs 中井川 剛 | main | 第373回川崎PWC WPNプレミアムトーナメント 3人チームスタンダード >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


準決勝:遠藤亮太 vs 守屋大輔

PWCCの頂点まであと二つ。トリコフラッシュとの準々決勝を辛勝の末勝ち上がった守屋の前に立ちはだかったのは、現在のディフェンディングチャンピオン、遠藤亮太である。

 
 グランプリ上海での準優勝を皮切りにプロツアー常連となった遠藤亮太だったが、むしろ近年は草の根大会の覇者という印象が強い。昨年末に行われた関東ファイナルズでの優勝がまだ記憶に新しいはずだ。

 そんな遠藤亮太のデッキはジャンドミッドレンジ。ビートダウン、コントロールどちらに対しても五分の戦いができる、いわゆる安定したデッキだ。ゲートクラッシュ参入後は高速ビートダウンが増加したために、再び日の目を浴びることとなったアーキタイプといえよう。

 守屋は先ほどの記事でも紹介したとおり、ジャンドビートダウンである。



 カラーは同じといえど攻めと受けのはっきりとしたマッチアップ。守屋の猛攻を遠藤は受け流せるのであろうか?熱戦に期待しよう。

GAME1

 三色揃った土地と《東屋のエルフ/Arbor Elf(WWK)》、《スラーグ牙/Thragtusk(M13)》、《原初の狩人、ガラク/Garruk, Primal Hunter(M12)》という七枚に少考しながらもキープを宣言した遠藤。守屋はテイクマリガン。
 遠藤は一ターン目に《東屋のエルフ/Arbor Elf(M13)》を、守屋は《森林の墓地/Woodland Cemetery(ISD)》を挟んで二ターン目に《東屋のエルフ/Arbor Elf(WWK)》を出すというスタートだが、先に四マナにたどり着いた遠藤が出したクリーチャーが、守屋の頭を悩ませることとなる。

 《オリヴィア・ヴォルダーレン/Olivia Voldaren(ISD)》である。

 この悪魔のような吸血鬼を守屋は触ることができないのだ。そして仕方なく。《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat(DKA)》をプレイして四点のダメージを与える。先手後手の差がとても顕著に出てしまった。

 遠藤は《踏み鳴らされる地/Stomping Ground(GPT)》をタップインしてこれを《東屋のエルフ/Arbor Elf(WWK)》でアンタップすると、《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat(DKA)》と《東屋のエルフ/Arbor Elf(M13)》をどちらも戦場から退ける。

 このままでは盤面を一枚だけで掌握されかねない守屋は、《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》をプレイし、速攻をつけて必死にライフを削りに行くのだが、そこに立ちはだかるのは《スラーグ牙/Thragtusk(M13)》。

 ダメージレースで先行された守屋がブロッカーとして《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite(M13)》を立てるも、七枚目の土地を遠藤が置いたことによって、《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite(M13)》はその牙を守屋自身へと向けたのだった。

遠藤 1-0 守屋


GAME2

 今度は一ターン目に《東屋のエルフ/Arbor Elf(WWK)》をキャストすることが出来た守屋だったが、遠藤は《悲劇的な過ち/Tragic Slip(DKA)》を用意していた。そして《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》を二ターン目にプレイし、三ターン目には攻撃するのみ、という守屋とは対照的に、《遥か見/Farseek(M13)》から《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》と、絶好調である。

 この《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》プレイ時に守屋が少考していたことを遠藤は見逃していなかった。

 この狼男を受けて、ならばと守屋は《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat(DKA)》で攻撃を仕掛ける。遠藤はビートダウン相手の一つのゴールとも言える五マナ目を置き、そのゴールたるゆえんとなる《スラーグ牙/Thragtusk(M13)》を手札に持ってはいるが、何もせずターンを終える。

 《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》は《高原の荒廃者/Ravager of the Fells(DKA)》へと変身し…守屋には除去はない。変身による二点のダメージは当然《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat(DKA)》に与えられ、守屋は《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》を供物として吸血鬼へと捧げる。

 そして二枚目となる《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat(DKA)》をプレイ!一気に守屋は押し切りたいところ――だったが、これに対しての遠藤の対応は完璧だった。完璧すぎた。

 まずは《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat(DKA)》の片方を《悲劇的な過ち/Tragic Slip(DKA)》し、四点だけは受ける。そして自分のターンに六マナ目をセットし、《オリヴィア・ヴォルダーレン/Olivia Voldaren(ISD)》をプレイして《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat(DKA)》を除去したのだ。

 この会心の対応に、思わず+1/+1カウンターを《オリヴィア・ヴォルダーレン/Olivia Voldaren(ISD)》に乗せかけてしまう遠藤。守屋は当然《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat(DKA)》を生贄に捧げたため、カウンターは乗らない。

 とはいっても状況は厳しい。先ほどのゲームを彷彿とさせるようなオリヴィア無双に苦悶の表情の守屋。。三枚目となる《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat(DKA)》をプレイして攻撃を試みるものの、遠藤は守屋のライフと手札の枚数を確認すると、これをスルー。

 二マナを立てていて一枚のハンドを持っている守屋だったが、《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells(DKA)》のプレイ時のリアクションにより、《頭蓋割り/Skullcrack(GTC)》であろうと読み切っていた遠藤は、《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run(ISD)》で《高原の荒廃者/Ravager of the Fells(DKA)》をフルパンプする。

 ライフが0以下になった守屋が持っていた最後の一枚は、《頭蓋割り/Skullcrack(GTC)》。


遠藤 2-0 守屋


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 18:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック