<< Round1 相澤恵司(Ichikawa Yuuki)vs三宅恭平(Team limh) | main | Round5 人見将亮(Team Blackmaster)vs細江岳(GAC ++) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round3 和田寛也(Hatten Tank Top)vs守屋大輔(GOPPM)

by Yuuya Hosokawa


 プロツアーギルド門侵犯で鮮烈なデビューを飾ったthe Aristocrat。《ボロスの反攻者/Boros Reckoner(GTC)》、《カルテルの貴種/Cartel Aristocrat(GTC)》という二種類のカードは、確かにスタンダード環境にギルド門侵犯が加わったということを、プレイヤーたちに、プロツアー優勝という形で教えてくれた。

 ギルド門侵犯で生まれたthe Aristocratは、ドラゴンの迷路によってどんな進化を遂げたのか――このフューチャーマッチでその答えが出るかもしれない。

 チーム『Hatten Tank Top』のHattenこと和田寛也。くだんのプロツアーギルド門侵犯にも出場していた、今最もホットなトーナメントプレイヤーだ。そしてそんな彼がシャッフルしているデッキはthe Aristocrat。ちなみにタンクトップは着ていない。



 一方のチーム『GOPPM』から和田と対峙することになったのは、PWCチャンピオンシップでのトップ8が記憶に新しい、守屋大輔である。使用デッキもチャンピオンシップのときから愛用しているジャンドカラーの速攻クリーチャーをふんだんに詰め込んだビートダウンだ。

 互いにビートダウンではあるが、守屋のデッキのほうがより攻撃的だ。和田がそれをいなすか、守屋が押しつぶすか。激しい熱戦に期待したい。


 GAME1


 二つのダイスで12を出した和田がすぐにキープし、同じぐらいのスピードで守屋はマリガンを決める。次に配られた6枚には満足いった様子。

 《血の墓所/Blood Crypt(RTR)》と《根縛りの岩山/Rootbound Crag(M13)》のタップインでゲームは幕を開け、戦場に現れた最初のクリーチャーは《宿命の旅人/Doomed Traveler(ISD)》となった。
 
 守屋のキャストした《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》を一度は和田はスルーするが、次のターンに《ボロスの反攻者/Boros Reckoner(GTC)》を加え、二度目の攻撃に対しては《宿命の旅人/Doomed Traveler(ISD)》で相打ちを取ることを選ぶ。

 守屋は《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》をプレイするものの、追加の土地はない。マリガンがそのまま響いてしまっている。

 が、和田はこの守屋の事故に乗じることができない。《宿命の旅人/Doomed Traveler(ISD)》が産み落とした飛行トークンで攻撃し、土地を置くのみ。そして続くターンも守屋は土地を引けずに何も行動ができず、和田も土地を置いて攻撃をするのみ。

 ようやく守屋は土地を引くも《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit(M13)》。和田の飛行トークンが3回目のアタックを終え、追加のクリーチャーとして《血の芸術家/Blood Artist(AVR)》が戦場に現れる。事故に乗じて攻めたい和田からすれば心もとない。

 タップインを挟んだにせよ手札にあるカードをやっと消化できるようになった守屋は、まず《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》と《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》で攻撃する。

これに対して3マナをたたせている和田は、まず《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》を《ボロスの反攻者/Boros Reckoner(GTC)》でブロックし、先制攻撃をつけて守屋のアクションをうかがう。《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》を持っている守屋ではあったが、和田の立たせている2マナを恐れて湧血することはせず、《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》を一方的に討ち取られることを選び、第二メインで《屑肉の刻み獣/Dreg Mangler(RTR)》をプレイした。

 そう、ここで《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》を失うことは痛くない。序盤に事故を起こしていた分、まだ溢れるほど手札はある。マナフラッド対マナスクリューは、時間が経てばマナスクリューした側が有利なのだ。守屋の声が聞こえるようである。

 だが、守屋はここから呪文を1枚も唱えることができなかった。

 和田はまず《屑肉の刻み獣/Dreg Mangler(RTR)》を《悲劇的な過ち/Tragic Slip(DKA)》で除去して無理やり道をこじ開けると、《ボロスの反攻者/Boros Reckoner(GTC)》で攻撃する。そして13を下回ったのを確認すると、《冒涜の行動/Blasphemous Act(ISD)》をキャストした。

 《ボロスの反攻者/Boros Reckoner(GTC)》に与えられた13点は、守屋へも。



 和田1-0守屋


 GAME2

 
 またもや色マナに不安のある初手を守屋は悩む。一本目の悪夢がちらついているのだろうか――守屋はしばらく考えたが、意を決してキープする。

 かくして願いは通じ、最初のドローで《森林の墓地/Woodland Cemetery(ISD)》を引いた守屋は、《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》を勢いよくレッドゾーンへと送り込む。ブロッカーとして和田が2ターン目に出した《宿命の旅人/Doomed Traveler(ISD)》を《火柱/Pillar of Flame(AVR)》で除去しながら、さらに追加で《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》を戦場へと出す。先ほどとは打って違って好調な滑り出しだ。

 ここで和田はビートダウンの天敵である《ボロスの反攻者/Boros Reckoner(GTC)》を出して減速をもくろむのだが、4枚目の土地をセットした守屋はかまわず2体の《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》で攻撃。《ボロスの反攻者/Boros Reckoner(GTC)》が片方をブロックしてくるものの、守屋は手札に《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》を持っていた。

 和田もブロッカーを並べてみるものの、続けての戦闘でも《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》を守屋が開示すると、和田にできることといえばサイドボードに手をかけることぐらいだった。


 和田1-1守屋


 GAME3
 
 
 ここで和田は痛恨のダブルマリガン。守屋はここに来てようやく乗ってきたのか、オープニングハンドを即キープする。

 《魂の洞窟/Cavern of Souls(AVR)》の指定にかなり迷いながらも《宿命の旅人/Doomed Traveler(ISD)》を出すために『人間』と宣言する和田。この1ターン目だけで既に1分ほど経過している。対照的に守屋は5秒ほどでターンを終える。《草むした墓/Overgrown Tomb(RTR)》をアンタップで出し、《東屋のエルフ/Arbor Elf(M13)》をプレイ。すぐにキープしたのもうなずけるファーストターンだ。

 《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit(M13)》をタップインするだけにとどまる和田を尻目に、守屋は《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》で攻撃すると、《火柱/Pillar of Flame(AVR)》で《宿命の旅人/Doomed Traveler(ISD)》を退ける。土地の引けない和田は今トップデッキした《カルテルの貴種/Cartel Aristocrat(GTC)》をプレイすることしかできない。

 絶好調の守屋は《屑肉の刻み獣/Dreg Mangler(RTR)》を加えて再び戦闘。そして続くターンにはダメ押し気味の《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite(M13)》。

 脅威のドラゴンに対して除去を打つことができなかった和田だったが、《血の芸術家/Blood Artist(AVR)》と《カルテルの貴種/Cartel Aristocrat(GTC)》によりなんとか延命をはかろうともくろむ――がしかし、守屋の手札にはもう1枚、《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite(M13)》が。

 守屋の攻撃を待たずに、和田はたった2枚しかセットできなかった土地を片付けて投了を宣言した。




 和田1-2守屋

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 18:35
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック