<< Round3 和田寛也(Hatten Tank Top)vs守屋大輔(GOPPM) | main | Round6 工藤耕一(Team Chagamofireball)vs大橋俊也(Ichikawa Yuuki) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round5 人見将亮(Team Blackmaster)vs細江岳(GAC ++)

by Yuuya Hosokawa

 チームスタンダードも終盤戦。現在1敗同士のチームから、ビートダウン同士のマッチをお届けしよう。

 東に座るは、関西出身のトーナメントプレイヤー、人見将亮。関西プレイヤーはビートダウンを好むという、本当かどうかよくわからない通説がマジック界にはあるが、人見の使用するデッキはグルールアグロである。

ギルド門侵犯加入後のスタンダードではビートダウンの多くは《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》を主軸に組まれることが多いためか、赤緑+一色というカラーのビートダウンが多いが、純正二色のグルールビートダウンの良さは、なんといっても色マナの安定性である。

 対するは細江岳。今日はジャンドカラーのビートダウンを使用している。ブン回れば最強のデッキと言っても過言ではないのだが、三色ゆえ事故りやすく、またギルドランドでダメージを受ける分、ビートダウン同士の対決で少し不利である。

 ほぼ同じ速度を持った二つのビートダウン。熾烈なライフレースを制すのは果たして人見か、細江か。

 GAME1

 
 《草むした墓/Overgrown Tomb(RTR)》からの《実験体/Experiment One(GTC)》という上々の立ち上がりの細江。返す刀で人見は《流城の貴族/Stromkirk Noble(ISD)》をプレイする。

 ここで細江は《流城の貴族/Stromkirk Noble(ISD)》に対して有効なブロッカーである《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman(RTR)》を戦場に追加して《実験体/Experiment One(GTC)》をひとつ成長させて攻撃する。《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》、《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》、《灼熱の槍/Searing Spear(M13)》と持っている人見はここで少考し、《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》をプレイして《灼熱の槍/Searing Spear(M13)》を《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman(RTR)》に打ち込み、《流城の貴族/Stromkirk Noble(ISD)》を2/2にすることにした。

 ここで細江は生物を追加するのではなく、将来的に脅威になりそうな《流城の貴族/Stromkirk Noble(ISD)》に《戦慄掘り/Dreadbore(RTR)》を打つ。

 そのお返しとばかりに人見は《火柱/Pillar of Flame(AVR)》で《実験体/Experiment One(GTC)》を追放すると、《ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler(RTR)》を追加して攻撃の手を緩めない。

 4枚目の土地をセットした細江は《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat(DKA)》でダメージレースを挑むが、人見は1ターン遅れて3マナ目を手に入れ、《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》に速攻をつけて一気にライフを落としに掛かる。



 こうなってしまってば細江は守るしかなく、《ファルケンラスの貴種/Falkenrath Aristocrat(DKA)》を仕方なく立たせて自分のターンを終える。

 人見が《火柱/Pillar of Flame(AVR)》を公開すると、細江には次の自分のターンがないことを悟った。


 人見1-0細江


 GAME2


 《踏み鳴らされる地/Stomping Ground(GTC)》のタップインの鏡打ちという静かな立ち上がりで始まった第二ゲームだったが、次のターンに一気に加熱した。細江が《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》で攻撃すれば、人見は《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》からの《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》で次の戦闘に備える。

 立ち止まるわけにはいかないと、《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》を《炬火の炎/Flames of the Firebrand(M13)》で除去した細江は《絡み根の霊/Strangleroot Geist(DKA)》で果敢に攻撃を続けるが、一番最悪なカードである《火柱/Pillar of Flame(AVR)》を食らってしまう。

 が、人見には土地がなく、《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》で攻撃するのみ。

 ここでの細江のドローは少し寂しい《忌むべき者のかがり火/Bonfire of the Damned(AVR)》だったが、それでもプレイしない手はないと、X=2でプレイする。

 またもや1ターン遅れながら土地を引くことができた人見は《ボロスの反攻者/Boros Reckoner(GTC)》をプレイするも、これは即座に細江が《戦慄掘り/Dreadbore(RTR)》。

 そして人見の次の生物となる《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》もすぐに除去したものの、その間に土地を引き続けていた細江は、新たに戦場に現れた《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》に対して触れることができない。



 一回、二回…見る見るうちに細江のライフは減っていく。残りライフが5になったところで《雷口のヘルカイト/Thundermaw Hellkite(M13)》をドローするも、人見の手札はあまりにも多い。

 結局《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》が戦場から消えるよりも先に、細江のライフは0を下回ってしまったのだった。


 人見2-0細江

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 20:15
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック