<< Round5 人見将亮(Team Blackmaster)vs細江岳(GAC ++) | main | Round7 Team Chagamofireball vs Hatten Tank Top >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round6 工藤耕一(Team Chagamofireball)vs大橋俊也(Ichikawa Yuuki)

by Yuuya Hosokawa

 Team Chagamofireballをご存知であろうか?

 Luis scott-vargas?Paulo vitor damo da rosa?それはChannelfireballでしょう。

 Team Chagamofireballとは立派な日本のマジックチームなのです!総帥である茶鴨こと夏目拓哉を始めとした、『大会に寝落ちするやつはクズ』というスローガンを掲げる、立派なチームです!

 ……。

 閑話休題。

 本日二回目の登場となるチームIchikawa Yuukiは現在唯一の全勝チームとなる5勝0敗、対するTeam chagamofireballは現在4勝0敗1分け。ここでチームIchikawa Yuukiが勝利すれば優勝はほぼ確定であり、一方Team chagamofireballが逆転優勝するためには絶対に負けることができない。そう、まだここから二連勝することで、ほかのチームの勝ち負け次第では優勝できる可能性があるのだ。

 まずはチームIchikawa Yuukiから大橋俊也。

 関東の草の根界の強豪として知られ、エターナルフェスティバル2012では決勝で高橋優太とに破れはしたものの準優勝と、スタンダード以外でのフォーマットでもその実力を発揮している。

 そんな強者を迎え撃つのは、Team chagamofireballの工藤耕一。

 ジャッジとしての印象を持っている方も多いかもしれないが、工藤はグランプリでの二日目の経験はもちろん、プロツアー予選を突破したこともある実力者。

 優勝のためには負けられない一戦。二人の強者が激突する。


 GAME1

 
 先手の大橋が沼を2枚並べて《血の芸術家/Blood Artist(AVR)》という立ち上がり。ゾンビ系であろうか、という予想を立てられる程度の情報しかないが、次のターンに平地をセットしたことで、デッキがあらわとなる。

 一方の工藤は二ターン目に《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》がファーストアクション。山と《根縛りの岩山/Rootbound Crag(M13)》というランドから察するに、グルールアグロであろうか。

 沼、沼、平地と立たせている大橋に対し、工藤はまず《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》で攻撃する。これは《オルゾフの魔除け/Orzhov Charm(GTC)》によって除去されてしまうが、すかさず2体目の《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》をプレイした。そう、3枚目の土地が置けなかったのだ。

 この事故の隙に場を固めたい大橋は《イニストラードの君主、ソリン/Sorin, Lord of Innistrad(DKA)》を出し、忠誠値を引き上げてトークンを出す。

 まだ土地の引けない工藤だったが、《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》を利用して《イニストラードの君主、ソリン/Sorin, Lord of Innistrad(DKA)》だけは戦場から退ける。土地が足りないために効果的にダメージを与えて行くことができない。

 が、大橋のここでのアクションは《戦墓のグール/Diregraf Ghoul(ISD)》と二枚目の《血の芸術家/Blood Artist(AVR)》と、少し淋しいもの。それでも《魂の洞窟/Cavern of Souls(AVR)》の指定は「アドバイザー」と、抜け目無いプレイである。

 オルゾフゾンビにはゾンビ以外のクリーチャーは、一般的には4種類ほどしかない。その中で《カルテルの貴種/Cartel Aristocrat(GTC)》と《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council(GTC)》がいずれもアドバイザーなのだ。

 工藤はこのターンも土地にめぐり合うことなく、それでも《流城の貴族/Stromkirk Noble(ISD)》、《ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler(RTR)》と、ドローしたクリーチャーたちを並べて行く。

 大橋のドローは土地だらけで、《オルゾフのギルド門/Orzhov Guildgate(GTC)》をタップインするのみ。それでも《血の芸術家/Blood Artist(AVR)》のおかげでライフはなかなか減らない。戦闘によって《ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler(RTR)》が《戦墓のグール/Diregraf Ghoul(ISD)》と相打ちとなり、《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》の攻撃を受けたものの、差し引きで1点のライフを得た上で、工藤のライフを4点削る。



 が、手札の強さでは工藤のほうが優っている。まずは《稲妻のやっかいもの/Lightning Mauler(AVR)》を戦場に出すと、次のターンには待望の3枚目の土地をドローする。そして《紅蓮心の狼/Pyreheart Wolf(DKA)》をプレイしたのだ。当然《稲妻のやっかいもの/Lightning Mauler(AVR)》と結魂し、フルアタックを仕掛ける。

 これによってチャンプブロックがしづらくなった大橋は窮地に陥る。結局7点のダメージを受けてライフが一気に11となってしまう。

 せめてブロッカーとして生物を引きたいところだが、ドローしたのはそんな大橋をあざ笑う《墓所這い/Gravecrawler(DKA)》。

 頼みの綱の《血の芸術家/Blood Artist(AVR)》も仕方なくダメージを抑えるためにブロックせざるを得なくなり、最後のドローでも沼を引いた大橋は、並べ続けた土地を片付けた。


 工藤1-0大橋


 GAME2


 13枚のサイドカードを投入して第二ゲームに挑む大橋だったが、二ターン目にして正念場を迎えることになる。

 工藤が《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》を2枚並べながら《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》をプレイしたのだ。

 2枚の《死の重み/Dead Weight(ISD)》によって《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》を戦場から除去したものの、工藤はこのターンにもなんと《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》から《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》を出すという好調ぶり。今回は3ターン目に3枚目の土地を置けた工藤は、《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》に速攻をつけて6点のダメージを与える。

 大橋はこのクロックに対して《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk(M13)》で迎え撃つ。火力があれば一気にライフが攻められてしまうが、どうやら工藤の手札にはないようで、《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》1体と相打ちとなる。

 何も行動を起こしてこなかった工藤に不穏な空気をおぼえながらも、大橋はここまで出すタイミングをまるで与えてもらえなかった《ゲラルフの伝書使/Geralf's Messenger(DKA)》をキャストする。

 が、この一瞬の隙が命取りとなった。

 工藤は《火打ち蹄の猪/Flinthoof Boar(M13)》と《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》で攻撃し、《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager(GTC)》を湧血で使用すると、ライフを一気に一桁へと落とす。

 そしてブロッカーとして大橋が《未練ある魂/Lingering Souls(DKA)》をプレイしたのもお構いなく、《地獄乗り/Hellrider(DKA)》を場に出し、レッドゾーンへオールイン!!

 またたくまに大橋のライフは0点になってしまった。

工藤「いやー、初手に《炎樹族の使者/Burning-Tree Emissary(GTC)》0枚だったんだけど(笑)」



 工藤2-0大橋



 ちなみに夏目は敗北してしまったものの大野が相澤を下し、これによりTeam chagamofireballは5勝0敗1分、Ichikawa Yuukiは5勝1敗となったため、優勝争いは大混戦となった!

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 00:41
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック