<< Round1 伊藤大明vs斉田逸寛 | main | Round4 中村肇vs中村篤史 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round2 中道大輔vs兼清隆介

by Yuuya Hosokawa

 第一回戦に続き、このラウンドではPWCポイントレースで3位につけている中道のゲームをお届けしよう。

 PWCポイントレース3位の中道大輔は、PWCでの活躍もさることながら、なんと今年はPTQも突破している、今ノリに乗っているプレイヤーなのだ。今日も、PTQで使用した黒単信心と同じアーキタイプで、何なく1回戦を勝利し、このテーブルについている。

 そんな中道と向かい合うのは、PWCといえばこの人、兼清隆介。PWCに彼の姿あり。最終ラウンドまで常に戦い抜く兼清の姿には、PWCへの、マジックへの愛が感じられる。


 
 絶好調の中道がミスターPWCへの山を一合登るか、はたまた兼清のマジック愛がその道を塞ぐのか――


GAME1

 
 先手を得た兼清だったが、不運にもダブルマリガンに襲われる。愛があっても土地が来ない時は来ないものだ。

 兼清は《静寂の神殿/Temple of Silence》、《草むした墓/Overgrown Tomb(RAV)》と並べ、3ターン目には《罪の収集者/Sin Collector》をプレイする。これが双方にとってのファーストアクション。中道の手札から《肉貪り/Devour Flesh》を除外する。

 そして中道は続くターンでもう1枚の《肉貪り/Devour Flesh》で《罪の収集者/Sin Collector》を処理すると、ダブルマリガンで苦しむ兼清に《冒涜の悪魔/Desecration Demon》でプレッシャーをかける。

 だが、ここで兼清がプレイした《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》が、中道を悩ませることになる。

 《冒涜の悪魔/Desecration Demon》で攻撃し、《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》で4点を与えるという、かなり良いアクションのはずなのだが、いかんせん《肉貪り/Devour Flesh》を2枚使ってしまったことにより、《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》が触れない。

 後続として《変わり谷/Mutavault》しか引けずにいる中道に対し、更に兼清は《エレボスの鞭/Whip of Erebos》を追加。徹底的に泥仕合を望む姿勢だ。《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》も追加し、気がつけばダブルマリガンを解消するほどのアドバンテージを得ていた。

 が、その間に着々と成長している悪魔が戦場にはいた。中道が4ターン目にプレイしていた《冒涜の悪魔/Desecration Demon》だ。

 気がつけば、兼清の場には《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》しかなくなっていた。そしてついに、その《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》までもが悪魔の供物となってしまう。

 そして次に悪魔の餌食となったのは、兼清自身だった。


中道1−0兼清


GAME2


 今度は満足のいく7枚をもらえた兼清の《森の女人像/Sylvan Caryatid》からゲームはスタートした。

 この《森の女人像/Sylvan Caryatid》には即《肉貪り/Devour Flesh》する中道だったが、《罪の収集者/Sin Collector》が兼清から放たれ、《肉貪り/Devour Flesh》が彼方へと消え去ってしまう。

 既に《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》に対抗できるカードを2枚も失ってしまった中道だったが、その不安は意外な形で解消された。

 兼清の土地が3枚で止まってしまったのである。

 《地下世界の人脈/Underworld Connections》で引けども引けども土地の無い兼清。《森の女人像/Sylvan Caryatid》をプレイすることで4マナ目を確保はするものの、4ターン目に出てきた《冒涜の悪魔/Desecration Demon》に殴られ、《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》でライフを一気に詰められてしまう。

 そして中道は意を決し、《変わり谷/Mutavault》を2枚クリーチャー化。《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》、《冒涜の悪魔/Desecration Demon》とともに全てレッドゾーンに送り込む。

 が、土地がないということはその分兼清の手札は充実している。

 《罪の収集者/Sin Collector》で《変わり谷/Mutavault》をブロックし、《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》は《森の女人像/Sylvan Caryatid》で止めると、《冒涜の悪魔/Desecration Demon》を《英雄の破滅/Hero's Downfall》で打ち落とす。これによってライフの損失を最小限にとどめると、返ってきたターンで《罪の収集者/Sin Collector》をプレイした。手札にある唯一のインスタント・ソーサリーである《破滅の刃/Doom Blade(M10)》をリムーブする。

 中道は《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》で兼清のライフを1まで追い詰めるのだが、この1点がどこまでも遠かった。

 まずは序盤の悩みの種だった《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》。そして続くターンには《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council》!この《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council》こそ《英雄の破滅/Hero's Downfall》を持っていたものの、そもそも《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》が止まらない。

 あれだけ追い詰めたライフを逆転されたところで、中道はゲーム3に進む意志を見せた。


中道1−1兼清


GAME3

 
 このマッチ初めての先手を得た中道は先手の利を生かすべく、先にアクションを起こす。《生命散らしのゾンビ/Lifebane Zombie》だった。



 この《生命散らしのゾンビ/Lifebane Zombie》が、兼清の愛に溢れた豪華な手札を晒しだす。《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》、《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》、《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council》、《罪の収集者/Sin Collector》と、なんと《生命散らしのゾンビ/Lifebane Zombie》で抜けるカードが4種類。この中から中道は《罪の収集者/Sin Collector》を選択する。

 そして《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》をキャストした兼清にも構わず、中道は4ターン目に《冒涜の悪魔/Desecration Demon》。

 兼清は手札の《英雄の破滅/Hero's Downfall》で《冒涜の悪魔/Desecration Demon》を除去し、これで後は土地を引けば《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》でイージーウィン…というところなのだが、中道は《思考囲い/Thoughtseize》を持っており、《ヴィズコーパの血男爵/Blood Baron of Vizkopa》は戦場を経由することなく墓地に落ちる。

 手札に残された《幽霊議員オブゼダート/Obzedat, Ghost Council》をプレイしてみる兼清だったが、もちろんここには《英雄の破滅/Hero's Downfall》が飛ぶ。

 更に《夜帷の死霊/Nightveil Specter》を追加し、押せ押せムードの中道だったが・・・

 ここで兼清がプレイしたのは、シークレットテク《無慈悲な追い立て/Merciless Eviction》!

 これにより全ての生物を失った中道だったが、自分のターンを迎えると、落ち着き払って土地をアンタップし、カードを引き、起こしたばかりの土地を全て寝かせた。


 中道がプレイしたのは《ラクドスの復活/Rakdos's Return》。


中道2−1兼清


中道Win!

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 17:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links