<< Round2 中道大輔vs兼清隆介 | main | Round5 長島誠vs鈴木明由 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round4 中村肇vs中村篤史

by Yuuya Hosokawa

 ミスターPWCとは言うまでも無く、PWCの顔である。

 初代ミスターPWCである渡辺雄也は、PWCの顔からマジックの顔となった。ミスターPWCとなった和田寛也は、PWCに参加する機会が減り、その代わりにプロツアー予選に積極的に参加してプロツアーへ行き、プロプレイヤーとの交流が広がった。

 そしてこのラウンドでフューチャーテーブルに呼ばれた歴代ミスターPWCである中村肇も、プロツアーを経験した。グランプリ新潟ではトップ8にも入賞と、中村はPWCの顔として、十分な成績を収めている。



 そして今日も、ここまで3−0と絶好調だ。

 そんな中村と対するは、こちらも中村姓を持つプロツアー経験者、中村篤史。

 全国各地のPTQを行脚してプロツアー突破を目指す、いわゆるPTQ遠征者だ。プロツアー出場回数は6回。中村に赤いデッキを使わせたら右に出る者はいない。

 始まる前から「バーンかよー!」と中村肇が愚痴をこぼす。そう、今日も中村篤史は赤いデッキ――それも極限まで攻撃的な、赤単タッチ白バーンだ。

 勝つのは赤い中村篤史か、黒い中村肇か。


GAME1


 ダイスロールで貴重な先手を得た赤い中村は、《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》をタップインし、《エルフの神秘家/Elvish Mystic》を2ターン目に《マグマの噴流/Magma Jet》で焼くという立ち上がり。占術は1枚が上で1枚が下と、そこそこのもよう。

 だが呪禁を持った《森の女人像/Sylvan Caryatid》が出てきてはしかたないと、《ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler》と《火飲みのサテュロス/Firedrinker Satyr》を並べる。

 受ける側となった黒い中村は《森の女人像/Sylvan Caryatid》の恩恵を受け、3ターン目に《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》をプレイ。これは即座に《戦導者のらせん/Warleader's Helix》を浴びせられることになる。

 次なる《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》には《戦導者のらせん/Warleader's Helix》ではなく《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》で強引に道を開き、4点のダメージを与える赤い中村。《変わり谷/Mutavault》と《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》によって《紅蓮の達人チャンドラ/Chandra, Pyromaster》は即座に場から離れたものの、黒い中村のライフは既に11。だが、黒い中村が《エルフの神秘家/Elvish Mystic》を追加したことで、地上はガッチリと止まってしまった。

 ならば、と赤い中村は《チャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix》をプレイして制空権を得る。黒い中村は《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》でトークンを生み出すと、防御に回っていた《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》、《エルフの神秘家/Elvish Mystic》と一緒に攻撃。空中と地上のノーガードのダメージレースだ。

 が、ここに来て中村は火力を引かない。《ボロスの魔除け/Boros Charm》でも《稲妻の一撃/Lightning Strike》でも良い。されども、引くのは無情にも山。

 攻め所を見極めた黒い中村が、ギリギリでダメージレースを制して見せた。


中村肇1−0中村篤史


GAME2


 後手ながら、またしてもファーストアクションは黒い中村。2ターン目としては上々の《森の女人像/Sylvan Caryatid》という立ち上がり。対して赤い中村は《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》をプレイ。

 黒い中村は、プロツアーでモダンでも活躍した《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》をキャスト。トップは残念ながら土地ではなく《ショック/Shock》で、仕方なく手札から《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》をタップイン。

 盤面はガッチリしているように見えるがそんなことはなく、赤い中村は《チャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix》を呼び出して《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》と共に攻撃を仕掛ける。どちらも中村はスルーしてこれで16となる。

 黒い中村は《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》で攻撃すると《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》を召喚。そして赤い中村が2体の生物をレッドゾーンに送ると、ノータイムでブロックを宣言する。相打ちを嫌った赤い中村は、《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》に先制攻撃をつけ、《灼熱の血/Searing Blood》で4/4を葬りながら、中村のライフを詰める。残りは11。

 1ターンぶりに土地にめぐり合った中村はすぐにセットランドし、《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》をもう1度場に出す。意地でも反抗者と1対1交換が取りたいようだ。

 赤い中村は更に《チャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix》を追加してフルアタックする。黒い中村は先と同じようなブロックを行ったのだが、狙い通りに《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》と《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》を相打ちさせることは出来なかった。赤い中村が、《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》に与えられる4点を、本体へ打つことに選んだからだ。

 ということはつまりそういうことだ。

 《ボロスの魔除け/Boros Charm》が黒い中村をこんがりと焼き尽くした。


中村肇1−1中村篤史


GAME3


 このマッチで初めての先攻を得た黒い中村だったが、初動は後手の赤い中村の《火飲みのサテュロス/Firedrinker Satyr》となる。続けて出てきた《エルフの神秘家/Elvish Mystic》を《灼熱の血/Searing Blood》して完璧に近い滑り出しを見せる。

 が、黒い中村が次にプレイしたのは《森の女人像/Sylvan Caryatid》。この焼けないマナクリーチャーに対し、赤い中村は《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》でプレッシャーをかけにいくことに。



 《森の女人像/Sylvan Caryatid》のおかげで一足先に5マナに辿り着いた中村は《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》をプレイするのだが、攻撃は自重する。《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》だろうが《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》であろうと、徹底的に《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》と1対1交換を取ろう、というのが黒い中村の考えだ。

 が、赤い中村はそれには乗らない。《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》で構わず攻撃し、今回もダメージを本体へと飛ばす。ギルドランドなどで喰らっていた黒い中村のライフはこれで9。

 赤い中村がこれでターンエンドを宣言したことによって、ようやく攻勢に出ることが出来るようになった中村は、まずは《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》で攻撃し、赤い中村のライフを14まで落とすと、《ドムリ・ラーデ/Domri Rade》をキャスト。ドラゴンと《火飲みのサテュロス/Firedrinker Satyr》に格闘を要求する。これにより赤い中村のライフは10に。更に《エルフの神秘家/Elvish Mystic》を追加してターン終了。

 そしてそのターン終了時に《ボロスの魔除け/Boros Charm》を赤い中村が打ち込む。これでライフは赤い中村が10、黒い中村が5だ。

 迎えた赤い中村のアップキープ、2枚の山に《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》という3枚の盤面の土地と、手札にある《マグマの噴流/Magma Jet》と《ボロスの魔除け/Boros Charm》に視線を落とす。その後、今度は盤面を見やる。

 自分に次のターンはあるのか?黒い中村の場にはマナクリを含めて6マナある。もしも次のターンに7マナに到達されたら、怪物化されることでライフは0になってしまう。生きて次のターンを迎えるためには、最低でも《エルフの神秘家/Elvish Mystic》は焼かなければならない。

 このターンで勝つこともできる。この《マグマの噴流/Magma Jet》をアップキープに本体に打ち、占術によって土地を探しに行けば良い。山か《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》見つかれば、《ボロスの魔除け/Boros Charm》を本体に打ち込んで勝ち。そう、土地さえ引けば。

 悩む赤い中村。祈る黒い中村。

 そして赤い中村は決断する。アップキープに《マグマの噴流/Magma Jet》を打ったのだ。そう、アップキープということは――本体に。

 メモに3と書く黒い中村。占術を始める赤い中村。今度はこちらが祈る番だ。

 1枚目、《マグマの噴流/Magma Jet》。違う。
 
 2枚目、《ボロスの反攻者/Boros Reckoner》。違う。

 どちらも下に送り、中村はドロー。

 
 そして放たれる《ボロスの魔除け/Boros Charm》。


中村肇1−2中村篤史


中村篤史Win!

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 18:40
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links