<< Round4 中村肇vs中村篤史 | main | Round6 簗瀬要vs和田寛也 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round5 長島誠vs鈴木明由

by Yuuya Hosokawa

 ミスターPWC。

 一年間で最もPWCで多くの勝利を収めた者に与えられるこの栄誉ある称号。毎年、このPWCポイントレースでポールポジションのプレイヤーを脅かしている存在がいる。

 それが鈴木明由だ。

 PWCポイントは、勝ち点がもらえればポイントが加算される。であれば、早々と2回の敗北を喫し、トップ8入賞圏外に入ったとしても、続けさえしていればポイントがもらえる。PWCポイントレースで上位に入るためには、ドロップせずに最後までゲームに参加するべきなのだ。

 だが、鈴木はいつも2敗してしまったらすぐにトーナメントをドロップしてしまう。それでも毎年、必ずポイントレースでは上位にいる。鈴木はそんなプレイヤーだ。

 そんな鈴木と同じテーブルでデッキをシャッフルしているのは長島誠。

 日本選手権でのベスト8他、グランプリでのトップ16にも入賞しており、プロツアー出場も勿論複数回ある。知る人ぞ知る古豪だ。最近ではプロツアーへの興味が薄れてしまっているようだが、「最近ずっとMOやってるよ!」と、マジック自体の熱は尽きていないようだ。

 ちなみに長島は今は来週行われるPWCCの権利が欲しいらしい。現在3−1、ここで後2つ勝ちを積み重ねれば、トップ8入賞が見えてくるのだが。


 PWCの番人たる鈴木を、長島はまず倒さなければならない。


GAME1


 先手の長島は《奔放の神殿/Temple of Abandon》、《草むした墓/Overgrown Tomb(RAV)》と並べ、沼と《静寂の神殿/Temple of Silence》という黒単信心を思わせる鈴木のデッキに協力なカードである《ドムリ・ラーデ/Domri Rade》をプレイする。
 
 鈴木は《英雄の破滅/Hero's Downfall》があるのだが最悪の状況を考えて今はキャストせず。長島が《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》をプレイし、公開されたトップの《森の女人像/Sylvan Caryatid》を《ドムリ・ラーデ/Domri Rade》の能力で手に入れたターンの終了時に、このプレインズウォーカーに《英雄の破滅/Hero's Downfall》を打ち込む。

 《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》は《肉貪り/Devour Flesh》ですぐ葬られると、長島のそこからの展開は《森の女人像/Sylvan Caryatid》、《エルフの神秘家/Elvish Mystic》とあまりにも寂しいもの。

 その間に《地下世界の人脈/Underworld Connections》をキャストした鈴木は、まだほとんど失っていないライフを自ら削り始める。

 《ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars》しか引けない長島はひたすら攻撃するのだが、《胆汁病/Bile Blight》の前にエルフはまとめて墓地送りに。

 1体目の《冒涜の悪魔/Desecration Demon》こそ、2枚の《ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars》で除去したものの、沼をタップさせるだけでカードを引ける鈴木の手からは2枚目の《冒涜の悪魔/Desecration Demon》。そして3枚目の《冒涜の悪魔/Desecration Demon》が。

 長島が並べすぎた土地を片付けるのには、十分過ぎた。


鈴木1−0長島


 先ほどはマリガンと悪いドローにすっかり屈した長島だったが、今度は《エルフの神秘家/Elvish Mystic》から《森の女人像/Sylvan Caryatid》と上々の展開。だがそこに鈴木が《思考囲い/Thoughtseize》を突き刺す。

 晒された手札は2枚の《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》に《荒野の収穫者/Reaper of the Wilds》というもの。鈴木は《荒野の収穫者/Reaper of the Wilds》を選択。

 長島は見られた《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》をプレイ。

 この脅威に対して、自分のターンでは鈴木は何も行動せず、長島のアップキープに動く。まずは《肉貪り/Devour Flesh》。長島は《森の女人像/Sylvan Caryatid》を生贄に捧げる。

 そして《エルフの神秘家/Elvish Mystic》、《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》で攻撃し、《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》。ライブラリーのトップは《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》で、手札からもセットランドはなし。

 対して鈴木はやはり自分のターンでは何もせず、ドロー、セット、ゴー。

 ここでも土地にめぐり合わなかった長島は、《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》と《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》で攻撃し、この2体が鈴木の《肉貪り/Devour Flesh》の餌食となる。残った3枚の土地と《エルフの神秘家/Elvish Mystic》から、2枚目の《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》をプレイ。
 
 帰ってきたターンで鈴木がキャストしたのはなんと4枚目の《肉貪り/Devour Flesh》。《エルフの神秘家/Elvish Mystic》が犠牲になる。墓地に並ぶ4枚の《肉貪り/Devour Flesh》に苦笑する両者。

 だが鈴木は笑えない。この《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》に全く対処できないのだ。長島が今プレイした《ドムリ・ラーデ/Domri Rade》のプラスを外そうとも、慰めにはならない。

 土地を2連続で引き続けた長島が《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》を戦場に追加すると、鈴木は静かに土地を片付けた。


鈴木1−1長島


GAME3


 《静寂の神殿/Temple of Silence》から《群れネズミ/Pack Rat》というスタートを切る鈴木。長島は手札にある2枚の《ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars》を見つめながら、1ターン目、2ターン目と《エルフの神秘家/Elvish Mystic》を並べて、《奔放の神殿/Temple of Abandon》をセットランド。

 3ターン目に鈴木は《群れネズミ/Pack Rat》を増やし、その選択をしたことで、長島の2枚目の《奔放の神殿/Temple of Abandon》の占術を大きく悩ませた。

 手札に赤マナはなく、このままでは《ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars》を超過で打てない。だからこそ、赤マナ以外なら土地は全てボトムに送るべきなのだが、ここで見えたのが3枚目の《奔放の神殿/Temple of Abandon》だったのだ。一見、それでも《群れネズミ/Pack Rat》に対して間に合うように思えるがそれは違う。

 次のターンに《群れネズミ/Pack Rat》が3/3になり、その返しで《奔放の神殿/Temple of Abandon》がタップイン。そしてもし鈴木がここで2枚目の《群れネズミ/Pack Rat》を手札に持っていたら、ネズミたちは5/5になってしまうのだ。

 長島は迷った結果、《奔放の神殿/Temple of Abandon》をそのままにすることに決めた。2枚目の《群れネズミ/Pack Rat》はないという判断だ。そして《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》をプレイ。

 ここで鈴木はひとまず《思考囲い/Thoughtseize(LRW)》を差す。長島の手札には2枚の《ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars》と《歓楽の神、ゼナゴス/Xenagos, God of Revels》が控えており、鈴木は《ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars》を選択。そして3マナを《群れネズミ/Pack Rat》にではなく《生命散らしのゾンビ/Lifebane Zombie》のために使用した。長島の手札は《ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars》だけとなる。

 だが、これは長島にとって悪い話ではなかった。手札の《ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars》と《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》で、《群れネズミ/Pack Rat》を全滅させることができたのだ。

 これは鈴木も承知の上。それでも《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》さえ除去してしまえば、状況は鈴木がずっと有利なのだ。

 そう、除去さえしてしまえば。

 とにかく鈴木は除去が引けない。《変わり谷/Mutavault》と《生命散らしのゾンビ/Lifebane Zombie》で果敢にダメージレースを挑むものの、分が悪い。

 鈴木の手札にはやはりというべきか、《肉貪り/Devour Flesh》。仕方なくこれを打つも、予定調和的に貪られるのは《エルフの神秘家/Elvish Mystic》。


 7枚入っている除去に辿り着く前に、《世界を喰らう者、ポルクラノス/Polukranos, World Eater》が鈴木を喰らってしまったのだった。


鈴木1−2長島


長島Win!

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 19:10
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links