<< PTQベルリン 東神奈川 Coverage へようこそ! | main | Deck Building Tech (渡辺 雄也の場合) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Deck Building Tech (川田 千洋の場合)

 誰もが口々に「この環境のシールドは難しい」と漏らすアラーラの世界。是非ここはシールドが得意な人たちの構築を参考にして欲しいところだ。

 ローウィンブロックのシールドでトップアンコモンである《傲慢な完全者/Imperious Perfect》を引きまくり、自他共に「シールドのパック運は最強」と認めるシールドの貴公子、川田 千洋(神奈川)。勿論パック運だけでなくその実力は確かなもので、
シールド戦のトップ8への進出率は非常に高いことで知られている。そんな彼のデッキ構築をフィーチャーしてみよう。

 
しかし、どんな強力なカードプールかという期待を裏切るかのように、開口一番「うーわ、弱っ!」と漏らす川田。
 昨日のプレリリースを経験し、「赤緑が強いから赤緑をやりたい」と言っていた川田だったのだが、その鍵となる緑のカードが明らかに足りていないのだ。
緑といえばナヤ、ナヤといえば「パワー5以上のクリーチャー」によるシナジーなのだが、そのパワー5を超えるクリーチャーが非常に少ない。これでは緑のアイデンティティが失われてしまっているといっても良い。

とりあえずカードプールを見回して注目したカードとしては神話レアの《覇者シャルム》。


だが白の主戦力である《聖域のガーゴイル》不在で白は無理と切り捨てた川田は
もう一つの爆弾レアである《若き群れのドラゴン》を手に取り、そして2枚ある《荒廃稲妻》に注目し、赤黒緑のカードを並べ始めた。



しかしそれではカードが足りない。デッキに入れても良いレベルのカードが少なく、3色では40枚のデッキにならないのだ。
「カードが足りないのでサイクリングいれまくる作戦」に出ようかというところだったが、それでも微妙と見てとうとう「5色するかー!」と意気込み始める。
赤黒を基調に、《バントの全景》で必要な色マナを確保していこうという作戦だ。

アラーラのシールドでは、コモンに《オベリスク》《全景》とあるので一見多色化したほうが強そうではないかというように思えるのだが、実はことはそう単純ではない。
「多色化したもん勝ち」と言われていたローウィンブロックとは違い、単体のカードパワーがそれほど高くなく、更に色拘束も厳しいので多色化のメリットよりもデメリットのほうが大きいのだ。結果的にはデッキの色は出来るだけ少なく、軽いクリーチャーを多くいれたビートダウンが理想とされている。

とはいえ、そのような理想が現実にならないこともある。川田は仕方なく、結果的に最初諦めていた《覇者シャルム》を、《若き群れのドラゴン》の横に並べることとなった。
果たして出るのか《シャルム》!?
完成したレシピ

《若き群れのドラゴン》
《覇者シャルム》
《骸骨化》
《血焚きの精霊》
《骸骨のカターリ》
《塔のガーゴイル》
《臓物を引きずるもの》
《肉袋の匪賊》
《圧倒する雷》
2《荒廃稲妻》
《バントのオベリスク》
《魂の火》
《枝分かれの稲妻》
《ジャンドの戦闘魔導師》
2《ケデレクトの忍び寄るもの》
2《屑肉の血のゾンビ》
2《ドラゴンの餌》
《骨の粉砕》
《処刑人の薬包》

3《バントの全景》
《平地》
《森》
《島》
5《山》
6《沼》

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 23:14
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック