<< Deck Building Tech (川田 千洋の場合) | main | 全勝者Quick Interview >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Deck Building Tech (渡辺 雄也の場合)

Mr.PWCこと渡辺 雄也(神奈川)もこの横浜でアラーラの断片の目撃者となった。先日行われた日本選手権では見事3位に入賞し日本代表の座を射止めた渡辺。是非彼のシールドデッキ構築も参考にして欲しい。

昨日のプレリリースで大体どのようなデッキを組めばいいかはわかったと語る渡辺がパックを剥くと《神祖》《タイタンの根本原理》という2枚の「リースカラー」改め「ナヤ」の強力レアが登場。



更に新しい《ネビニラルの円盤/Nevinyrral's Disk》こと《災いの砂時計》も。



それを後押しするかのようにアンコモンも《猛きセロドン》《クァーサルの伏兵》《長毛のソクター》と非常に充実。
除去もしっかり《圧倒する雷》《魂の火》《マグマのしぶき》とこれも充実。
「普通にリースカラーで組めるからつまんね」とまで言ってしまう始末。
低マナ域から高マナ域までバランスよく揃った非常に恵まれたカードプールだ。

「いやいや、リースカラーじゃなくて『ナヤ』ですよ」と突っ込んでみるが「ちょうどマジック始めたころがインベイジョンだからこの名前が一番しっくり来るのよ」とのこと。

 ところで、この環境は緑のクリーチャー以外では3/3を超えるサイズのものが非常に少なく、その結果賛美が付いたクリーチャーの攻撃が
止まらなかったり、3/3の《野生のナカティル》がまったくブロックできなかったりという事態がしばしば発生する。
通常シールド戦では
見向きもされないような小型のクリーチャーでも、意外に殴れてしまう環境なのだ。もちろん渡辺もそれはしっかり承知済み。
1マナ1/1で能力は賛美のみである《アクラサの歩哨》のようなテンポクリーチャーが当然のように投入されている。
 
 ここで興味深いことを渡辺は語る。
 飛行持ちでありしかも墓地からアーティファクトを回収する能力まで付いた《聖域のガーゴイル》だが、渡辺のデッキの場合回収できるアーティファクトが少ないから入らないというのだ。
 4マナで2/3飛行という性能を考えればおまけがなくとも強いだろうと思われるのだが、この環境は飛行持ちであることがかえって仇となる。《枝分かれの稲妻》の的になってしまうのだ。
本来ならば喜んで入れる飛行クリーチャーが入らないという凄い環境だと渡辺は結論付けている。


(何故かこんな強力カードがコモン!)

ほぼ完璧に見える渡辺のカードプールだが、1つだけ問題点がある。色マナに不安があるのだ。《ナヤのオベリスク》・《全景》・3色タップインランドはどれも出ておらず、仕方なく他の断片からオベリスク・全景を借りてこざるを得ず、結果的にマナベースが安定しないことになってしまったのだ。この場合出来るだけタッチのカードを減らして対応するのが通例だが、アラーラの断片のシールドデッキではなかなかそういうわけにもいかないのが難しいところ。仕方なく均等3色というデッキを構築せざるを得なくなった。
赤白緑の3色が安定して出せるか、というのが課題となった渡辺。このバランスで事故なく4回戦を戦い抜くことが果たして出来るだろうか。
初めはカードプールに非常に満足げだった渡辺だったのだが、この問題に直面してからというもの険しい表情を隠せない。結局マナバランスは5−5−4の「ド三色」。回らなかったときがヤバそう・・・と不安げだ。

完成したデッキ

《野生のナカティル》
《アクラサの歩哨》
《天望の騎士》
《目明き階級の魔術師》
《ヴァレロンに使えるもの》
《クァーサルの伏兵》
《長毛のソクター》
《鼓声狩人》
《ロウクスの突撃隊》
2《熊手爪のガルガンチュアン》
《洞窟のソクター》
《猛きセロドン》
《神祖》
《バントのオベリスク》
《ジャンドのオベリスク》
《天使の祝祷》
《タイタンの根本原理》
《魂の火》
《マグマのしぶき》
《圧倒する雷》
《帰化》
《災いの砂時計》
2《バントの全景》
6《森》
5《平地》
4《山》

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 23:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック