<< Deck Building Tech (渡辺 雄也の場合) | main | アラーラの断片 プレリリーストーナメント Coverage >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


全勝者Quick Interview

全勝者Quick Interview

見事今日のシールド戦を4−0で終えた皆さんに突撃取材!
どんなカードが強かったのか、そして構築戦ではどのような戦略が有効なのかを聞いてみよう。きっと皆さんが気付いていないテクニックがあるはずだ。
そして今回はプレリリース自体に大きなシステム変更がなされたので、それの感想も聞いてみた。

小林弘樹
「スリーブが強かったです」と一言。

カジュアルイベントならではの絵つきスリーブ。
 
―デッキの色は?
赤白緑黒 (タップインが2枚、フェッチが4枚、オベリスクが4枚 土地17)
なんと除去10枚!

―強かったカード
《暴力的な根本原理》
「皆多色デッキだから、土地を3枚割るとその後確定で相手が事故って何もできなくなる。あとは《ナヤの魔除け》で2回撃った。最強すぎた。」

《戦誉の天使》
「ただ単純に強かった。」

―構築戦で使いたいなーというカードとその使い方
《戦誉の天使》
「《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》に絆魂つけて殴る。今現在考え中だけど、白単っぽいかなー。」

《冷静な天使》
「絵がカッコイイ。《稲妻の天使/Lightning Angel》そっくり。なんとかして3ターン目に出したい。」

―新しくなったプレリリースに対して思うところはありますか?
「せっかく全勝したのに賞品が少ない。普段お店に行かないから自分にとっては微妙。
まぁプレリだからそれでもいいかなーとは思うけど。」
お店でのプレリの賞品は逆に増えたので、広く、浅くという格差是正の設計になりました。

吉森 奨

―デッキの色は
5色!(フェッチ3枚、オベリスク2枚 土地16)

―強かったカード
《忘却の輪/Oblivion Ring》
《熊手爪のガルガンチュアン》
《クァーサルの伏兵》
《命運縫い》(タッチで使った)
《圧倒する〜》系のサイクリングカードを沢山使って勝った

―構築戦で使いたいなーというカードとその使い方
「《塩の虚ろの漕ぎ手》を白黒のビートダウンやドランで使ってみたいですね。あと《ゴブリンの突撃》。赤黒トークンしか思いつかないですけど・・・。」

―新しくなったプレリリースに対して思うところはありますか?
「プレリから発売までの時間が短いので、お店にとってはシングルカードの値段をつけるのが大変ですね。やっぱり2回あったほうがやりやすいので・・・。」
確かにお店は動向がよくわからないままシングルの値段をつけることに。ということは、思わぬ掘り出し物のチャンス!?

木村卓人
―デッキの色は
赤白緑

―強かったカード
《戦誉の天使》
「まぁやっぱりこれですよねー。」
ちなみに今日全勝した人の中では一番持っている人が多いレアでした。

《圧倒する雷》
「2枚入ってて強かったです。サイクリングで本体6点のモードが強い。」

―構築戦で使いたいなーというカードとその使い方
《数多のラフィーク》
「単純に単体でも強いと思う。4ターン目に出して殴ってしまえばほぼ勝ちが確定すると思います。是非使ってみたいですね。」

《覇者シャルム》
「これ2体と《魂の管理人/Soul Warden》で無限ライフできますよ!」
これには筆者も気付いていませんでした。是非実現して欲しいコンボですね。

―新しくなったプレリリースに対して思うところはありますか?
「ドラフトがしたい。ナカジマさん主催のプレリではドラフトが出来るのが普通だったのに、新しくなってしまったためにドラフトが消えたのが寂しい。」
残念ながら今回のプレリリースからはいわゆる「大人の事情」によりドラフトは開けないことになってしまった。是非賞品を獲得したもの同士が集まってドラフトを開いて欲しい。

松尾一樹

―デッキの色
緑白青

―強かったカード
《冷静な天使》
「相手の爆弾レアである《若き群れのドラゴン》が弱くなってた。」
目には目を、レアにはレアを!



《クァーサルの伏兵》
「いきなり出てきて《野生のナカティル》を殺したり。いろんなところでひどい目に遭ってる人が多いですね」
こんなコンバットトリックは読めませんね。

《バントの魔除け》
「片っ端からなんでも除去れたので」
対象にとれさえすれば何でも除去できる上に墓地に置かないので再利用される心配もなし!

―構築戦で使いたいなーというカードとその使い方
「今日強かった《冷静な天使》ですね。《黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmane》と組み合わせて他のクリーチャーに警戒を持たせて・・・とか。後は緑なのでマナを伸ばして3ターン目に出してみるとか、《首吊り罠/Trip Noose》でソフトロックは面白そう」

―新しくなったプレリリースに対して思うところはありますか?
ここは会場が近いですね(笑)それくらいです。

米澤 純
 
―デッキの色
青黒赤

―強かったカード
《残酷な根本原理》
「打ったら投了されました」
そりゃこの効果は半端じゃないですもん。

「あとは《塩の虚ろの大梟》《苦悶のねじれ》《処刑者の薬包》がそれぞれ2枚ずつあったのが強かったです。」
どれも軽くて使いやすい優良コモン。

―構築戦で使いたいなーというカードとその使い方
「あんまりスポイラー見てないんでわからないんですけど、《サルカン・ヴォル》は使われそうなので回避して他のプレインズウォーカーですかね。《遍歴の騎士、エルスペス》とか。+1が二つあるのが・・・良さそうです。使い方まではあまり考えてないんですけどね。」
是非新しいプレインズウォーカーは皆さんも使い方を考えていって欲しいところ。

―新しくなったプレリリースに対して思うところはありますか?
「ドラフトがないのがちょっと・・・。いつもドラフトをしていたので物足りない。」
やはりドラフトは人気があったようです。

石和田 啓幸
 
―デッキの色
緑黒赤タッチ白(フェッチ4枚、オベリスクが2枚、タップイン2枚 アニマのドルイド ランド17枚)

―強かったカード
《エルフの幻想家》
「3枚入っててデッキが安定して回った。それに加えて貪食持ちや《骨の粉砕》と相性が良くて強かった。」
《圧倒する雷》
「今日は安定してサイクリングできたので強かった。」

―構築戦で使いたいなーというカードとその使い方
《イーオスのレインジャー》
「《運命の大立者/Figure of Destiny》持ってくるか《モグの狂信者/Mogg Fanatic》、
或いはエルフ親和で《遺産のドルイド/Heritage Druid》とか?」
《荒廃稲妻》 
「《復讐の亜神/Demigod of Revenge》もいるし、赤黒のビートダウンができれば・・・」

―新しくなったプレリリースに対して思うところはありますか?
「賞品のパック数が減ったのは都会に住んでいると恩恵が少ないけれども、地方では活性化するような気がする。」
やはり合言葉は格差の是正!

井上淳司
 
―デッキの色
赤緑黒

―強かったカード
《若き群れのドラゴン》
「強すぎでした。出たゲームは全部勝ちました。」

―構築戦で使いたいなーというカードとその使い方
《ヴァレロンに仕える者》
「マナブーストしながら殴るっていうのは新しいかと」

《切り裂き隊の殺し屋》 
「赤緑のビートダウンで。戦士なので《茨森の模範/Bramblewood Paragon》と相性が良いのがいいですね」

《ヘルカイトの首領》
「ヴィンテージでオース作ってみたいです」

―新しくなったプレリに対して思うところはありますか?
「プレイヤー的には特に変化がないように思えます。主催者さんは色々と大変でしょうけど・・・」
「本当に大変です」by主催、ナカジマ氏

河合宏樹
―デッキの色
白緑タッチ赤

―強かったカード
《戦誉の天使》
「レアゲーでした(笑)」

《クァーサルの伏兵》 
「2/2速攻をいきなりブロックして殺したりしました(笑)」

―構築戦で使いたいなーというカードとその使い方
《急使の薬包》 
「パーミッションで使ってみたいです。青白コントロール(笑)とか。」

《サルカン・ヴォル》
「やっぱりトークン系のデッキに積むのが強そうですよね。」 

―新しくなったプレリリースに対して思うところはありますか?
「昨日午後に行って参加できなかったのが残念。パックの配布量が少ないのが原因かなぁ。」
新制度になって色々と混乱もあったようです。次のプレリではこのようなことがなきことを。

田山友祐

―デッキの色
白緑タッチ赤
―強かったカード
《長毛のソクター》
「2枚入ってて、主にコレだけで勝ちました。あとは《印章の祝福》が2枚あって、
全部先手でビートダウンして勝ってきました」

―構築戦で使いたいなーというカードとその使い方
《バントの魔除け》 
「青白緑ヒバリの除去呪文として。ロウクスの戦修道士とかも強そう。」

《ゴブリンの突撃》と《ドラゴンの餌》 
「これはやはり赤黒トークンですかねー。《墓穴までの契約/Grave Pact》が強そうです。」

―新しくなったプレリリースに対して思うところはありますか?
「ドラフトがしたい 皆そう言ってるので・・・。」
本当に皆そう言ってました。イベントとして開けず申し訳ないです。是非有志を集めて・・・。

渡辺 雄也
「1回目は負けちゃってドロップしたので2回目です。」
と語る最後の全勝者はMr.PWC。
 
―デッキの色
赤緑黒

―強かったカード
《マイコロス》
「毎ターン6体はやりすぎでしょう」
《炎破のドラゴン》
「毎ターン猛火はやりすぎでしょう。」

「この2種類が強くて、デッキの他の部分全体が軽くてビートダウンできた。
あとは《ドラゴンの餌》が貪食と相性が良くて強かったです。」

―構築戦で使いたいなーというカードとその使い方
《塩の虚ろの漕ぎ手》
「やはりヒバリですね。青白黒で。2マナ域として優秀だし、むしろカードパワーが高いから白黒のデッキならなんでも入ると思う。」
《苦悶のねじれ》
「フェアリーにそのまま投入して使えそう。フェアリーはよく接触戦闘にもなるし。《恐怖》はアーティファクトクリーチャーが増えたことで除去できないクリーチャーも多そう。」

―新しくなったプレリリースに対して思うところはありますか?
「広く浅くというコンセプトは大部分に対してはプラスなので試みとしては悪くないと思うけどそれによってマイナスを被る部分もあるのでどっこいどっこいのような気がする。でも雰囲気としては今のほうがカジュアルなプレリっぽくて良いかなー。」


インタビューにご協力くださった皆様、ありがとうございました!

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 00:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links