<< Round 4:本田 隆太(神奈川) vs 相澤 恵司(東京) | main | Round 2:睛 功司(東京) vs 夏目 拓哉(東京) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 3 : 中村 肇(神奈川) vs. 兼清 隆介(東京)

By Keita Mori


この第3回戦フューチャーマッチに登場する二人の人物は、ともに今シーズンのPWCに可能な限り参加し、そのプレイスキルを研ぎ澄ましてきたプレイヤーだ。もちろん、多くの人がそうであるように、彼らがここPWCに足繁く通っているのは、何よりそれが楽しいからだ。首都圏エリアにおいて屈指の規模と人気を誇る大会、PWCには、人を惹きつける何かがある。


中村と兼清は、このPWCという大会の常連メンバーであり、そのコミュニティ内でも一目おかれるプレイヤーである。PWCの場合、いつもの大会で遊んでいるということが、いつしか競技シーンのトップでも通用するだけの研鑽をかさねたということとイコールになる。第1ラウンドで取り上げた渡辺 雄也のように、PWCの顔役立った若者が、いつしか日本を代表する構築屋として世界から認められるまでに成長を果たしたという実例もある。

ここに本文を記入してください。

今シーズンの新「ミスターPWC」戴冠が確実視されている中村 肇は、つい先日に開催されたプロツアー京都で上位入賞を果たすまでの存在に成長した。兼清 隆介もここPWCでビッグマナ使いとして名を馳せ、今期のミスターPWCランキングで暫定4位につけている。まさしく、継続は力なのだ。


さまざまな大会を取材させていただいている私の眼から見ても、PWCで強豪として認知されているクラスのプレイヤーは、ほんの少しの幸運さえつかめれば、いつグランプリ規模のイベントで上位入賞しても驚くことはないという高い技量の持ち主ばかりである。みなさんにも、ぜひとも二人の戦いに注目していただきたい。


中村(KAKAO):白単キスキン
兼清(関東の遅刻魔):青白緑「バント」ビッグマナ


Game 1


R3nakamura
プロツアーで上位入賞を果たし、まさに今期のミスターPWCを本日の二連勝で確定させたばかりの中村がプレイするマジックは、冴えわたっていた。開幕ターンの《ゴールドメドウの重鎮/Goldmeadow Stalwart》に《皺だらけの主/Wizened Cenn》が続き、第2ターンにさっそく3点のダメージを叩きこむ。


対する「バント」ビッグマナの兼清も《ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk》を展開して対抗するが、ここに中村の《流刑への道/Path to Exile》が当然のように飛んでくる。続くアタック5点により、はやくも標的の残りライフを12点に削り落した。


マナを伸ばした兼清は《原初の命令/Primal Command》でライフゲイン&バウンスを実行し、状況を掌握するための時間を稼ぎ出しにかかる。しかし、中村は盤面に《運命の大立者/Figure of Destiny》を追加し、《ゴールドメドウの重鎮/Goldmeadow Stalwart》も再展開。果敢な攻めを継続する。


まさしく昇り竜の勢いを思わせる中村の猛攻により、みるみるうちに、兼清の残りライフは3点という危険な水準に落ち込んでしまう。しかし、それでも、X=5の《軍部政変/Martial Coup》を見舞って敵陣を壊滅させ、兼清は盤上に《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を追加した。


マスデストラクションから逆転のためのクロックを用意するというビッグマナらしいコントロールに成功した今、兼清にとって最後の課題となったのが、中村の後続となった空飛ぶ脅威、《雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger》だった。そして、兼清には明確なプランがある。《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》だ。


まさしく計画通り、その飛行を得てのアタック宣言にあわせて《ヴェンディリオン三人衆》を「瞬速」展開する兼清。ここで中村の手札の内容が3枚とも土地であるという安全確認を果たした。


しかし、一枚の呪文がすべてを変えてしまった。
その呪文が詠唱されるや否や、中村も、撃たれた兼清も苦笑を隠せなかった。


兼清 「最近、僕の《ヴェンディリオン》こんなんばっかですよ・・・」


ピンポイントにめくられた《流刑への道/Path to Exile》が、中村の最後のアタックを通すための血路を切り開いた。


中村 1-0 兼清


Game 2



兼清 「ランド7枚ならキープしますけどね・・・」


そんなトラッシュトークをしながらシャッフルを終えた兼清だったが、残念ながらマリガンを余儀なくされての6枚スタート。《樹上の村/Treetop Village》スタートから2ターン目に《不屈の自然/Rampant Growth》でマナ加速という展開を見せた。

R3kanekiyo対する中村は1ターン目に登用した《運命の大立者/Figure of Destiny》をさっそく抜擢して2/2アタック。戦闘後に《変わり谷/Mutavault》を盤面に加えた。中村は3ターン目にも《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》を展開し、王道の白単色ウィニーらしい攻めを見せた。


続く中村の《大立者》と《騎兵》の攻撃宣言に対して、兼清は《樹上の村》をクリーチャー化し、《大立者》をブロック。これを受けて中村がさらに《運命の大立者》を4/4に出世させると、兼清は《流刑への道/Path to Exile》を自分の《樹上の村》に使って基本土地をサーチした。


致命傷となる前に、兼清は《神の怒り/Wrath of God》で盤面をリセットし、止血。続くターンに《連絡/Tidings》でドロー加速を行った。一方、クリーチャーたちを失った中村も、《変わり谷/Mutavault》を起動してのアタックで静かに時計の針を進め、標的の残りライフを10点まで削った。


リセット、ドロー加速、というコントロールデッキらしいアクションに続くのは、やはり脅威の展開。ここで兼清は《ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk》を2体展開し、盤面にプレッシャーをかけた。対する中村も《軍部政変/Martial Coup》を握りしめながら7マナに到達。しかし、《軍部政変》をしっかりと温存して《雲山羊のレインジャー》による陣立てを行うことを選択した。


ここからモンク2人とレインジャー1人というミドル級ファイターたちによる攻防が展開され、兼清と中村はそれぞれ手札から《流刑への道》を繰り出した。さらに兼清が後続に《茨異種/Thornling》を送り込むと、「破壊されない、か」とつぶやきながら《流刑への道》を撃ち込む中村だ。


ライフレースでの優位を築いている中村は《栄光の頌歌/Glorious Anthem》を盤面に加え、キスキン・トークン軍団でアタック。戦闘後にさらに《雲山羊のレインジャー》を追加するキスキンデッキを前に、「ここが使いどころ!」とばかりに「バント」ビッグマナが全開で《軍部政変/Martial Coup》を叩きこむ。これを見て、序盤から温存していた《軍部政変/Martial Coup》でカウンターパンチをあびせることを選択する中村。


ライフに余裕のない兼清は、敵陣のトークン軍団を《神の怒り/Wrath of God》で一掃し、《ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk》を展開した。ライフは兼清が1点、中村が20点。


リセットからのライフリンク(絆魂)アタッカー展開という、ビートダウンデッキとしては悪夢のような展開だったが、またしても、中村はその力強さを見せつけた。中村のライブラリートップからやってきたのは・・・《雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger》!


それでも《バントの魔除け/Bant Charm》で《雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger》本体を討ち取る意地を見せた兼清だったが、残るトークンたちを対処しきれなかった。


中村 「青命令はもっているかな?」


最後の最後まで敵のアクションに対するケアを怠らない中村を前に、兼清は力なく手札の最後の一枚、土地カードを公開して投了した。


中村 2-0 兼清


渡辺 雄也に続いて「ミスターPWC」に輝くことになった中村 肇。
今後のさらなる活躍に注目すべき新鋭として、是非とも記憶しておいていただきたいプレイヤーである。


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 16:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック