<< Round 7:伊藤 大明(神奈川) vs 山川 洋明(東京) | main | Round 5:山川 洋明(東京) vs 岡内 佑太(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 6 : 有留 知広(神奈川) vs. 今井 亮太(東京)

By Keita Mori


有留
 「二人ともヤソコンです」


今井
 「お互いほとんど一緒です」


Player of the Yearにも輝いた八十岡 翔太というデッキビルダーの持つ影響力、発言力は小さくない。発言内容の方はさておくとしても、彼が作った数々のコントロールデッキ、通称「ヤソコン」は関東のローカルシーンにおいてはある種の神話となっていると言っても過言ではない。そんな八十岡も、ここPWCで頭角を現し、世界へと羽ばたいていったプレイヤーの一人なのだ。

R6aridome

ここまで4勝1敗というラインでフューチャーマッチに選び出された二人も、八十岡のコントロールデッキに魅了されたプレイヤーだ。彼らはともに八十岡が調整したバージョンのフェアリーデッキをプレイしている。


コンフラックスの発売以降、それまでのフェアリー一強という勢力図は大きく塗り変えられた。しかし、フェアリーがつねに注目を払うべき有力なアーキタイプであることもまた間違いない。特に、それが八十岡の手によるものならば。


今井:青黒ヤソコン(フェアリー)
有留:青黒ヤソコン(フェアリー)


Game 1


残念ながら、ゲームの行方は「試合前に」決まってしまった。それも今井にとって不本意な形で。今井、痛恨のダブルマリガン。


そんなマリガントラブルに悩む今井をよそに、マイク・フローレス流に言うならば「ローウィン時代でもっとも強く美しい立ち上がりのマナカーブ」を実現する有留。


1ターン目に《思考囲い/Thoughtseize》で《謎めいた命令/Cryptic Command》、《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》、《コショウ煙/Peppersmoke》、《沼/Swamp》という4枚から《コショウ煙/Peppersmoke》を捨てさせて、


2ターン目、《苦花/Bitterblossom》。


今井 「うわー、まけたー」


もうこうなってしまっては開き直るしかない今井。《ウーナの末裔/Scion of Oona》をメインフェイズにタップアウトで召喚し、積極的に《変わり谷/Mutavault》を起動してアタックしていく。《苦花/Bitterblossom》につけこむべき点があるとするなら、それはライフだ。術者自身の命を吸い上げ続けながら、黒い花は咲き乱れる。


もちろん有留も心得たもので、《謎めいた命令/Cryptic Command》をバウンス&ドローで使用してダメージレースをスタート。さらに有留はメインから投入されている《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》を召喚し、盤面をより強固なものとした。


《変わり谷/Mutavault》のドローにも恵まれた有留は間断なくアタックを継続。今井が戦闘中に「瞬速」で送り出した《ウーナの末裔/Scion of Oona》が有留の《苦悶のねじれ/Agony Warp》によって除去されると、今井はカードを片づけはじめることになった。


有留 1-0 今井


Game 2

R6imai

有留、またしても1ターン目《思考囲い/Thoughtseize》、2ターン目《苦花/Bitterblossom》、3ターン目も《苦花/Bitterblossom》という完璧な動きでスタート。


手札破壊によって《謎めいた命令/Cryptic Command》を失った今井は「ヤバイヤバイ」とつぶやきながら《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》を展開。有留が一瞬とはいえ3マナで土地が止まってしまったところに何とかつけこみたいところだった。


以後、今井は徹底的に防戦につとめ、《コショウ煙/Peppersmoke》をはじめとしたカードを駆使して徹底的な時間稼ぎにつとめた。なぜなら、まさしく有留の抱えている問題は、毎ターン2点ずつライフが減少してしまうということと、土地がうまく伸びないこと、さらに、使うに使えない3枚目の《苦花》などの無駄なドローを続けてしまっているということだった。


そんな中で今井が展開している「頑強」持ち《エレンドラ谷の大魔導師》は実に優秀なブロッカーで、有留のゲームプランを大きく阻害した。さらに《苦花》が今井側のフィールドにも用意され、今井は毎ターン確実なブロッカーを手に入れることができる算段となった。


そして、とうとう今井の作戦が成功した。《謎めいた命令/Cryptic Command》を敵陣タップアウトと《フェアリーの集会場/Faerie Conclave》バウンスというモードで詠唱した今井は、時間いっぱいまで逃げ切ったのだ。


《苦花》の要求するライフロスによる自爆。有留の中盤以降のドローの内容が芳しくなかったとはいえ、今井は見事なゲームプランを完遂した。


今井 「サイドボードは何を入れたらいいのかよくわかっていないんだよね・・・」


有留 「《思考の粉砕/Mind Shatter》は強いと思うよ。あと、先手後手でサイドはたぶん変わるべきだよ」


しばらくマジックから遠ざかっていたという今井は、勇躍して十数万円のカードを一気に購入し、マジックの競技シーンに帰ってきたのだという。良き友人でもある有留のアドバイスを受けながらマジックを再開している。そんな「リハビリ中」の試合ということも考えると、実に見事な試合運びだった。


有留 1-1 今井


Game 3


先手をとった有留は、このマッチで3本連続となる2ターン目《苦花》を決めた。今井のエンドステップの《呪文づまりのスプライト》を有留が《霊魂放逐》でつぶし、対する今井も《コショウ煙》でキャントリップしながらトークンを一体除去する。

R6aridome2

トークンで攻めてくる有留に対して今井は《変わり谷》で攻撃。そんなライフレースが展開されはじめたところで、有留がビッグプレイを決める。「瞬速」の《霧縛りの徒党》で《変わり谷》をブロックし、敵陣の主要パーマネントを破壊しつつ、上空に大きなクロックを手に入れたのだ。


「警戒してなかった・・・」とつぶやきながら今井は《思考囲い》を撃ち込む。そして、2枚のさらなる《霧縛りの徒党》をはじめとしたスペル満載の内容は今井を投了に追い込むのに十分な内容だった。


有留 2-1 今井


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 16:23
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック