<< extra Round:渡辺 雄也(神奈川) vs 中村 肇(東京) | main | Round 2:中村 肇(東京) vs 細川 侑也(東京) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 1:石村 信太朗(埼玉) vs 井川 良彦(東京)

By Daisuke Kawasaki


PWC 200thの優勝者。


関東の草の根で研鑽を積むプレイヤーであれば、そのタイトルに魅力を感じないわけがない。


その名を目指し、この新宿の地に137人のプレイヤーが集結し、スイスラウンド8回戦を戦い抜く。


その最初の試合としてお伝えさせていただくのが、このマッチアップだ。


まずは、「ライザ」こと石村 信太朗(埼玉)。


グランプリトップ8をはじめ、プレミアイベントでもその名を知られる強豪プレイヤーである。


独創的なデックテクでも知られる石村ではあるが、今回の使用デックは、比較的オーソドックスに白単のキスキンとなっている。


対するは、井川 良彦(東京)。


こちらも、関東の草の根イベントやPTQ・GPTを中心に活躍するプレイヤーであり、PWCの優勝をはじめとして、実績を残している関東ではよく知られたプレイヤーだ。


デックは、こちらも白単デックなのだが、「スタンダードの貴族」相澤 恵司(東京)のチューンによる、AKKAスペシャルである。


メインからの《軍部政変/Martial Coup》をはじめとして、全体的にコントロールよりの動きも可能なこのデック。


果たして、PWC 200th王者に向けて、第一歩を踏み出すのはどちらか。

Game 1


ダイスロールで先手は石村。


双方マリガンのないスタート。


石村が1ターン目に《運命の大立者/Figure of Destiny》をキャストし、それを2ターン目には2/2へとサイズアップ。さらに2枚目を追加するといった猛攻をしかける。


これに対して、井川のファース
トアクションは、2ターン目にセットした《風立ての高地/Windbrisk Heights》でライブラリーのトップを覗くのみ。


3ターン目には《栄光の頌歌/Glorious Anthem》まで追加し、一挙5点のダメージを与える。


ここで、ようやく反撃の動きをみせる井川。《幽体の行列/Spectral Procession》によって3体の飛行トークンを確保する。


これに対して、小考する石村。


結果、石村は《運命の大立者》2体でアタックし、ブロックがないのを確認してから1体をサイズアップし、井川へ6点のダメージを与える。そして《変わり谷/Mutavault》をセットし、3マナで《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》をキャストする。



井川は返しのターンで3体のトークンで攻撃し、2ターン目に秘匿してあった《雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger》を「後手なんだよねぇ」といいながらキャスト。状況としては井川も十分にまわっているといえる状況なのだが、どうしても先手後手の差で石村の攻勢をさばくことがもとめられてしまう。


石村が《静月の騎兵》のみで攻撃し、パンプアップすると、このプロテクション白クリーチャーへの対抗策を持たない井川は手札にある2枚の《雲山羊のレインジャー》と《静月の騎兵》を見せ、自身のダイス運を恨んだ。


石村 1-0 井川


ゲーム終了後、井川は、《幽体の行列》と《静月の騎兵》を出す順番を変えていれば、先手後手差を覆せたのではないかと石村と検討する。


なんにせよ、ゲームに運はつきものだが、すべてが運なわけでもないのだ。


Game 2


念願の先手をとった井川。


1ターン目に《運命の大立者》、2ターン目には2/2と順調な立ち上がり。一方で、今度は石村が1ターン目に秘匿という展開。


2ターン目に1マナ残して《運命の大立者》をキャストした石村に対して、井川は3マナ残した状態で2/2の《運命の大立者》でアタック。


これを石村はほぼノータイムでブロックし《運命の大立者》を2/2へとする。これには井川も小考する。


結果、《運命の大立者》同士を相打ちすることを選び《幽体の行列》で頭数を追加する。


返すターンで石村は《静月の騎兵》。


まだ《静月の騎兵》が飛行を得るマナがないうちに、井川は《栄光の頌歌》をキャスト、6点のダメージを石村に叩き込む。


こうして飛行のためのマナを残しつつという不自由な展開を強いられることとなった石村。井川は、さらに攻撃を加え、1体の飛行トークンの犠牲で4点のダメージを追加する。


そして、盤面に追加される《静月の騎兵》。


石村も2枚目の《静月の騎兵》で対抗することを試みるのだが、ブロックできない同士のダメージレースで、10点以上のビハインドは異常というほかないのだった。


石村 1-1 井川


ゲーム後、「やっぱ先手ゲーなんですね」と石村が一言。


ダイスロールの幸運がここで活き、今度は石村が先手をとる。


Game 3


初手の7枚を見て、表情を曇らせる石村。


だが、キープすることを決心し、1ターン目に《風立ての高地》をセットする。


対する井川は《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》をキャスト。デックに《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》が入っているだけに、このカードは見た目以上のアドバンテージを獲得してくれる。そう、2ターン目からいきなり《白蘭の騎士》のアドバンテージを活かすことまで可能なのだ。


だが、残念ながら井川にそのアドバンテージを活かすチャンスはゲームの最後まで訪れなかった。


なぜならここで、石村は土地がストップしてしまったのだ。


2枚目の土地が《変わり谷/Mutavault》で白マナを2枚確保することができず、そのまま3枚目を引き当てることができなかった。


石村
 「土地引ければ勝てるけど引けないと負ける手をキープしてしまった…」


マジックでは先手後手だけが運の要素ではないのだ。


石村 1-2 井川


終了後、石村の7枚の手を見て、キープ基準と、その後のプレイングについて討論をする二人。


たしかに多くは運の要素でゲームが決まったようにも見える。しかし、人の選択の余地もあり、それを追求し続ける事は決して無駄ではないのだ。


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 11:47
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック