<< Round 2:中村 肇(東京) vs 細川 侑也(東京) | main | Round 4:清水 直樹(東京) vs 和田 寛也(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 3:中島 主税(神奈川) vs 鈴木 明由(神奈川)

By Daisuke Kawasaki

昼休みが終了し、第3回戦が始まると言うことで、筆者がフィーチャリングエリアに行くと、まさにPWCの2大アイドルといっても過言では無い二人が並んでいた。

「ミスターPWC」こと「垂直落下式トップデック」渡辺 雄也(神奈川)。


そして、「シミックの王子」こと清水 直樹(東京)。


ペアリングを見た結果、間違いなくフィーチャリングマッチだろう、と確信した二人は、フィーチャーリングテーブルの発表を待つまでもなく、テーブルへとやってきた、というわけだ。


今回のフィーチャーは、PWC主催者である、中嶋氏が選んでいる。


余裕の表情で写真を撮られている二人。


そして、場内アナウンス。


中嶋
 「このラウンドのフィーチャーマッチは…非常になやみましたが、中島 主税さんと鈴木 明由さん」



 さて、改めて、フィーチャーリングの二人を紹介しよう。


まずは、岡山で開催されるグランプリでの成績に定評がある男、中島 主税(神奈川)。


使用しているデックは、黒緑GAPPOならぬ、黒緑グッドスタッフとのこと。


対戦するのは、鈴木 明由(神奈川)。


PWCの会場では、スタッフとして働いている姿もよく見かける鈴木だが、ここ数週間の鈴木の戦績は素晴らしい。


なんと、日本選手権予選突破を含めて、3大会で1敗しかしていないというのだ。


そんな鈴木の好調を支えているデックが、続唱スワン。


「エルフマスター」大塚 高太郎(神奈川)になぞらえて言えば、鈴木はまさに続唱マスターとでも言うべき好成績を残しているのだ。


鈴木 「勝ちすぎたせいで、今日はもう、一回負けちゃいましたけどね」


試合開始前に、二人の話は、やはり今もっとも注目の話題、Magic 2010に。


中島 「ルール変更?ルール変わったくらいでマジックキライになるか!!」


Game 1


先手の鈴木がマリガン。


後手の中島が《貴族の教主/Noble Hierarch》《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》と猛攻をかけるなか、鈴木は3ターン連続でタップインセット。


中島 「おしおしおし、コレはまだ間に合う!」


と、3ターン目の《突撃の地鳴り/Seismic Assault》が無かったことに、とりあえずは一安心の中島。《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》をキャストする。


続くターンにこのゲーム初めてのアンタップインセットとなった《偶像の石塚/Graven Cairns》によって、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をキャスト。この続唱でめくれたのが《突撃の地鳴り》。


この《突撃の地鳴り》へと《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》を打ち込み、完全に優位に立ったかのように見えた中島だったのだが、さすがは続唱マスターの鈴木。手札に《突撃の地鳴り》を温存している。


続く中島の《ロクソドンの戦槌》を装備した《朽ちゆくヒル》の攻撃を《血編み髪のエルフ》でブロックする鈴木。


中島 「ダメージをスタックにのせていいですか…なんていってられるのもあと2週間か」


ダメージスタック後に《朽ちゆくヒル》の能力を使い《朽ちゆくヒル》を生き残らせる中島。場にさらに《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》を追加する。


返しのターンで、ついに鈴木の場に《ブリン・アーゴルの白鳥/Swans of Bryn Argoll》が降臨する。


ここで中島が筆者に一言。


中島 「いやいや、まだ終わってないからね」


ここから止まることなく土地をディスカードし続け、大量の手札からの土地で《野生語りのガラク》《貴族の教主》と除去し、ターンを終える鈴木。


中島は、自身のターンに想起で《叫び大口/Shriekmaw》をキャストする。


この《叫び大口》にスタックして、またも鈴木の土地ディスカード祭りが始まる。ここで、大量の手札を獲得した鈴木は、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》《朽ちゆくヒル》と除去していく。中島は《樹上の村/Treetop Village》でアタック。


鈴木は続くターンで《樹上の村》へと《原初の命令/Primal Command》を打ち込み、中島の行動を1ターン束縛し、そして2枚目の《ブリン・アーゴルの白鳥》を送り込む。


中島は《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》をキャストし、《ロクソドンの戦槌》でのゲインライフとあわせて自身のライフを30とするが、《ブリン・アーゴルの白鳥》が攻撃しながら火力を補充し続け、そして2枚目の《原初の命令》が山札を回復させると、筆者に向かって一言。


中島 「もう、無理です」


鈴木 1-0 中島


さて、昼休みの間に、ライフ150点弱を1ターンで回復されて投了した砂田 翔吾(神奈川)に対して「途中であきらめるなよ!」と声をかけていた中島にしてはあきらめるのがはやすぎるのではないだろうか?


Game 2


先手中島・後手鈴木、そろってマリガンのスタート。


中島は、1ターン目の《ラノワールのエルフ》から、2ターン目《護民官の道探し/Civic Wayfinder》、そして《樹上の村》セットと順当にクロックを積み重ねていく。


一方の鈴木は《鮮烈な草地/Vivid Meadow》《樹上の村》、そして《火の灯る茂み/Fire-Lit Thicket》と土地を並べる。


ここで、中島は《思考囲い/Thoughtseize》。


鈴木の手札は土地が5枚と《血編み髪のエルフ》。


中島 「あぶなかったー」


と《血編み髪のエルフ》をディスカードさせる中島。


だが、鈴木は《原初の命令》のライフゲインと《樹上の村》でのブロックで時間を稼ぎ、《血編み髪のエルフ》を引き当てる。


この続唱でめくられたのは、やはり《突撃の地鳴り》。


だが、中島もココは容易にターンを渡さない。


《カメレオンの巨像/Chameleon Colossus》をキャスト。これは2枚の土地と交換になる。


続いて《血編み髪のエルフ》と《樹上の村》で攻撃する鈴木。この攻撃に対して、《樹上の村》をクリーチャー化する中島。この《樹上の村》こそ、2枚の土地で除去されてしまったものの、死に際に生み出したマナで《恐怖/Terror》を《樹上の村》に打ち込み、ライフの損失を最小限にとどめる。


そして、手札を著しく消費した鈴木に対して、《護民官の道探し》《朽ちゆくヒル》と一気に脅威を展開する。


ここに中島が《台所の嫌がらせ屋》を追加したことで完全な泥仕合の気配を漂わせはじめる。


鈴木 「《ブリン・アーゴルの白鳥》ふってこないかなぁ」


中島 「白鳥ふってきたら、もう負けなんで」


しかし、ドローした中島はテンション高く声をあげる。


中島 「ふってきたふってきた、俺の方にふってきた。」


中島のドローは《ロクソドンの戦槌》。


これの装備された《朽ちゆくヒル》などをアドバンテージを度外視して優先的に対処していかなければいけない鈴木。思うような盤面の掌握ができないまま、段々とリソースを削られていってしまう。


だが、ここは土地を連続で引くために最適化された鈴木のデック。


次々と中島のクリーチャーは除去され続け、段々と今度は中島のリソースが削られて言ってしまう。なにせ、鈴木のデッキには無駄カードというものが基本的に無いのだ。


中島 「《ショック/Shock》ってつえーなー」


ついに鈴木の《血編み髪のエルフ》が攻撃を始められるか、という瞬間に、山札にかけた中島の手が大きく宙に舞う。


中島 「ふってきたふってきた!またふってきた!」


垂直落下式にトップデックされたのは《カメレオンの巨像》。


これをブロックしようとした《樹上の村》を、またも降ってきた《恐怖》で除去したことで、この泥仕合は中島が制する事となった。


鈴木 1-1 中島


Game 3


ともにマリガンはなく、先手は鈴木。


2ターン目の《朽ちゆくヒル》から、3ターン目には《ラノワールのエルフ》《朽ちゆくヒル》とクリーチャーを並べる中島に対して、淡々と土地を並べる鈴木。


そして、4ターン目の《神の怒り/Wrath of God》。


これには首をうなだれる中島だったが、実は手札に《カメレオンの巨像》を持っている。だが、2枚目の《神の怒り》。


しかし、中島の攻撃の手はゆるまない。


《野生語りのガラク》をキャストし、土地を2枚アンタップすると、《朽ちゆくヒル》《貴族の教主》と展開する。


だが、ここで《瀝青破/Bituminous Blast》を《朽ちゆくヒル》に打ち込む鈴木。ここでめくれたのが《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》だったため、あわれ中島の《野生語りのガラク》は墓地送り。


ついに攻め手が切れたかと思われた中島。《台所の嫌がらせ屋》に希望をかける。


だが、そんな中島の希望を断ち切る鈴木の《突撃の地鳴り》。


ここから、またも中島がクリーチャーを用意しては、鈴木が土地を投げるという泥沼的な展開となる。


中島 「毎回泥沼化するんだよねぇ」


という中島の言葉に反応したかのように、鈴木の山札から垂直落下してくる《ブリン・アーゴルの白鳥》。


今回は意地でも投了しない、という中島に、鈴木は手札の大量の土地を提示した。


鈴木 2-1 中島


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 14:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック