<< Round 4:清水 直樹(東京) vs 和田 寛也(神奈川) | main | Round 6:米田 泰一郎(埼玉) vs 伊藤 大明(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 5:相澤 恵司(東京) vs 中村 肇(神奈川)

 
By Daisuke Kawasaki

ラウンド2でもお伝えしたように、PWCでは通年でのポイントレースが開催されている。

前述の様に、昨年このポイントレースを制したのは、中村 肇(神奈川)だった。

では、今年、現時点でPWCポイントレースでトップを走っているのは誰だろうか?

ご存じ、ないのですか?


彼こそが、渡辺 雄也ファイナルス準優勝・GP京都優勝のデックビルダーとしてチャンスをつかみ、スターの座を駆け上がっている超「スタンダードの貴族」アッカちゃん、こと相澤 恵司(東京)です!


そして、僅差の2位で相澤を中村が追いかける、という形になっている。


そして、このラウンドで、なんとそのトップ2対決が実現したと言うではないか。


まさに第200回にふさわしい名勝負となるだろうこの戦いをお届けしよう。

 

Game 1

先手の相澤は、1ターン目に《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》をセットし、2ターン目に《メドウグレインの騎士/Knight of Meadowgrain》をキャスト。


対する中村は1ターン目に《ゴールドメドウの重鎮/Goldmeadow Stalwart》から、2ターン目の《メドウグレインの騎士/Knight of Meadowgrain》とつなぐ。


ここで相澤の《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》を採用している理由といえる《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》がキャストされる。相澤はまだ土地をセットしていないので、《平地/Plains》をサーチしてくることが可能なのだ。


こうして、一気にマナベースを安定させた相澤は、《運命の大立者/Figure of Destiny》をキャストする。


中村は《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》を《流刑への道/Path to Exile》でリムーブするが、対して相澤も《運命の大立者/Figure of Destiny》へと《流刑への道/Path to Exile》。


ここでサイズで勝るべく中村は《栄光の頌歌/Glorious Anthem》をキャストするが、相澤はサイズで負けるなら数で、とばかりに《雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger》をキャストする。


この攻撃で一気にライフを削られてしまった中村。《風立ての高地/Windbrisk Heights》の秘匿条件を満たせないように相澤に除去を使われてしまい、かなり追い詰められてしまう。なんとか《運命の大立者/Figure of Destiny》は《流刑への道/Path to Exile》で対処したものの、《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》が厳しい。


ここで中村のライフは7。


相澤のマナソースは《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》合わせて9マナ。


次のターンに土地引かれなければ…と祈りを込める中村だったが、しかし、根本的な《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》への対抗策が無ければ、いつしかライフは無くなってしまうのだった。


相澤 1-0 中村


相澤 「《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》つかっちゃうと、もう《護民官の道探し/Civic Wayfinder》に戻れないよ」


Game 2

先手の中村は、1ターン目《風立ての高地/Windbrisk Heights》から2ターン目《運命の大立者/Figure of Destiny》と攻めるが、相澤はまたも2ターン目に《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》からの《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》というブン回りパターン。


ここで浮いた《平地/Plains》から《運命の大立者/Figure of Destiny》をキャストし、一気に中村に追いついてしまう。


中村は《幽体の行列/Spectral Procession》で一気に数を並べ攻撃し秘匿条件をクリア、、《風立ての高地/Windbrisk Heights》から《目覚ましヒバリ/Reveillark》を降臨させる。


この《目覚ましヒバリ/Reveillark》によって、思うように攻められなくなる相澤だったが、ここで《幽体の行列/Spectral Procession》《雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger》と数で対抗することとする。


こうやって数で対抗されはじめると、同じく殴りにくくなるのが中村。


この状況を打破するべく、《運命の大立者/Figure of Destiny》を複数ブロックさせ、頭数を減らしにかかる中村。対抗するかのように、《目覚ましヒバリ/Reveillark》へと《運命の大立者/Figure of Destiny》を突っ込ませる相澤。


これによって、お互いの懸念材料が一度クリアにされる。


この状況で有利なのは、もちろん《目覚ましヒバリ/Reveillark》の力で、質・量ともに優れる中村。


優位に乗じて、数で力押しにかかる中村を押しとどめるかのように《神の怒り/Wrath of God》を打ち込む相澤。さらに《幽体の行列/Spectral Procession》をキャストすることで、一時は優位を取り戻したかに見えた相澤。


そんな相澤に対抗するべく中村の放ったカードが《運命の大立者/Figure of Destiny》。


相澤のダブルブロックを《ひなびた小村/Rustic Clachan》でしのぎ、2枚目の《運命の大立者/Figure of Destiny》を送り込むと、相澤は土地と、境界石を片付けた。


相澤 1-1 中村


Game 3


3試合連続で《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》をキャストする相澤だが、今回は《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》経由でないため、あどばんてーじえんじんとして機能しない。


だが、《幽体の行列/Spectral Procession》×2枚と《雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger》によって、圧倒的な数で勝負する。


中村も、対白では完全なる制圧力を誇る《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》を2枚並べる。


さらに追加の《雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger》を場に送り出し、もはや11枚にまでふくれあがった相澤のトークン。


一斉攻撃で、中村のライフは1となる。


一方の相澤のライフは12。


ここでいったん場を整理しよう。


中村がコントロールしているのは、2枚の《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》と1枚の飛行トークン、そして《皺だらけの主/Wizened Cenn》と《栄光の頌歌/Glorious Anthem》。


マナは7マナ。


相澤がコントロールしているアンタップ状態のクリーチャーは飛行を持たない《運命の大立者/Figure of Destiny》1枚。


そして、中村の最後の手札は、2枚目の《栄光の頌歌/Glorious Anthem》。


相澤 1-2 中村


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 16:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック