<< Round 6:米田 泰一郎(埼玉) vs 伊藤 大明(神奈川) | main | Round 8:和泉 輝(兵庫) vs 中村 肇(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 7:塚本 樹詩(神奈川) vs 中野 史樹(栃木)

By Daisuke Kawasaki



もはや、日本のメタゲームは白系デッキに塗りつぶされてしまっていて、昨年世界選手権優勝を含め、一大勢力であったフェアリー系のデックをみることはほとんど無くなってしまった。


どれぐらいフェアリーがすくなっているのか気になる方は、今年の日本選手権予選でのフェアリーの突破数を数えてみると面白いと思う。おそらく、想像を超えた数になるのではないだろうか。


それでは、青黒フェアリーを使っている人には正直他のデックを使って欲しい、それくらいに終わったデックなのだろうか。


青黒フェアリーを使用する中野 史樹(栃木)と、白単を使用する塚本 樹詩(神奈川)のマッチを見てみよう。

 

Game 1

2ターン目《苦花/Bitterblossom》からスタートした中野に対して、塚本は《メドウグレインの騎士/Knight of Meadowgrain》で返す。


そして、3ターン目にも続けて《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》を。ここで小考した中野だったが、コレはスルー。《平地/Plains》をサーチしてきた塚本が、セットランドからキャストした《メドウグレインの騎士/Knight of Meadowgrain》は《砕けた野望/Broken Ambitions》でカウンターする。


攻め手をゆるめない塚本。


続いて、《栄光の頌歌/Glorious Anthem》を場に追加する。


これを《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》でカウンターしようとした中野だったが、塚本は2枚の《流刑への道/Path to Exile》を使用してこれを強引に通していく。これで一気にライフを削っていった塚本。


だが、その副産物として中野は大量のマナをてにいれてしまう。


そして、そのマナからキャストされる《くぐつ師の徒党/Puppeteer Clique》。この《くぐつ師の徒党/Puppeteer Clique》が先ほどカウンターした《メドウグレインの騎士/Knight of Meadowgrain》を呼び起こし、中野に幾ばくかのライフを与える。


《くぐつ師の徒党/Puppeteer Clique》のブロックと《苦悶のねじれ/Agony Warp》の合わせ技でいったん塚本の場はまっさらに。


《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》を追加したものの、これは《変わり谷/Mutavault》でのチャンプブロックからの《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》覇権によって、時間を稼がれてしまう。


同時に、一気にふくれあがったクロックによって、塚本のライフは削りきられてしまったのだった。



中野 1-0 塚本


Game 2

1ターン目の《風立ての高地/Windbrisk Heights》セットから2ターン目に《運命の大立者/Figure of Destiny》という展開の塚本。


この《運命の大立者/Figure of Destiny》が《苦悶のねじれ/Agony Warp》で除去されると、塚本は今度は《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》を追加する。


一方の中野は、3ターン目に《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》で対抗。これで塚本の手札から《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を失わせると同時に、クロックを用意する。


塚本は《黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmane》をキャストし、ライフゲインしながら忠誠カウンターを増やす。このため、中野は《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》で《黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmane》を攻撃する。


塚本は《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》を《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》でカウンターさせると、《黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmane》の能力を使い、攻撃する。


だが、ここで《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》に《黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmane》が破壊され、《死の印/Deathmark》で《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》が除去されてしまうと、場がまっさらになってしまう。


そして、このまっさらな場を《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》と《変わり谷/Mutavault》が攻め続ける。




塚本も、《雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger》2枚で対抗しようと試みたが、《謎めいた命令/Cryptic Command》《砕けた野望/Broken Ambitions》と続けてカウンターされ、カウンターをくぐり抜けた《メドウグレインの騎士/Knight of Meadowgrain》も《苦悶のねじれ/Agony Warp》されてしまっては打つ手がないのだった。


中野 2-0 塚本


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 18:15
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック