<< Round 7:塚本 樹詩(神奈川) vs 中野 史樹(栃木) | main | Round 2:渡辺 雄也(神奈川) vs 清水 達則(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 8:和泉 輝(兵庫) vs 中村 肇(神奈川)

By Daisuke Kawasaki



記念すべき第200回のPWCも、最終戦を迎えた。


ここは、やはり優勝が決まりうるトップ卓の戦いをお届けしたい。


まず、無敗(1分)でこの席に座るのは、和泉 輝(兵庫)。


岩崎 祐輔らとともに、明日おこなわれるPTQの為に東京にやってきた遠征組であり、遠征のついでに、関東最大級トーナメントのタイトルを持って帰ってやろう、と言ったところか。


和泉は勝利すれば無条件で優勝が決定する。


地元のトーナメントで遠征者にタイトルを渡すわけには行かない、とばかりに1敗ラインから選ばれたプレイヤーは、本日フィーチャリング3回目の中村 肇(神奈川)。名実ともに「PWCの門番」だ。


果たして、西からの使者がPWC200回記念トーナメントを制することになるのか。


それとも、中村が地元の意地を見せるのか。

なお、このマッチではランダム賞として、無作為に選ばれたテーブルに商品が配られた。


その商品というのが、なんとトーメント。


というのも、PWC第50回記念大会の商品として渡されたトーメントを、受賞者が保存しており、今大会で商品として提供したということらしい。


歴史あるPWCらしいエピソードといえるだろう。



 

Game 1


後手、和泉の《運命の大立者/Figure of Destiny》がファーストアクション。


一方の中村は、《メドウグレインの騎士/Knight of Meadowgrain》から《皺だらけの主/Wizened Cenn》キャストとクロックを用意する。


この《メドウグレインの騎士/Knight of Meadowgrain》は《流刑への道/Path to Exile》で除去されてしまうが、一方で中村は《皺だらけの主》で《運命の大立者》をチャンプブロックし、相手にマナを使わせ、展開を遅らせることに成功する。


続いて、《流刑への道》の恩恵もあり、中村は《雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger》を盤面に追加する。そして、《黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmane》。


これには《幽体の行列/Spectral Procession》でトークンを稼いでいた和泉も苦笑い。中村は、全軍突撃の後に、《雲山羊のレインジャー》2枚目をキャストし、これで《運命の大立者》を相打ちにとる。


さらに中村が《幽体の行列》をキャストしたことで、まずは中村が王手をかける。


中村 1-0 和泉


Game 2


両者ともにマリガン。


後手の中村が、《運命の大立者》《メドウグレインの騎士》と盤面を追加していくが、和泉も《幽体の行列》で応戦。


イニシアチブを獲得するべく中村が《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》をさらに追加すれば、和泉は《神の怒り/Wrath of God》で盤面をリセットする。


中村は《幽体の行列》でひとまず優位を得るのだが、今度は和泉の場に《静月の騎兵》という鏡うち。


だが、ここで違ったのは、中村は《黄金のたてがみのアジャニ》をキャストした、ということだ。能力によって、《幽体の行列》のトークンは2/2になる。


和泉はこのトークンのうち、1体を《流刑への道》で除去すると、《静月の騎兵》を《黄金のたてがみのアジャニ》へと攻撃させパンプアップ、《黄金のたてがみのアジャニ》の忠誠カウンターをゼロとする。


そうして《黄金のたてがみのアジャニ》がいなくなったところで、今度は和泉の《黄金のたてがみのアジャニ》タイムだ。


《静月の騎兵》が警戒を得つつ、+1/+1カウンターを載せて中村のライフを削りにかかる。


中村は《白蘭の騎士》をキャスト、そして、秘密兵器とも言える《民兵団の誇り/Militia's Pride》。


和泉の場にはまだ《静月の騎兵》がたっているので本来の動きは期待できないものの、2/2の飛行トークンで《黄金のたてがみのアジャニ》を破壊する。


対して、和泉は《メドウグレインの騎士》をキャストし、《変わり谷/Mutavault》をクリーチャー化して、《黄金のたてがみのアジャニ》の命を代償にこれらをまとめて強化。


和泉は《幽体の行列》をキャストするが、ここでいよいよ中村の《民兵団の誇り》が火を噴く。


一気にトークンを増産し、そして《風立ての高地/Windbrisk Heights》からの《栄光の頌歌/Glorious Anthem》!


と、見せ場は作ったものの、もともと4/3の《静月の騎兵》はどうにもならない。和泉の全力のパンプアップをもって、決着は3本目に持ち越されることになった。


中村 1-1 和泉


Game 3

先手の中村は《運命の大立者》をキャストし、3ターン目にも《幽体の行列》を追加する。


対する和泉は、《風立ての高地》セットからのスタートながら、《メドウグレインの騎士》をキャストし、さらに《白蘭の騎士》で土地1枚分のアドバンテージを稼ぎ出しての、2枚目の《風立ての高地》。

ここで、中村は2/2の《運命の大立者》と3体の飛行トークンでアタック。これを和泉が《白蘭の騎士》でブロックしたところで《風立ての高地》から《皺だらけの主》をキャストし、《運命の大立者》を3/3として《白蘭の騎士》を乗り越えようともくろむ。


だが、この《皺だらけの主》には《流刑への道》。


中村は2枚目の《運命の大立者》をキャストするものの、和泉は《雲山羊のレインジャー》を追加。こうなってしまうと、2枚置かれている《風立ての高地》のプレッシャーが一気に高まる。


中村も《雲山羊のレインジャー》をキャストし、なんとか対抗しようと試みるのだが、ここで和泉は《黄金のたてがみのアジャニ》をキャスト。


警戒でアタック後に、《雲山羊のレインジャー》の能力起動と徹底的に打点を高める。


なんとか生き残れるブロックを模索した中村に対して、《風立ての高地》から登場したのが《栄光の頌歌》。


中村は自分のターンを迎え、山札の上をみると、「ありません」と和泉に告げた。


中村 1-2 和泉



 


 


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 19:09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック