<< Round 8:和泉 輝(兵庫) vs 中村 肇(神奈川) | main | Round 3:井川 良彦(東京) vs. 町田 健次(東京) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 2:渡辺 雄也(神奈川) vs 清水 達則(神奈川)

By Daisuke Kawasaki



 いまでこそ、ミスターPWCという言葉はひとつのブランドとして定着し、たとえば、今年ミスターを獲得した「スタンダードの貴族」相澤 恵司(東京)のように、宿願とするプレイヤーも多いが、その名前はもともとひとりのプレイヤーの為の作られた名前だった。

 あまりにPWCで勝利しすぎるプレイヤーがいて、そのプレイヤーがミスターと呼ばれるようになったのだ。

 その、草の根トーナメントで勝ちすぎたプレイヤーは、去年、グランプリで勝ちすぎてPlayer of The Yearを獲得してしまった。そう、もともとはミスターPWCという名前は渡辺 雄也(神奈川)の為の名前だったのだ。

 これまでに何度も繰り返されてきた話だが、しかし、ここから入らなければ、ミスターPWCという名前も、今年新設されたPWC Championshipも輝きを放たない。その後の渡辺の活躍があって、そして、今のPWCのトップブランドがあると言ってしまっても過言ではないだろう。

 というわけで、当然、この大会最初のフィーチャリングとなるRound 2では渡辺の対戦をお届けしたいと思う。
 なお、渡辺は本大会ではポイントランキングトップ16で1バイを獲得しているので、これが初戦となる。なお、本大会で1バイで参加しているプレイヤーには、あの「魔王」三原 槙仁(千葉)のふたりの姿もみえる。「たまたま権利獲得しちゃったんでやってきましたよ」との事だ。

 偶然にもこのふたりは、(当時の)プロプレイヤーの参加がほとんど無かったThe Finals2008に参加したたったふたりのプロプレイヤーである。

 マジックを愛しているプレイヤーと言えば、筆者はハッピーの齋藤、博愛の三田村、ストイシズムの高橋など、様々なプレイヤーの顔を思い浮かべるが、このふたりのマジックの愛し方と愛され方には、なにか一種異様なものを感じざるを得ない。これが、魔界の王であり、PWCのミスターであるということなのだろう。

 渡辺が使用するデッキは、先日のプロツアー・サンディエゴで注目を集めた青白コントロール。

 対する「今年最初のPWCでフィーチャリングされちゃいましたよー」という清水 達則(神奈川)の使用するのは、スタンダードの王者、ジャンド。

 プロツアーでは、ジャンドの勝利となったマッチアップ。この神奈川の地ではどのような結果がでるのだろうか?



Game 1


 先手は渡辺。《瞬間凍結》《取り消し》に2枚の《精神を刻む者、ジェイス》、そして土地3枚という手札をキープ。対する清水はマリガンする。

 渡辺が《天界の列柱》、清水が《溶岩爪の辺境》とそれぞれクリーチャー化する土地を並べた上で、渡辺は2ターン目にキッカー×1で《永遠溢れの杯》をキャスト。その返しに清水は《朽ちゆくヒル》をキャストする。

 この《朽ちゆくヒル》《瞬間凍結》され、返しで渡辺は《精神を刻む者、ジェイス》をキャスト。+2能力で山札のトップの《取り消し》を確認し、それを下に送りつつ、《精神を刻む者、ジェイス》の忠誠カウンターの数を5とする。

 ここで渡辺のもくろみ通り、清水は《荒廃稲妻》を打ち込み、ダメージを《精神を刻む者、ジェイス》へと振り分ける。《取り消し》《忘却の輪》とディスカードして、《精神を刻む者、ジェイス》の忠誠カウンターは2。

 渡辺は《精神を刻む者、ジェイス》のゼロ能力を起動し、手札の2枚目の《精神を刻む者、ジェイス》を山札に隠しつつ、土地を手に入れ、6マナ目。一方、セットランドで5マナ目の清水は《血編み髪のエルフ》をキャスト、この続唱でめくられた《大渦の脈動》を見て、小考する。



渡辺 「手札は何枚ですか?」

 清水の手札は4枚。ここで、《本質の散乱》《取り消し》を手札に残している渡辺は、両方に対処することは可能だが、今後の展開へと対処できるかどうかを考える。

 結果、渡辺は、《血編み髪のエルフ》《大渦の脈動》の両方をカウンター。そして、《精神を刻む者、ジェイス》の能力を使うと、そこに見えたのは《思考の泉》

 X=5でキャストし、手札を潤沢にした渡辺に対して、清水はプレッシャーとして《朽ちゆくヒル》を追加し、《稲妻》《精神を刻む者、ジェイス》を除去する。

 だが、前述の様に、初手から渡辺の手札には2枚目の《精神を刻む者、ジェイス》があった。だが、《思考の泉》は渡辺に《遍歴の騎士、エルズペス》をも与えていた。

 ここで《ハリマーの深み》をセットし、今後手札に入るカードを確認すると、渡辺は《遍歴の騎士、エルズペス》をキャスト。そして、兵士トークンを生み出してターンを終了する。

 清水は、《溶岩爪の辺境》《朽ちゆくヒル》でアタック。兵士トークンが《朽ちゆくヒル》をチャンプブロックし、《溶岩爪の辺境》が1点パンプアップしたことで、《遍歴の騎士、エルズペス》の忠誠カウンターの数は2。

 返すターンで兵士トークンを生み出した後に、すでに確認している山札をフェッチランドでリシャッフルし、満を持して《精神を刻む者、ジェイス》をキャスト。そして、ここで手に入れた3枚の中に《宝探し》があったため、土地を2枚山札に戻し、《宝探し》キャストという、このデッキの代表的なコンボを決める。

 常に手札が7枚といっていい状態の渡辺。清水はとりあえず《精神を刻む者、ジェイス》に対処しなければならないため、まず《血編み髪のエルフ》をキャスト。そして続唱でめくれた《荒廃稲妻》のダメージを《精神を刻む者、ジェイス》に向けようとする。

 だが、これは《瞬間凍結》。そして、2体のアタックは《血編み髪のエルフ》は兵士にチャンプされ、《朽ちゆくヒル》《流刑への道》されてしまったことで、《精神を刻む者、ジェイス》には届かない。

 続いて、2枚目の《宝探し》をキャストした渡辺。もはや、絶望的な手札枚数の、そしてマナの差がついている。そしてなにより、ここまでに清水が削った渡辺のライフはゼロなのだ。渡辺は自身のフェッチランドからしかダメージを受けていない。

 《精神を刻む者、ジェイス》の能力が手札の枚数・質での差を広げ、《永遠溢れの杯》がマナ差をさらに広げる。《地盤の際》がクリーチャー化する土地すら許さず、兵士トークンによって、清水の攻撃は渡辺はおろか、プレインズウォーカーにすら届かない。

 十分にマナを蓄えた渡辺は、《天界の列柱》でのアタックを開始する。そして、清水がキャストした《芽吹くトリナクス》《精神を刻む者、ジェイス》で戻されると、渡辺は、X=12で《軍部政変》をキャストする。この時点で清水のライフは15。渡辺は追加で兵士を追加する。

 渡辺は、清水がキャストしてきた2体の《芽吹くトリナクス》《忘却の輪》《精神を刻む者、ジェイス》の能力で丁寧に処理すると、すべての兵士と列柱をレッドゾーンに力強くおくりこんだ。

渡辺 1-0 清水

Game 2


 先手は清水。

 2ターン続けて《怒り狂う山峡》をセットする清水に対して、渡辺は《コーの火歩き》をキャスト。清水は3ターン目にアクションを起こせない。

 清水のファーストアクションは、キッカーでの《ゴブリンの廃墟飛ばし》。これは渡辺に1点のライフを与えた上で《取り消し》で墓地へと。

 返すターンで、渡辺はフルタップでの《精神を刻む者、ジェイス》をキャスト。この《精神を刻む者、ジェイス》の能力で確認された清水のトップが《マラキールの血魔女》であり、これは山札の下へと送り込まれる。

 クロックを持たず、さらに、忠誠カウンターが5の《精神を刻む者、ジェイス》にはまったく手が出ない清水。《芽吹くトリナクス》をキャストしてターンを返す。

 渡辺は《精神を刻む者、ジェイス》のゼロ能力→《宝探し》というこのマッチだけでも4回目のコンボを決め、十分な手札の量をバックにターンを返す。

 清水は、《怒り狂う山峡》《芽吹くトリナクス》《精神を刻む者、ジェイス》へとアタック。《怒り狂う山峡》《コーの火歩き》にブロックされ、《芽吹くトリナクス》《流刑への道》される。この《精神を刻む者、ジェイス》の堅さが、この青白コントロールの持ち味といっていい。

 渡辺は、六枚目の土地をおいた所で、《永遠溢れの杯》をキッカー×2でキャストし、マナ差を広げ始める。これには清水も「きつい」と一言漏らす。

 さらに、十分すぎる枚数の手札を持っている渡辺は、いよいよ《精神を刻む者、ジェイス》の+2能力を中心に使用し始める。《コーの火歩き》とカウンター・除去を前に、まったく《精神を刻む者、ジェイス》を攻められない清水。

 ついに《精神を刻む者、ジェイス》の忠誠カウンターの数は9へと。《悪斬の天使》《大渦の脈動》で対処した清水だが、根本的に《精神を刻む者、ジェイス》がどうにもならない。

 渡辺は《精神を刻む者、ジェイス》の忠誠カウンターの数を11にし、そして2体目の《悪斬の天使》をキャストする。ここで渡辺の手札には、《本質の散乱》1枚に、《瞬間凍結》2枚と十分すぎるカウンターが握られている。

 どちらかに対処するだけでも困難なパーマネントと、カウンター量。その状況で、両方に対処しなければならない、というだけでもそれは無理な話だ。

 渡辺が、《精神を刻む者、ジェイス》から忠誠カウンターを12個取り除くと、清水のライブラリーは1枚になった。

 そして、その1枚は、清水のよく知っている《沼》だった。



渡辺 2-0 清水

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 13:27
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links