<< Round 3:井川 良彦(東京) vs. 町田 健次(東京) | main | Round 5:相澤 恵司(東京) vs. 中村 肇(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 4:相澤 恵司(東京) vs. 砂田 翔吾(神奈川)

By Daisuke Kawasaki



 PWC Championshipでは、PWC優勝者とポイントレース上位16人までに累積する1バイが、そして、ポイントレーストップ8には3バイが与えられている。

 つまり、今年のポイントレースでトップの『ミスターPWC』が登場するのも、この3バイが明けたこのRound 4から対戦がスタートすることとなる。

 ところで、今年の『ミスターPWC』は誰だろうか?

 ご存じ、ないのですか?
 今年の『ミスターPWC』こそが、渡辺 雄也ファイナルス準優勝・GP京都優勝のデックビルダーとしてチャンスをつかみ、スターの座を駆け上がっている超「スタンダードの貴族」アッカちゃん、こと相澤 恵司(東京)です!

相澤 「正直、ナベ(渡辺)・KAKAO(中村)にはまだ勝てるとは思わないんですけど、彼らがプロとして忙しくなって草の根へ出にくくなったから、取れた感じですね」

 とはいえ、彼が何年間も求め続けてきた『ミスターPWC』の称号を獲得したことを、ここでは素直に賞賛しておこうではないか。

 だが、それもこのPWC Championshipが終わるまでだ。

 今回『ミスターPWC』になった相澤に、これまでの『ミスターPWC』である渡辺・中村のふたりには、この第1回PWC Championshipでこそ、好成績を残して欲しいではないか。そしてここで彼らが結果を残せなければ、今後なんと言われようと、仕方ないではないか。それがPWCの看板を背負うということだ。

 というわけで、わざわざつっこむのも面倒臭い出で立ちで席に座る相澤。使用するのは『エルフ貴族』にふさわしく、現代のエルフデッキといえる《血編み髪のエルフ》デッキこと、続唱ジャンド。

 対するのは、砂田 翔吾(神奈川)。あの浅原 晃(神奈川)をして「同じ大学に行っていないのに、大学の後輩の臭いがする」と言わせるほどの逸材であり、古淵カメレオンクラブの最終兵器であり、末席だ。

 使用するデックは今や大流行のナヤデック。果たして、相澤は古淵カメクラの闇に飲み込まれることなく、PWC Championshipの初戦を勝利で飾ることができるのだろうか?




Game 1

 先手の砂田はトリプルマリガン。一方の相澤はマリガン1回。

 砂田は《広漠なる変幻地》から、《森》をサーチ、対する相澤は《怒り狂う山峡》のセットからスタート。

砂田 「《荒廃稲妻》食らったら死ぬかも…」

相澤 「そうそう都合良くはいかないよ」

 とはいえ、ここまでの展開だけでも十分に都合がいい。これこそ、貴族のマジック。そんな話はともかく、相澤は《巨森、オラン=リーフ》をセットしてターンを返す。相澤のターンエンドに砂田はフェッチを起動して《平地》をサーチする。

 ここまで土地中心の動きだった砂田だが、この3ターン目には《石鍛冶の神秘家》をキャストし、《バジリスクの首輪》をサーチ。そしてこれをキャストしてターンを終了する。

 3ターン目になおも動きのない、相澤。砂田は《バジリスクの首輪》《石鍛冶の神秘家》に装備させてアタックすると、トップデックした《野生のナカティル》をキャストする。

 この《野生のナカティル》はターンエンドに《稲妻》で除去され、さらに相澤はメインターンに《血編み髪のエルフ》をキャストする。この続唱が《芽吹くトリナクス》を戦場に降臨させ、《石鍛冶の神秘家》で一度詰まったアドバンテージ差を、取り戻す。

 砂田は《エメリアの天使》をキャストするが、これも改めて《稲妻》《血編み髪のエルフ》《石鍛冶の神秘家》が接死によって相打ちに持ち込んだものの、《芽吹くトリナクス》が止まらない。砂田は《ゴブリンの奇襲隊》をキャストし、《バジリスクの首輪》を装備させてターンを終了する。

砂田 「相手が黒マナ事故ってるのが幸いだけど…」

 確かにこの時点で相澤は黒マナがないのだが、一方の砂田はそもそもの手札がない。だが、ここで砂田《聖遺の騎士》をトップデック。これをキャストして、《バジリスクの首輪》を付け替える。

 ここで貴族の貴族たる所以を見せつける相澤。見事黒マナをセットし、《大渦の脈動》《聖遺の騎士》に打ち込む。

 砂田は《遍歴の騎士、エルズペス》のトップで粘る。相澤は《稲妻》《荒廃稲妻》でこれをしのぐが、次第に手札の枚数の差は詰まりつつあり、絆魂でライフ差は思ったより開かない。そして、砂田は《ビヒモスの大鎚》でむしろライフレースを巻き返そうとする。

 《ビヒモスの大鎚》こそ、《大渦の脈動》で対処した相澤だったが、虎の子の《芽吹くトリナクス》《流刑への道》で処理され、《活発な野生林》もあわせてクロックを刻まれ初めて、ライフは13。一方の砂田は《ゴブリンの奇襲隊》に装備された《バジリスクの首輪》のおかげで8。

 ここで2体目の《芽吹くトリナクス》をキャストし、《巨森、オラン=リーフ》の能力で4/4とした相澤。この《芽吹くトリナクス》《ゴブリンの奇襲隊》と相打ちしたことで、一気に2/2トークン3体を手に入れる。

 そして、この大量のトークンを活用するために、相澤は秘密兵器である《魂の汚染者》をキャストする。

 続くターンに《血編み髪のエルフ》から《荒廃稲妻》がめくれたことで、トリプルマリガンから健闘したものの、砂田は貴族に屈する。

相澤 1-0 砂田

Game 2

 今度はマリガン無しの砂田。2ターン目に《石鍛冶の神秘家》をキャストし、《バジリスクの首輪》をサーチする。

 3ターン目に土地こそ止まってしまったものの、《バジリスクの首輪》《野生のナカティル》と並べ、戦線の構築には成功する。その間に、相澤は《不屈の自然》をキャストし、マナベースを整えていく。

 なおも土地を追加していけない砂田。手札では2枚の《聖遺の騎士》がうなっており、一刻も早く3マナ域にたどり突きたい所。《貴族の教主》をキャストするが、これは《瀝青破》

 この《瀝青破》で続唱された《芽吹くトリナクス》《天界の粛清》した砂田だが、やっぱり3マナ域にたどり着けない。マナを使うのに忙しくて、《バジリスクの首輪》の装備コストを支払う暇すらない有様だ。

 それでもクロックで優位の砂田。じわじわとダメージを積み重ねているものの、相澤のキャストした《包囲攻撃の司令官》を見て、深くため息をつく。この《包囲攻撃の司令官》《流刑への道》できるが、これによって、砂田の手札にはキャストできるカードが1枚も無くなってしまうからだ。

砂田 「そろそろ3枚目のランドがないとねぇ」

 相澤が《マラキールの血魔女》をキャストした返しに引いたのは、タップインの《活発な野生林》。砂田は《野生のナカティル》(《山》しかないので2/2)に《バジリスクの首輪》を装備させアタック、ゴブリントークン2体と相打ちさせる。

 相澤は《マラキールの血魔女》《怒り狂う山峡》を戦場に送り込み、ここで砂田のライフは12に。相澤は《野生の狩りの達人》をキャストし、これは《ナヤの魔除け》で除去する。

 相澤は、有り余るマナで《怒り狂う山峡》へと8マナ注ぎ込んで能力を2回起動、攻撃時に載せられる+1/+1カウンターを2倍にしてアタック。これを《石鍛冶の神秘家》でチャンプブロックしなければならなくなった時点で砂田は完全に盤面で押され返してしまう。

 《野生のナカティル》《硬鎧の群れ》と追加した砂田だが、《野生のナカティル》《大渦の脈動》されてしまうと、砂田は何を引いても勝てない、貴族の舞踏会に招待されてしまったのだった。

相澤 2-0 砂田




スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 15:12
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links