<< Round 4:相澤 恵司(東京) vs. 砂田 翔吾(神奈川) | main | Round 5:富井 翼(東京) vs. 佐藤 義一(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 5:相澤 恵司(東京) vs. 中村 肇(神奈川)

By Daisuke Kawasaki



 先ほどのRound 4では散々歴代『ミスターPWC』のことを煽ったのだが、さすがというか、現時点では三人とも全勝ラインで並んでいる。

 というわけで、本来のフィーチャリングマッチと別に、今回は、相澤 恵司(東京)と中村 肇(神奈川)によるミスター対決であり、ジャンド対決のマッチアップをお届けしよう。

 果たして、中村が、先代の貫禄を見せつけるのか、それとも相澤がPWCの新時代の訪れを見せつけるのか。
Game 1



 先手の相澤が、2ターン連続の《荒廃稲妻》を打ち込むが、対する中村も《芽吹くトリナクス》、そして《血編み髪のエルフ》という順調な流れ。だが、ここで《血編み髪のエルフ》からめくれたのはアドバンテージにはつながらない《稲妻》

 返しで相澤がキャストした《芽吹くトリナクス》《血編み髪のエルフ》と相打つのだが、中村に《荒廃稲妻》をキャストされた相澤は、これでライフが5になってしまう。

 相澤は、苗木トークンを大事に使いつつ、《バジリスクの首輪》をキャスト。そして、中村のドロー後に《芽吹くトリナクス》へと《瀝青破》

 この《瀝青破》《血編み髪のエルフ》がめくれ、さらなる続唱によって《荒廃稲妻》がキャストされる。ここで中村の手札は、《血編み髪のエルフ》《瀝青破》の2枚。

 中村は、《瀝青破》を残されたトークンに向かってキャストすると、この続唱がまたも《血編み髪のエルフ》、そして《荒廃稲妻》

 ギャラリーからは、「なんだこいつら」という声が聞こえるが、これがミスターPWCなのだ。

 だが、こうなってくると、《バジリスクの首輪》がある相澤に分がある。《怒り狂う山峡》を起動し、《バジリスクの首輪》を装備させ、ライフを4点まで回復させた。中村は、ドローして、ターンエンド。

 ここで、相澤は、2回目の《怒り狂う山峡》での《バジリスクの首輪》装備でのアタックを行おうとする。これが決まればゲームは決定的だ。

 だが、中村が引いていたのは《瀝青破》だった。

 ここで続唱された《朽ちゆくヒル》によって、ライフが無い事を確認すると、相澤は、まずは先代に1勝を捧げた。




中村 1-0 相澤

 やはりサイドボーディング中の話題も、先ほどの《瀝青破》《血編み髪のエルフ》《荒廃稲妻》の、アラーラブロック最狂コンボ撃ち合いの話になる。

相澤 「ちなみに、《瀝青破》から《血編み髪のエルフ》経由で《荒廃稲妻》までつながったのは人生2度目です」

中村 「そう?俺、PT中だけでも5回くらいあったよ」

相澤 「まだまだKAKAOの壁は厚いか…」

Game 2



 先手の相澤は2ターン目の《不屈の自然》から、3ターン目にキッカー込みの《ゴブリンの廃墟飛ばし》と一気にマナ差を拡大させていく。

 《ゴブリンの廃墟飛ばし》のダメージこそ《終止》で防いだものの、相澤は《巨森、オラン=リーフ》付きの《芽吹くトリナクス》をキャスト。鏡うちで《芽吹くトリナクス》をキャストした中村だが、サイズで劣る。

 このサイズで劣る《芽吹くトリナクス》を一度チャンプブロックし、トークンへと分解した中村だが、ここでかなり最悪の《魂の汚染者》がキャストされてしまい、トークンを1体失う。

 《魂の汚染者》《大渦の脈動》で除去したが、結果、《野生の狩りの達人》への除去が足りない。

 《芽吹くトリナクス》をキャストし、さらに、続くトップデックの《血編み髪のエルフ》の続唱で《芽吹くトリナクス》をキャストすることに成功し、盤面にカードを並べていく中村なのだが、しかし、相澤の戦場に送り込まれ続ける狼トークンはすべて+1/+1カウンター付きなのだ。

 緩やかに盤面を操作されていき、中村は、土地を片付けた。

中村 1-1 相澤

Game 3

 後手の相澤がマリガン。

相澤 「マリガンは、そのまま《荒廃稲妻》が勝ち手段につながっちゃうからキツイんだよなぁ」

 そんな相澤の事情にお構いなく、中村は3ターン目に《芽吹くトリナクス》をキャストする。対して相澤は《不屈の自然》《山》をサーチする。




 ここで中村は手札に《ゴブリンの廃墟飛ばし》を持っているのだが、アンタップインする土地を持っていない。そして、それによって、相澤の《ゴブリンの廃墟飛ばし》が間に合ってしまう。

 続くターンにもタップインの土地を引いた中村は、ライフで優位になるプランに切り替え、《ゴブリンの廃墟飛ばし》をキッカー無しでキャストし、《芽吹くトリナクス》とともにレッドゾーンへと送り込む。

 ここで、相澤はは《ゴブリンの廃墟飛ばし》を2連打。だが、やっと中村もアンタップインする土地である《山》を引き当て、4マナに到達。《血編み髪のエルフ》をキャストする。

 ここで続唱された《終止》は相澤の《ゴブリンの廃墟飛ばし》を除去し、結果、相澤のブロッカーを1体減らしつつアタッカーを増やすというライフを狙うプランとしては最上の動きを見せる。

 相澤、3体目の《ゴブリンの廃墟飛ばし》

 なかなかマナが揃わない中村と、ライフが危険水域に突入した相澤。

 ふたりのミスターが接戦を繰り広げているうちに、隣の席の渡辺はゲームを勝利し、ふたりの戦いを見る。

 ついに中村のセットランドがストップし、相澤は《包囲攻撃の司令官》をキャストする。トークンが1体チャンプブロックしながら中村のライフを削ると、相澤は《血編み髪のエルフ》をキャスト。この《血編み髪のエルフ》は5/4になりながら中村の手札から2枚の《若き群れのドラゴン》を奪い、中村の手札は1枚に。

 だが、中村はここで土地を引き、最後に残した1枚のカード、《包囲攻撃の司令官》をキャストする事に成功する。

 この《包囲攻撃の司令官》へとトークンの2点ダメージを飛ばさなければならなくなってしまったことと、トークンによって頭数が増え、プランが大きく崩れた相澤。ここで場を整理すると、相澤は、5/4の《血編み髪のエルフ》《芽吹くトリナクス》《包囲攻撃の司令官》をコントロールし、一方の中村は《芽吹くトリナクス》と、苗木トークン・ゴブリントークンをそれぞれ3体ずつコントロールしている。

 ライフは、中村が11で、相澤が9。

 互いにドローゴーを繰り返す中、中村が動く。

 自身の《芽吹くトリナクス》へと、《瀝青破》をキャストしたのだ。

 この続唱が、《血編み髪のエルフ》、そして《芽吹くトリナクス》とつながった事で、中村のコントロールするクリーチャーは一気に増えた。

 少なくとも、歴代ミスターに下克上するには、相澤のトップデックはまだまだ弱かった。

中村 2-1 相澤

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 16:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links