<< Round 5:富井 翼(東京) vs. 佐藤 義一(神奈川) | main | Round 7:仙波 恒太郎(千葉) vs. 鈴木 明由(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 6:清水 直樹(東京) vs. 真貝さら(神奈川)

By Daisuke Kawasaki



 トップ卓はかなりカオスな状況になっているが、このラウンドでは、2敗ラインから、もっとカオスなプレイヤーをフィーチャリングしよう。

清水 「Be Ambitious!!」

 といいながら、デッキを対戦相手に渡すのはプロツアー・オースティントップ8の清水 直樹(東京)

真貝 「わたし…もう、このマッチいやになってきてるんですけど…」
 清水と対戦するのは「smky」こと真貝 さら(神奈川)。日本選手権出場経験もあり、PWCでは常連として知られる女性デュエリストだ。

 真貝が使用するのは、やはり今回数の多いナヤデック。

 対する清水のデッキは、さすがはAmbitiousな『天翔龍閃』だ。

 果たして、清水がプロツアートップ8プレイヤーであり、デッキ構築劇場劇場主としての実力を見せつけるのか、それとも、さまざまな清水からの攻勢をはねのけ、真貝が勝利を手にするのか?

Game 1

 先手の真貝は、マリガンから、1ターン目《広漠なる変幻地》《森》をサーチする。そして、2ターン目に…土地をおけずに《貴族の教主》をキャストする。

 対して、清水は2ターン目に《クァーサルの群れ魔道士》をキャストする。真貝は《石鍛冶の神秘家》《ビヒモスの大鎚》をサーチしてターン終了。清水はここで容赦なく《バントの魔除け》《貴族の教主》を除去する。

 真貝は《野生のナカティル》を追加するが、清水が《遍歴の騎士、エルズペス》をキャストし、毎ターン《クァーサルの群れ魔道士》を強化してくるのを見て、1枚しかない土地を片付けた。




清水 1-0 真貝

Game 2

 後手の清水は、マリガンながらも、1ターン目の《貴族の教主》から2ターン目《聖遺の騎士》というスタート。

 対する真貝は、《根縛りの岩山》セットから2ターン目《野生のナカティル》という鈍い立ち上がりを見せる。《セジーリのステップ》でプロテクション緑を《野生のナカティル》に与え、2点のダメージを清水に与えた末に、《石鍛冶の神秘家》《バジリスクの首輪》をサーチする真貝。



 対して、清水は3ターン目の《精神を刻む者、ジェイス》。ここでゼロ能力を起動する。

 このままでは《精神を刻む者、ジェイス》で圧倒的なアドバンテージ差が発生してしまう。だが、ここで真貝は《血編み髪のエルフ》をキャストするための赤マナと緑マナを同時に用意できない。仕方なく《狡猾な火花魔道士》をキャストし、そして《バジリスクの首輪》をキャストする。

 《狡猾な火花魔道士》《貴族の教主》を除去し、そして翌ターンに接死砲台による接死し放題が完成することとなる。だが、清水は《バジリスクの首輪》の装備にスタックして《流刑への道》を打ち込むことに成功する。

 真貝は《石鍛冶の神秘家》《バジリスクの首輪》を装備し直して、アタックするが、これはブロック後に《セジーリのステップ》をサーチし、プロテクション白をつけた《聖遺の騎士》に一方的に打ち倒されてしまう。清水はさらに《野生の狩りの達人》を追加。

 《流刑への道》によって、待望の緑マナを手に入れた真貝は、《血編み髪のエルフ》をキャスト。この《血編み髪のエルフ》で続唱されたのが《忘却の輪》だったのだが、この能力は2枚目の《セジーリのステップ》で対処される。

 真貝は《野生のナカティル》《血編み髪のエルフ》《精神を刻む者、ジェイス》へとアタック。《野生のナカティル》《野生の狩りの達人》と相打ち、《血編み髪のエルフ》《精神を刻む者、ジェイス》の忠誠カウンターを1つにする。

 だが、このマナもブロッカーもいなくなったタイミングで、清水は《最高の時》をキャストする。そして、7/7の《聖遺の騎士》がアタックし、賛美で8/8に、そして、2回目のアタックで9/9となり、真貝のライフを3とした。

 真貝は《血編み髪のエルフ》《バジリスクの首輪》を装備させてターンを返すのだが、今度は《精神を刻む者、ジェイス》の-1能力がこの《血編み髪のエルフ》を手札に戻し、そして《活発な野生林》とのアタックが、残る3点のライフを削り切ったのだった。

清水 2-0 真貝



スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 16:59
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック