<< Round 7:仙波 恒太郎(千葉) vs. 鈴木 明由(神奈川) | main | 準々決勝:相澤 恵司(東京) vs. 仙波 恒太郎(千葉) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 8:相澤 恵司(東京) vs. 本田 隆太(神奈川)



相澤 「前もこのマッチでフィーチャリングありましたね」

本田 「ちょうど1年前のPWCじゃない?」

Round 4:本田 隆太(神奈川) vs 相澤 恵司(東京)
 2年前のPWC Finalsの時には、相澤がいかにミスターPWCに執着し、渡辺を勝たせたくないと思っているかを伝えた。

 そして、1年前の、本田戦では、相澤がPWCポイントランキングで、渡辺・中村に次ぐ3位であることをお伝えした。

 そして、今年のPWC Championshipでは、相澤がミスターになった事をお伝えしている。

 だが、今年のミスターは、相澤自身も言うように、渡辺・中村が海外遠征を繰り返し、PWCへの参加回数が減っていった中でのミスターである。

 だからこそ、渡辺も中村もいる、このPWC Championshipでこそ、勝たなければならない。

 そして、そのためには、まず、トップ8進出がかかったこのマッチを勝たなければならない。

Game 1



 先手は相澤。

 2ターン目に《不屈の自然》、3ターン目に《芽吹くトリナクス》と動く相澤に対して、本田は、タップインランドを3枚連続でセットし、3ターン目に《朽ちゆくヒル》をキャスト。

 この《朽ちゆくヒル》《大渦の脈動》で除去しながらアタックする相澤。対して、本田は手札に《血編み髪のエルフ》を持ちながらも、土地が3枚でストップ。土地の代わりにトップデックした《芽吹くトリナクス》をキャストする。

 ここで相澤は《血編み髪のエルフ》をキャストする。続唱こそ《不屈の自然》だったものの、ここでこれ以上マナ域が広がってしまっては、ジャンド同型では負けたも同然だ。本田は、力強くカードをドローするが、しかし、土地はひけない。トップデックした《荒廃稲妻》をキャストする。《芽吹くトリナクス》を相打ち、苗木の処理のしあいに持ち込みたい本田だったのだが、相澤は《包囲攻撃の司令官》をキャスト仕返してくる。

 ここでやっと4枚目の土地にアクセスできた本田だったが、《血編み髪のエルフ》よりも優先して、まずはゴブリントークンに《大渦の脈動》をキャストする。

 相澤は《包囲攻撃の司令官》と苗木2体でアタックし、本田のライフは7。そして《荒廃稲妻》によって、ライフは4。

 本田の《血編み髪のエルフ》は続唱で《終止》を呼び込むが、相澤の続く手は、2枚目の《包囲攻撃の司令官》なのだった。

相澤 1-0 本田

Game 2

 相澤は、後手でマリガンしてしまったものの、3ターン目に《荒廃稲妻》をキャストし、後手分の損失を補填する。

 対する本田のファーストアクションは、4ターン目のキッカー付きの《ゴブリンの廃墟飛ばし》。そして、5ターン目にも《ゴブリンの廃墟飛ばし》を続ける。

 本田も土地が4枚でストップしているものの、続いて《血編み髪のエルフ》から《芽吹くトリナクス》続唱と順調な展開を見せる。

 これに対抗するべく、やっとたどりついた4マナ域での《血編み髪のエルフ》《バジリスクの首輪》しか続唱しなかったことで、相澤は、続くゲームに決勝進出をかけることにした。

相澤 1-1 本田

Game 3



 後手の本田はマリガンし、土地が4枚と《大渦の脈動》《血編み髪のエルフ》の手札をキープする。

 本田は《野蛮な地》に、《怒り狂う山峡》2枚をセット。一方の相澤は4ターン目の《ゴブリンの廃墟飛ばし》がファーストアクション。

 本田は、《野蛮な地》を墓地に送ろうとする。ここで相澤が、ふと気がつき、そして、声を上げる。

相澤 「PTでみたぞ、この場面!

 相澤は改めて本田がマリガンをしている事を確認すると、《野蛮な地》を選択。ここから生み出された赤マナが《ゴブリンの廃墟飛ばし》《稲妻》で焼く。

 そして、相澤は《思考の大出血》《血編み髪のエルフ》を宣言。初手から《血編み髪のエルフ》を持っていた本田は、3点のダメージを受けつつ、自身の手札最大の切札を失うこととなる。

 本田は、《ゴブリンの廃墟飛ばし》をキッカーでキャストしてターンを返す。相澤は《血編み髪のエルフ》をキャスト、この続唱が《ゴブリンの廃墟飛ばし》分のマナ差を埋め返す《不屈の自然》

 相澤はさらに2枚目の《血編み髪のエルフ》《大渦の脈動》を続唱し、ブロッカーとなる《ゴブリンの廃墟飛ばし》を除去し、本田のライフを7とする。

 だが、本田はここで《若き群れのドラゴン》

 このドラゴントークンに《瀝青破》をキャストするのだが、続唱されるのは、《不屈の自然》。さらに2体の《血編み髪のエルフ》《大渦の脈動》で除去されてしまう。

 実はこの時、相澤の手札には、《魂の汚染者》があり、《瀝青破》をトークンではなく《若き群れのドラゴン》の方に撃っていれば、すでに勝負に勝っていた。むしろ、そのための囮として《血編み髪のエルフ》を並べ、《大渦の脈動》を使わせていた節はあるのだが、《瀝青破》を撃った瞬間だけ、スッポリわすれて手なりでトークンに《瀝青破》を撃ってしまったようだ。

 言うならば、うっかりのミスだが、だが、うっかりミスが少ないのも、プロプレイヤーである。

 相澤は、ここで《包囲攻撃の司令官》を赤マナ含む2マナを残してキャストする。ターンがかえってくれば勝利なのだが、しかし、本田は《稲妻》をトップデックし、ライフを5にしながらも、九死に一生を得る。

 相澤は、《野生の狩りの達人》《芽吹くトリナクス》を並べて、ターンを返すが、本田は2枚目の《稲妻》をトップデックし、ゲームを伸ばす。

 だが、相澤は、続くターンのドローを見て、一言つぶやく。

相澤 「……クソだな…これ」

 相澤のトップは、《瀝青破》

相澤 2-1 本田

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 19:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック