<< Round 8:相澤 恵司(東京) vs. 本田 隆太(神奈川) | main | 準決勝:仙波 恒太郎(千葉) vs. 田代 勇人(埼玉) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


準々決勝:相澤 恵司(東京) vs. 仙波 恒太郎(千葉)

By Daisuke Kawasaki



 渡辺がトップ8に残れず、一方で、中村と相澤がトップ8に進出する形になった。

 マッチアップ的には、中村と相澤があたるのは決勝戦だ。PWCシーズン最終戦での恒例となっている、先代ミスターとの対戦、それがこのPWC Championshipの決勝戦で行われるのならば、相澤にとって、それほど幸福なことは無いだろうし、それで勝ってこそ新しいミスターだ。

 だが、まずはこの準々決勝で勝利しなければならない。

 準々決勝の対戦相手は、本大会で何故か開催されているコスプレ大会のフィクサーであり、日本選手権トップ8経験もある仙波 恒太郎(千葉)である。

Game 1



 先手の仙波は、1ターン目に《硬鎧の群れ》、2ターン目には《貴族の教主》をキャストし、賛美あわせて2点のダメージを相澤に。

 一方の相澤は、2ターン続けてフェッチを起動し、《森》《沼》と揃えた上での《不屈の自然》キャストで《山》をサーチし、マナを十分に揃える。

 早くもマナフラッド気味の仙波。3ターン目に4マナあるにも関わらず、《硬鎧の群れ》でのアタックのみでターンを返す。そして、相澤のキャストした《野生の狩りの達人》《稲妻》で除去すると、手札は全部土地のみ。

 だが、ここで仙波は《復讐のアジャニ》をトップデックする。この《復讐のアジャニ》をキャストすると、相澤の1枚しかない《山》にアンタップ禁止を言い渡す。相澤は《竜髑髏の山頂》をセットし、赤マナを確保したものの、ターンエンド。

 仙波は《硬鎧の群れ》でアタックし、相澤のライフは9。さらに《復讐のアジャニ》で引き続き山のアンタップを禁止すると、《硬鎧の群れ》のトリガーとなる5枚目の土地をおいてターンを返す。

 相澤は、6枚目の土地をおいて、やっと5マナ確保し、《瀝青破》《硬鎧の群れ》に。この続唱で《芽吹くトリナクス》がめくれる。

 しかし、ここでも仙波はトップが強い。今度は《イーオスのレインジャー》をトップデックし、《野生のナカティル》を2枚サーチし、両方とも展開していく。《山》が無いため、《野生のナカティル》は2/2なものの、ライフを詰められている相澤にとって、決して楽ではない展開となってしまう。

 相澤は《包囲攻撃の司令官》をキャストするが、これは《復讐のアジャニ》の忠誠カウンター2個と引き替えに墓地に送り込まれ、さらに仙波は《セジーリのステップ》《イーオスのレインジャー》にプロテクション赤を付与すると、賛美含めた4点のアタックで相澤のライフを5点にする。

 返しで相澤は《大渦の脈動》《野生のナカティル》にキャストし、ブロッカーを退けた上で、トークン3体と《芽吹くトリナクス》《復讐のアジャニ》へと向ける。《芽吹くトリナクス》《貴族の教主》にチャンプブロックされ、《復讐のアジャニ》の忠誠カウンターは残り1。

 久々にスペルを引いた仙波。引いたカードは《大貂皮鹿》で、仙波は《復讐のアジャニ》によって、《芽吹くトリナクス》をアンタップさせなくした上で、《大貂皮鹿》をキャストしてターンを返す。

 だが、相澤は《稲妻》《大貂皮鹿》に。これで相澤はゴブリントークン1体の犠牲と引き替えに、やっと《復讐のアジャニ》を退場させることに成功する。

 盤面的には相澤が有利だが、いかんせん、相澤のライフは5という予断を許さない状態。仙波が《野生のナカティル》をキャストした返しのターンに、相澤は賭けとばかりに《魂の汚染者》をキャストする。

 仙波のコントロールするクリーチャーは、《イーオスのレインジャー》《野生のナカティル》の2体。《野生のナカティル》を生贄に捧げ、ドローしたカードがなんと《悪斬の天使》

 《魂の汚染者》がデーモンであり、除去を引けなかったことで、相澤は続くゲームに勝負をかけることにする。

仙波 1-0 相澤

Game 2

 後手の仙波はダブルマリガンながら、1ターン目《野生のナカティル》という好調な展開。

 だが、相澤も、2ターン目《不屈の自然》からの3ターン目《野生の狩りの達人》というナヤ殺しの展開を見せる。この《野生の狩りの達人》に対処できる《稲妻》を仙波は持っているのだが、キャストするための赤マナが無い。

 《貴族の教主》《野生の狩りの達人》倒され、本格的なマナスクリューに見舞われる事となった仙波。そしてその隙に、《巨森、オラン=リーフ》《怒り狂う山峡》という2種類の土地が、仙波にプレッシャーを与え続ける。

 《聖遺の騎士》《野生の狩りの達人》の前には無力であり、《忘却の輪》を引いて《野生の狩りの達人》に対処できるようになった頃には、すでに戦場にあるトークンだけでライフを削るには十分なのだった。

仙波 1-1 相澤

Game 3



 互いにマリガンはなく、仙波は1ターン目の《貴族の教主》からゲームをスタート。

 相澤はこの《貴族の教主》《稲妻》で焼き、《不屈の自然》でマナを伸ばす…のだが、4枚目の土地にアクセスできない。

 仙波は4ターン目に《イーオスのレインジャー》をキャストすると、《野生のナカティル》を2枚サーチ。相澤は返しのターンにも、4枚目の土地を引けず、《バジリスクの首輪》をキャストするのみでターンを返した。

 仙波は《イーオスのレインジャー》でアタックし、《野生のナカティル》をキャスト。このナカティルを《終止》して、ドローをすると、相澤は小さく「よしっ」とつぶやいた。

 引いたのは、待望の4枚目である《竜髑髏の山頂》《血編み髪のエルフ》をキャストし、続唱で《大渦の脈動》へとつなげ、それで《イーオスのレインジャー》を除去する。

 だが、仙波は《悪斬の天使》をキャストする。この《悪斬の天使》に対抗するためにキャストされた《野生の狩りの達人》《忘却の輪》で除去されてしまう。

 相澤は、2枚目の《野生の狩りの達人》をキャストする。仙波は、《悪斬の天使》でアタックし、相澤のライフを5にする。

 そして、2枚目の《悪斬の天使》を手札に残して、《審判の日》をキャストし、盤面を一掃。《怒り狂う山峡》をセットしてターンを返す。

 相澤は《血編み髪のエルフ》をキャストする。仙波の手札は前述の《悪斬の天使》《天界の粛清》のあわせて2枚。だが、《荒廃稲妻》はめくれず、《不屈の自然》が土地を伸ばすのみ。相澤が《バジリスクの首輪》《血編み髪のエルフ》に装備させようとしたところで、《天界の粛清》が打ち込まれる。

 そして、ついに降臨する2枚目の《悪斬の天使》

 相澤は祈りを込めて、《血編み髪のエルフ》をキャスト。1枚1枚確認するようにめくっていき、続唱されたのは、《稲妻》。手札に《ジャンドの魔除け》を持っていた相澤は、《血編み髪のエルフ》が戦場に出る前に《ジャンドの魔除け》を使い、《稲妻》との合わせ技で《悪斬の天使》を処理する。

 だが、その前のターンに仙波がトップデックしていたのは、《イーオスのレインジャー》だった。《野生のナカティル》が2枚サーチされ、キャストされる。

 相澤は、《怒り狂う山峡》をクリーチャー化し、《バジリスクの首輪》を装備させてアタック。ライフを9まで回復させつつ、《怒り狂う山峡》《野生のナカティル》2体を交換する。

 仙波は《怒り狂う山峡》《イーオスのレインジャー》でアタックし、相澤のライフは2。相澤は《血編み髪のエルフ》《バジリスクの首輪》を装備させて、ターンを返す。

 この時、一方で、中村はすでに準決勝まで決め、決勝進出を決めていた。

 仙波は、カードを叩きつけるようにドローした。

 そのカードは《血編み髪のエルフ》を排除し、仙波の準決勝への道をこじ開ける《天界の粛清》だった。

仙波 2-1 相澤

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 20:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links