<< 準々決勝:相澤 恵司(東京) vs. 仙波 恒太郎(千葉) | main | PWC Championship 2009-2010 ライブカバレージ >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


準決勝:仙波 恒太郎(千葉) vs. 田代 勇人(埼玉)

By Daisuke Kawasaki



 今日一日、何故かこの大会のフィーチャリングエリアでは、花をつけたり、猫耳をつけたプレイヤーたちが登場している。

 そして、この準決勝の席では、仙波 恒太郎(千葉)が、猫耳をつけて、席についた。

 理由を聞くと、

仙波 「すでに終わっている準決勝で、KAKAO(中村)さんに10分で負けてしまった富井君の弔いってことで」

 と答えられた。

 富井がなぜ猫耳をつけていたかは答えてくれなかった。

 仙波と富井は、最近隆盛している秋葉原系のコミュニティで共にプレイしている。それとなにか関係あるのかどうかはわからないが、まぁ、友のために戦うというシチュエーションのすばらしさを、すばらしいもののママにしておきたいので、これ以上聞かずに、仙波と田代のマッチを見ていくことにしよう。
Game 1



 先手の仙波は、1ターン目《陽花弁の木立ち》タップインからの2ターン目《貴族の教主》と展開。さらに、《大貂皮鹿》へとつなげるが、これは《稲妻》で打ち落とす田代。

 そして、3ターン目に《芽吹くトリナクス》をキャストする田代。だが、仙波も2体目の《大貂皮鹿》をキャストして対抗する。

 こうなると、《芽吹くトリナクス》は1ターン殴れないため、攻め手は完全に仙波へと移行する。そして、仙波はここに《イーオスのレインジャー》を追加し、《野生のナカティル》《貴族の教主》とサーチする。

 田代は《包囲攻撃の司令官》をキャスト。トークンをばらまく体制の整った田代に対して、仙波は《貴族の教主》をキャストし、小考の末に《大貂皮鹿》1体でアタック、田代はこれをスルーしてライフを11にする。仙波は《聖遺の騎士》をキャストしてターン終了。

 この《聖遺の騎士》《大渦の脈動》で対処した田代。だが、《包囲攻撃の司令官》《稲妻》で除去されてしまい、依然として防戦のペースだ。仙波は《イーオスのレインジャー》でアタックし、田代のライフは8。

 田代は、3体のゴブリントークンと《芽吹くトリナクス》を残し、《怒り狂う山峡》でアタック、仙波のライフを9とする。

 仙波は《貴族の教主》をキャストし、賛美で4/4となった《大貂皮鹿》でアタックすると、田代はこれをゴブリントークンでチャンプブロック。《野生のナカティル》を追加してターンを終える。

 田代は《血編み髪のエルフ》をキャスト。この《血編み髪のエルフ》でめくれたのは、《朽ちゆくヒル》。田代は《芽吹くトリナクス》でアタックすると、仙波は《イーオスのレインジャー》で相打つ。

 こうして、盤面が膠着したかに見えたのだが…仙波が《ナヤの魔除け》をトップデックしたことで勝負は一瞬でついたのだった。

仙波 1-0 田代

Game 2



 後手の仙波が1ターン目に《野生のナカティル》を出したのに対して、田代は2ターン目に《朽ちゆくヒル》をキャストする。

 この《朽ちゆくヒル》はかなり対処しにくく見えるのだが、仙波は《貴族の教主》をキャストし、《乾燥台地》をセット、2/2の状態で《野生のナカティル》をアタックさせるというかなり対処しにくい攻撃をする。

 田代は小考の末に、この《野生のナカティル》《朽ちゆくヒル》でブロック。仙波は《乾燥台地》《山》をサーチし、《野生のナカティル》は3/3。そして、田代が《朽ちゆくヒル》の能力のためにライフを支払った所で、《稲妻》で除去する。

 この《野生のナカティル》は、続くターンに田代の《稲妻》で除去されるのだが、仙波はキーカードともいえる《聖遺の騎士》を着地させることに成功する。

 勢いに乗って仙波は《石鍛冶の神秘家》をキャストし、《ビヒモスの大鎚》をサーチし、5/5の《聖遺の騎士》でアタックする。

 田代は《包囲攻撃の司令官》をキャストするのだが、これを《天界の粛清》されてしまい、5マナつかって、3体のトークンを生み出したのみ。一方で仙波は、土地が3枚で止まってはいるものの、《大貂皮鹿》を追加しつつ、《聖遺の騎士》のサイズを育て始める。

 田代は《芽吹くトリナクス》を追加する。

 このタイミングで仙波は《ビヒモスの大鎚》《石鍛冶の神秘家》の能力でターンエンドに戦場に出し、そして、《終止》の聞かない《大貂皮鹿》へと装備させ、5/5+賛美の《大貂皮鹿》でアタックする。これは通して田代のライフは6。

 ここで田代は2体目の《包囲攻撃の司令官》をキャスト、トークンの数を6に増やす。このうちの1体は仙波の攻撃宣言に対応して《貴族の教主》へと飛ばされ、残り5体と《包囲攻撃の司令官》自身は5/5でアタックしてきた《大貂皮鹿》をブロックする。

 仙波は、《聖遺の騎士》《セジーリのステップ》をサーチし、プロテクション赤を付与し、生き残らせる。

 ライフが6の田代は、ライフが29の仙波へと《荒廃稲妻》を打ち込むが、もはや焼け石に水の状況。仙波が《イーオスのレインジャー》《野生のナカティル》《貴族の教主》とサーチすると、田代は、最後のドローの内容を確認した。

仙波 2-0 田代

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 21:46
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links