<< Round 5:相澤 恵司(東京) vs. 中村 肇(神奈川) | main | Round 6:清水 直樹(東京) vs. 真貝さら(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 5:富井 翼(東京) vs. 佐藤 義一(神奈川)

by Yohei Tomizawa



 全勝対決である富井と佐藤の対戦をお届けしよう。

 富井は5位、佐藤は7位と二人ともPWCポイントレースの上位者であり、そのポイントによって3byeを獲得している。

 富井のデックはランパン型ジャンドであるが、《若き群れのドラゴン》の代わりに《深淵の迫害者》が入っているというオリジナル仕様。サイドにも《バジリスクの首輪》が多めに取られており、本人の言葉をかりるなら

「新しく買ったカードを使いたかった。」

とのこと。その強さや如何に。
 一方の佐藤のジャンドはヒル型のジャンドであり、草の根の大会で流行の《魂の汚染者》を積んでいる。

 このカードは《ジュワー島のスフィンクス》に対処できるだけでなく、ミラーマッチに於いても巨大なクロックろして、あるいは壁として機能する。富井のデックが《深淵の迫害者》を取っていることを考えると、効果がありそうだが。

 毎週のように顔を合わせている二人だから、試合前から過去の対戦についての話が出る。普段と変わらぬ、和やかな雰囲気でシャッフルが進むが、試合開始のアナウンスを受けると臨戦態勢に入ったのか目つきが鋭くなってくる。

Game 1


 互いにタップインランドから始まるジャンドミラー。4ターン目まで黒マナが引けず、エンドを繰り返していた佐藤と、《不屈の自然》から《深淵の迫害者》を高速召還と対照的な動き。ここには2枚の《稲妻》が打ちこまれる。

 佐藤は黒マナ引き込み《荒廃稲妻》をキャストし、富井も同じくキャスト。

 両者マナが安定しパワーカードの応酬となるが、佐藤はマリガンを挟んで2枚の《稲妻》《荒廃稲妻》と手札を著しく消耗してしまっている。ここぞとばかりに展開してくる富井クリーチャーを裁ききることが出来ない。

 佐藤は《野生の狩りの達人》《野生語りのガラク》といたような時間がかかれば強力な制圧力を発揮するカードしかなく、今はその時間がない。

 《包囲攻撃の司令官》こそ《野生の狩りの達人》の能力で破壊するが、《深淵の迫害者》止まらない。像トークンでライフを攻めようにも、ゴブリントークンがチャンプブロックを繰り返す。

 佐藤の最終防衛線《魂の汚染者》《大渦の脈動》で破壊すると、《深淵の迫害者》がライフを0とした。

 富井の手札には2枚目の《大渦の脈動》

富井 1−0 佐藤

Game 2


 タップインの鏡打ちから富井は再び《不屈の自然》でマナを伸ばす。佐藤は《朽ちゆくヒル》、富井は《深淵の迫害者》とクリーチャーを召還。

 攻撃は出来ないが、《ゴブリンの廃墟飛ばし》をキッカー込みで召還しマナベースを責める。

 対して富井は《バジリスクの首輪》を装備し、ライフを一気に12点離す。

 《終止》《深淵の迫害者》を破壊する。ペイライフで6点のダメージを与えるが、6点ゲインは大きく、ライフは富井20−12佐藤。

 富井の《瀝青破》《大渦の脈動》へとつながり場を一掃するが、次は手札と佐藤は《荒廃稲妻》がキャスト。

 手札が0の富井に、今度は佐藤が《血編み髪のエルフ》をキャスト、クロックを用意する。

 トップデックした《深淵の迫害者》が再び《バジリスクの首輪》を纏うと、佐藤は《芽吹くトリナクス》《朽ちゆくヒル》を追加するのみ。

 次のターンには佐藤のライフは0となってしまう。佐藤は富井が《深淵の迫害者》を除去できるカードを引く前に、ライフを削りきるしかない。《バジリスクの首輪》によって30点近くあるライフを。

 だが富井は《深淵の迫害者》が佐藤のライフをちょうど0にするターンにあっさりと、《大渦の脈動》を引いてみせた。

富井 2−0 佐藤

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 16:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック