<< Round 6:清水 直樹(東京) vs. 真貝さら(神奈川) | main | Round 8:相澤 恵司(東京) vs. 本田 隆太(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 7:仙波 恒太郎(千葉) vs. 鈴木 明由(神奈川)

by Yohei Tomizawa



「Boss Nayaじゃないから。そこ勘違いしなどいて。」

 仙波のデックには《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》が採用されていない。状況によっては多大なアドバンテージを得れるカードではあるが、ランダム制の強い能力であるため、仙波はこのカードをデックから外した。

 代わりといっては何だが、環境最強クリーチャーの1枚である《悪斬の天使/Baneslayer Angel》を入れている。どちらかというとエクステンデットに於ける“Hyper Zoo”をイメージしていただければわかりやすいだろう。


「デック弱ーい。メインもサイドも・・・。」

 Jundに、弱いJundなんて存在するのだろうか。鈴木にデックを見せてもらうと、なんと単発除去が極力減っている構成であった。《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》、《不屈の自然/Rampant Growth》のハイブリット仕様であり、《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》も採用されている。一度ボードを固めれば、二度と傾かないだろうが、不利な状況を覆す除去が少ないのが厳しいとのこと。

 サイドにも《大貂皮鹿/Great Sable Stag》、《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》といったカードと《死の印/Deathmark》。

 トップ8に残るためには勝利を手に入れるのは、どちらだろうか。
Game 1


 先手の仙波は《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》でスタートを切り、鈴木は《溶岩爪の辺境/Lavaclaw Reaches》2枚から《荒廃稲妻/Blightning》を見舞う。

 ここでディスカードしたカードが土地と《大貂皮鹿/Great Sable Stag》。メインからジャンドメタのこのカードを積むのも驚きだが、それをあっさりと捨てるあたり手札は相当強いのだろう。

 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》を6/6まで成長させながら、《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》にて手札に2枚の《野生のナカティル/Wild Nacatl》を加える。

 鈴木は《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をキャストし、続唱した《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》でタップ状態になっている《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》を除去。《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》はレインジャーと相打つことで、盤面には平和が訪れる。

 だが仙波は2枚目《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》を召還し、能力を使うのではなく攻撃に移る。ここで初めて戦闘ダメージが発生し、仙波15−12鈴木。

 この巨大なファッティをどうするか。残念ながら鈴木の手札には除去スペルはないため、《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》で時間を稼ぐことに。

 迷いながらも《忘却の輪/Oblivion Ring》を《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》にキャストし、全てのクリーチャーで攻撃を宣言。

 ゴブリントークン2体がチャンプブロックにまわり、ゴブリンを火力に変え、1体のナカティルと相打ちライフは9。

 何が最も良いプランか。鈴木は《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》で土地をアンタップしながら《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》をキャスト。ブロッカーとともに、次のターン《踏み荒らし/Overrun》能力で勝てる場を作り上げた。

 仙波はドロー後、《セジーリのステップ/Sejiri Steppe》で《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》にプロテクション赤を付けると、場にいるクリーチャーが全てゴブリンの鈴木は本体で受けるしかない。残ったライフを《稲妻/Lightning Bolt》でこんがりと焼き、仙波が先勝した。

仙波 1−0 鈴木

Game 2


 先にパーマネントを展開することに成功したのは仙波。《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》で《ビヒモスの大鎚/Behemoth Sledge》をサーチする。

 鈴木はフェッチランドから緑マナをサーチすると《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をキャスト、続唱した《荒廃稲妻/Blightning》と合わせ、ダメージレースもアドバンテージも一気に優位にたつ。

 14まで削った所で《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》は《稲妻/Lightning Bolt》を打ち込まれ、逆に《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》にて戦力を補充されてしまう。

 鈴木も5枚目の土地を引き込むとすぐさま《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》をキャストし、こちらもクリーチャーを戦場へ。Game1同様時間を稼ぎたいところか。

 《貴族の教主/Noble Hierarch》の賛美で4/3となったレインジャーが攻撃し、鈴木のライフは13。戦闘後サーチしておいた《野生のナカティル/Wild Nacatl》が加わる。

 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》こそ《終止/Terminate》するが、残してあった2マナから《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》で《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》をケアしながら《ビヒモスの大鎚/Behemoth Sledge》を出され、装備、攻撃されてしまう。賛美により6/6となった《野生のナカティル/Wild Nacatl》が重い一撃を見舞い、仙波のライフは19へ、鈴木は7へと落ち込む。

 《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》の能力で《貴族の教主/Noble Hierarch》を除去し、少しずつサイズを小さくしていくが、仙波のトップデックした《忘却の輪/Oblivion Ring》よって、それすらも不可能となってしまう。

 《悪斬の天使/Baneslayer Angel》も《終止/Terminate》し、ブロッカーも並べた。しかし《ビヒモスの大鎚/Behemoth Sledge》を対処することが出来ない。

 必死の共同ブロックも空しく、最後まで《ビヒモスの大鎚/Behemoth Sledge》が止まることはなかった。

仙波 2−0 鈴木

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 19:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links