<< PWC Championship 2009-2010 ライブカバレージ | main | Round 3 : 小宮 忠義(神奈川) vs. 樋口 証(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 1 : 石川翔(東京) vs. 笹本木綿子(千葉)

By 和田 寛也

石川翔(東京)…グランプリ新潟ベスト8のリミテッド強者は、独自の構築理論の持ち主もある。普段池袋アメニティを中心に活動している彼もまた、日本選手権という舞台を目指す一人だ。今日の予選会に持ち込んだデッキはバントカラーのプレインズウォーカーコントロールデッキ。「《豊穣の痕跡/Trace of Abundance》をミシュラランドに付けるプランがコントロールデッキに対して有効なんですよ」とは本人の談。


笹本木綿子(千葉)…都内近郊の草の根大会に積極的に参加している彼女は、代々木で行われたLMCと呼ばれる大会での優勝経験もある女性プレイヤーだ。彼女はゼンディカー発売後からジャンドデッキを使い続けており、今日の予選会でも使い慣れたデッキを選択している。


Game1

 ダイスロールの結果先手は石川。

土地5枚
《前兆の壁/Wall of Omens》
《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》

というハンドをマリガンすると、続く6枚の手札もマリガン。
《悪斬の天使/Baneslayer Angel》
《悪斬の天使/Baneslayer Angel》
《前兆の壁/Wall of Omens》
《豊穣の痕跡/Trace of Abundance》
《天界の列柱/Celestial Colonnade》
と言ったハンドをキープせざるを得ず、何ともさい先の悪い日本選手権予選となってしまった。

一方の笹本は1マリガンの後

土地4
《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》
《終止/Terminate》

というハンドをキープ宣言した。

 土地を引きたい石川。先手2ターン目のドローは・・・《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》!!なんとか《豊穣の痕跡/Trace of Abundance》《前兆の壁/Wall of Omens》といった序盤のアクションを確保すると、キャントリップで手札を整えながら、笹本の手札から繰り出される脅威に対処してゆく。

 対する笹本は《芽吹くトリナクス/SproutingThrinax》《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》と積極的に展開してゆく。しかし石川のプレイした《広がりゆく海/Spreading Seas》によって黒マナを潰され《悪斬の天使/Baneslayer Angel》もゴブリントークン3体と交換せざるを得ない。

笹本の手札には
《終止/Terminate》
《終止/Terminate》
《瀝青破/Bituminous Blast》
《荒廃稲妻/Blightning》

しかし黒マナを引けない笹本。

石川のキャストする

2体の《徴兵されたワーム/Enlisted Wurm》。そして《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》。

チャンプアタックを強要されながらライフを5点づつ削られた笹本は、ライブラリトップを確認するとカードを片付けるのだった。

石川1 – 0 笹本

笹本は《悪斬の天使/Baneslayer Angel》に対抗するために《マラキールの血魔女/Malakir Bloodwitch》を、対する石川は《マラキールの血魔女/Malakir Bloodwitch》に対処出来る《精神の制御/Mind Control》をサイドイン。

Game2

 一本目をダブルマリガンながらも順調にマナをのばし勝利した石川を、またもマリガンが襲う。今回は何とか1マリガンでキープ。対する笹本は

《溶岩爪の辺境/Lavaclaw Reaches》X2
《怒り狂う山峡/Raging Ravine》X2
《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
《稲妻/Lightning Bolt》
《マラキールの血魔女/Malakir Bloodwitch》

という内容の初手をキープ。Game1のような色事故の心配は無さそうだ。

 先手3t目に《国境地帯のレインジャー/Borderland Ranger》キャストから4t目に《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》と展開してゆく笹本に対し、石川は5t目に《悪斬の天使/Baneslayer Angel》で対応を迫る。これに対し笹本の手札に確定除去カードは無く、仕方なく《瀝青破/Bituminous Blast》を《前兆の壁/Wall of Omens》にプレイ。するとプレイされたのはライブラリトップに公開された《荒廃稲妻/Blightning》。

石川は
《広がりゆく海/Spreading Seas》
《精神の制御/Mind Control》
《審判の日/Day of Judgment》
《徴兵されたワーム/Enlisted Wurm》

から《広がりゆく海/Spreading Seas》《審判の日/Day of Judgment》をディスカード。笹本は《悪斬の天使/Baneslayer Angel》が居るため攻撃出来ず、ターンエンドを宣言する。

返す石川、《悪斬の天使/Baneslayer Angel》で攻撃した後キャストした《徴兵されたワーム/Enlisted Wurm》から捲れたのは《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》。兵士トークンで守りを固めつつ笹本へのプレッシャーをかける。

これに対して笹本は《マラキールの血魔女/Malakir Bloodwitch》と《真髄の針/Pithing Needle》で対抗しようとするが、石川の《精神の制御/Mind Control》がそれを許さない。そして《マラキールの血魔女/Malakir Bloodwitch》《悪斬の天使/Baneslayer Angel》《徴兵されたワーム/Enlisted Wurm》

と展開された石川の脅威に対する回答を笹本は用意出来ないのだった。


石川2 – 0 笹本


終了後、観戦していた友人が笹本の元に集まる。

「《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》で追加のランドセット忘れてたでしょ!」

「《マラキールの血魔女/Malakir Bloodwitch》1ターン遅れたよ!!」


ここは日本選手権予選。一つのミスが勝敗を分ける過酷な舞台なのだ。

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 16:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック