<< 新宿PWC -323rd- | main | Round 2:平賀 優宏(神奈川) vs. 角岡 利幸(東京) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 1: 渡辺 雄也(神奈川) vs. 北川 知明(東京)

Round 1: 渡辺 雄也(神奈川) vs. 北川 知明(東京)

By Tomohiro Kaji

100名を超える参加者のPWCCの第一回戦は、ミスター・PWCから日本を代表とするプロプレイヤーへと成長した渡辺 雄也の試合をお伝えしよう。
さすがに地元の英雄でもある彼にはギャラリーにも「あれ?渡辺さんてバイないんですか?」と煽られてしまうのだが、GPでバイをもらえているんで、と彼は謙遜した答えを返した。
招待制のイベントであるこの大会は、普段行われているPWCの成績でバイが与えられる制度なのだが、確かにプロレベルのトーナメントに遠征してしまうと週末は忙しくなってしまうのだろう。
だが、折り紙つきの実力の持ち主と踏んでフィーチャーマッチに呼んだわけで、バイ持ちなどものともしない渡辺の活躍に期待したい。



Game 1

お互いに《闇滑りの岸/Darkslick Shores(SOM)》、《水没した地下墓地/Drowned Catacomb(M12)》、《沼/Swamp(ISD)》と淡々と土地が並び、先行の渡辺が《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard(ISD)》を置くと、北川も笑いながら《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard(ISD)》。
これは青黒コントロールのミラーマッチ、お互いに相手のターン終了時にライブラリーを削り合い、先に土地が止まったほうが圧倒的に不利ということがわかりきっているこのゲームに、苦笑いするしかない二人だ。

そしてすぐに土地が止まってしまった渡辺に対し、北川は順調にマナを伸ばしならが墓地に落ちた《熟慮/Think Twice(ISD)》をフラッシュバックしたりとターンが進む。
リソースの差は歴然となり、先に北川が《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard(ISD)》を破壊するための《幽霊街/Ghost Quarter(ISD)》へとたどり着いてしまった。
《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith(MBS)》をX=0で唱えるなど、一方的なライブラリー破壊を減速させる涙ぐましい努力をする渡辺だが、エンドカードがすべてライブラリーから落とされてしまった時点で投了となった。

北川 1-0 渡辺



Game 2

7枚の手札を見て悩む渡辺。
《マナ漏出/Mana Leak》や《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》といった軽量呪文のある初手だが、2ゲーム目にあたるこの試合は対戦相手の使うデッキが青黒コントロールであるとわかりきっている。
こんな自分から行動するには使いにくいカードよりも、むしろ土地がたくさんほしい渡辺はマリガンを選択し、《熟慮/Think Twice(ISD)》を含めた動きやすい6枚を手に入れゲーム開始!

同様に淡々と土地を並べ、《熟慮/Think Twice(ISD)》でカードを引く両プレイヤーのアクションに《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard(ISD)》が鍵になる試合になるかと思われたが、北川の投入したサイドボードカード、《血統の守り手/Bloodline Keeper(ISD)》でカウンターを巡る戦いが始まった。

まず北川の《血統の守り手/Bloodline Keeper(ISD)》を渡辺が《マナ漏出/Mana Leak》すると、さらに北川が2枚目の《血統の守り手/Bloodline Keeper(ISD)》を唱え、これも渡辺は《マナ漏出/Mana Leak》。
これに続く3枚目の《血統の守り手/Bloodline Keeper(ISD)》を北川が盤面に叩きつければ、渡辺も負けじと3枚目の《マナ漏出/Mana Leak》で応戦!

3対3の交換で無事に終わって欲しかった渡辺だが、あいにくこの第6ターンまで順調にマナを伸ばし続けた北川の続く呪文で希望を砕かれる。
残った2マナから《否認/Negate》と、意地でもクリーチャーを通しにきたのだ。
除去の薄いサイドボード後のゲームで、こういった触りにくいクリーチャーが通ってしまうことは非常に致命的で、毎ターン現れる2/2クリーチャーに、渡辺は《熟慮/Think Twice(ISD)》をフラッシュバックして対策を探す。

ダメージのクロックがあるゆえ、《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard(ISD)》を自分に使う渡辺だが、《熟慮/Think Twice(ISD)》は見つけられず、しかし、《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy(ISD)》を唱えて《ソリン・マルコフ/Sorin Markov》を拾い、さらに《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》で《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy(ISD)》をフラッシュバックすると、もう1枚の《禁忌の錬金術/Forbidden Alchemy(ISD)》へと繋ぐ。
だが、戦場のヴァンパイアたちが仲間を呼び続け、そろそろ対処しなければ数の暴力でライフの持たない渡辺には残された時間が少なく、カードアドバンテージを稼いでいる間にゲームが終わってしまう。

そして仕方なく勝負に出なければならない渡辺は、まずは《外科的摘出/Surgical Extraction(NPH)》で墓地にある《否認/Negate》を指定すると、北川は手札に持っていた《否認/Negate》で打ち消す。
ここまで計算通りの渡辺は、その隙に《ソリン・マルコフ/Sorin Markov》を《雲散霧消/Dissipate(ISD)》のバックアップで戦場へ呼び出し、北川の攻撃の矛先を変えようと試みる。
トークンを除去しつつライフを回復させつつ忠誠度を上げる効果に、時間を十分稼ぐことを期待していたのだが、渡辺のタップアウトのタイミングで北川は《決断の手綱/Volition Reins(SOM)》!
この裏切りの《ソリン・マルコフ/Sorin Markov》で《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》を破壊すると、忠誠度はもう8へと増えてしまった。

ただでさえ対処しなければならないクリーチャーたちがいるのに、《精神隷属器/Mindslaver(SOM)》を設置されたようなこのシチュエーションだ。



なんとか《黒の太陽の頂点/Black Sun's Zenith(MBS)》で《血統の守り手/Bloodline Keeper(ISD)》らヴァンパイアたちを一掃させるも、北川の手によって操られた渡辺は、自分の《聖別されたスフィンクス/Consecrated Sphinx(MBS)》を《雲散霧消/Dissipate(ISD)》しつつ、《幽霊街/Ghost Quarter(ISD)》で《ネファリアの溺墓/Nephalia Drownyard(ISD)》を壊し、さらにライブラリーにあるはずの土地を見つけない、という行動を取らざるおえず、そのまま投了へと追い込まれてしまった。

北川 2-0 渡辺

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 16:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック