<< Round 3:和田 寛也(東京) vs. 目黒 将彦 | main | Round 5: 中村 肇(東京) vs. 木野田 保宏 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 4:相澤 恵司(茨城) vs. 兼清 隆介(東京)

Round 4:相澤 恵司(茨城) vs. 兼清 隆介(東京)
By Daisuke Kawasaki

「相澤 恵司の1年間は今日この日の、たった今、この瞬間の為にあるんです!」

 スタッフの満場一致で決まったRound 4のフィーチャリングマッチ。そう、「スタンダードの貴族」相澤 恵司の登場だ。

 昨年に続き、ほぼ今シーズンのMr.PWC(年間ポイントレース最優秀者)を確定させ、会場に3人しかいないBye 3を持っている相澤。あえて、この瞬間に相澤を呼ばずとも、もっとふさわしい、より「かかった」マッチを呼べばいいと思うかも知れない。

 だが、相澤にとって、このマッチほど「かかっている」マッチもない。

 ちょうど1年前。ほぼMr.PWCを確定させ、そして5-0-2のトップ8入賞への優先席であるBye 3を確保してPWC Championship2011に参加した相澤だったが……そこからの2連敗。1年間の集大成であるChanpionshipで、1年間に1番がんばった人間が、無残。今年もそんな事になってはあまりに無残、そう考えたPWCスタッフは、誰もがこのラウンドでの相澤のフィーチャーをプッシュした。

 そして相澤はトラウマを克服するべく、再び100ポイント以上の差をつけて、ほぼ確定したMr.PWCの称号とBye 3をひっさげて帰ってきた。今年も一番がんばったのは相澤だ。ここで昨年のトラウマを克服するべく、相澤はこのマッチを勝たなければいけない。ここが相澤の熊の場所だ。

 そんな相澤のトラウマ克服を阻止するべく立ちはだかる熊、それが兼清だ。毎年、PWCポイントレース上位に食い込み、そして、PWCCでは毎度の様にMr.PWCとマッチアップするPWCを代表する強豪だ。

 相手にとって不足はない。相澤のデッキは青白のDelver Blade。対する兼清は赤緑ケッシグで相澤に新たなトラウマを植え付ける事はできるのか。



Game 1

 後手の兼清がマリガンしたのに対して、相澤は1ターン目の《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》から、2ターン目のアップキープに《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》がめくれて変身を果たす。《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike(ISD)》をプレイすると、3点のアタック。対する兼清もなんとか2ターン目にマナ加速をしているのだが、果たして間に合うのか。

 3ターン目。《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》をプレイするために必要な白マナを手に入れられなかった相澤は、自身の手札をみて小考する。そして、《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike(ISD)》を《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration(ISD)》に装備させると、2枚の《はらわた撃ち/Gut Shot》をプレイして一気に5点のダメージを与える。

 兼清は《金屑の嵐/Slagstorm》で盤面を一掃。これは《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》で《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration(ISD)》を手札に戻して交わす相澤だったのだが、《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》の2度目の変身が遠い。

 《夜明け歩きの大鹿/Dawntreader Elk》で時間を稼ぎつつ、マナを伸ばした兼清は《原始のタイタン/Primeval Titan》をプレイ。これは《雲散霧消/Dissipate(ISD)》で打ち消され、《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike(ISD)》に強化された相澤の《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》のパワーは5となる。

 この《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》がアタックして兼清のライフは5。すでに白マナを確保していた相澤は《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》をプレイ。兼清はこれを《マナ漏出/Mana Leak》をケアした3マナを残しながらの《審判の日/Day of Judgment》で一掃する。

 返して相澤は、《磁器の軍団兵/Porcelain Legionnaire》をファイレクシアマナを支払ってプレイ。《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》の為のマナを残しながらターンを終了。兼清は《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》と1マナを残して《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》をプレイし、[+2]能力を起動する。

 相澤は、兼清のターンエンドに《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》でスピリットをうみ出すと、自分のターンにこれに《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike(ISD)》を装備。合計8点分のクロックを用意した上で、ブロックしようとした《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》を《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》で排除し、一撃で《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》を葬り去る。

 まずは《金屑の嵐/Slagstorm》で盤面を一掃した兼清は《不屈の自然/Rampant Growth》をプレイ。対して相澤は《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》をプレイ。そしてこれは《思案/Ponder》で積み込んだ《思案/Ponder》によってすぐさま変身を果たす。

 2枚目の《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》をプレイし、[+2]能力を起動していた兼清。《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike(ISD)》を装備したスピリットトークンを《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》でブロックし、さらに《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》でターンを稼ぐ権利を得る。果たして、その稼いだターンに何ができるのか。

 兼清の持つ可能性は、《原始のタイタン/Primeval Titan》だった。この《原始のタイタン/Primeval Titan》で2枚の《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》をサーチすると、《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》にカウンターを二つのせてターンを終える。

 2体の飛行クリーチャーが《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》に吸いよせられた後に、相澤は手札を見て考える。手札には《磁器の軍団兵/Porcelain Legionnaire》と《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》。戦場にある白マナは1枚。《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》と《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》の起動を同時にできない相澤。考えた末に《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》をプレイしてターンを返す。

 兼清は《不屈の自然/Rampant Growth》をプレイしてターン終了。相澤は《思考掃き/Thought Scour》をプレイした後に、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》の産み出す4/4天使を含む3体のクリーチャーでアタック。ライフが4の兼清は《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration(ISD)》をスルーして残りライフが1になる。

 この時点で相澤のライフは13だが、これはファイレクシアマナと自身にうった《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》によるものだ。結局、大量に土地を並べた兼清は、相澤のライフを1点も削らないまま、その土地を片付けた。

相澤 1-0 兼清

Game 2

 先手の兼清はマリガン。対して、相澤は《島/Island(ISD)》《氷河の城砦/Glacial Fortress》《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》《戦争と平和の剣/Sword of War and Peace》《鋼の妨害/Steel Sabotage》に《思案/Ponder》が2枚という初手をキープする。

 相澤は1ターン目に《思案/Ponder》、兼清は2ターン目に《不屈の自然/Rampant Growth》と順調に展開。《思案/Ponder》で3枚の土地というトップをキープした相澤は、2枚目の《思案/Ponder》を2ターン目にプレイする。

 兼清は、続いて4枚目・5枚目・6枚目と土地を置く。その間に相澤はじっくりと構え、《マナ漏出/Mana Leak》のマナを残して《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》を着地させる。兼清は《夜明け歩きの大鹿/Dawntreader Elk》を《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》のキャッチャーとして用意する。

 ここは当然の《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike(ISD)》装備によって強引にねじ込むプランの相澤なのだが、手札のカウンターで対応しきれない《古えの遺恨/Ancient Grudge》によって《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike(ISD)》が破壊されてしまう。

 追加のクロックを持たない相澤と決め手に欠ける兼清が互いにターンを返した後に、相澤は《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》をトップデック。これをプレイする。対する兼清は、再びセットからのエンド。この《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》が《思案/Ponder》をめくって《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration(ISD)》に大変身。さらに、3点のダメージを与えた後に相澤がキャストした《思案/Ponder》で見えたのは土地と《マナ漏出/Mana Leak》と、そして《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》。



 2体目の《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》を追加した相澤だったのだが、これは《秋の帳/Autumn's Veil》のバックアップを受けた《金屑の嵐/Slagstorm》で一掃されてしまう。さらにこの《秋の帳/Autumn's Veil》の加護があるうちに兼清は《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》をプレイする。

 これが《高原の荒廃者/Ravager of the Fells》に変身するのを止める事ができなかったことで、相澤はこのハードパンチャーに残るライフをすべて持って行かれてしまったのだった。

相澤 1-1 兼清

Game 3

 ここでふたりの対戦は、残すところ10分となった。シャッフルがおわれば7分も残っていないだろう。互いに早いパターンがあるデッキだけに、エキストラターンまで見据えれば勝負をつける事は可能だろうか。

 マリガンをすれば残り時間があやしくなってしまうため、力強く相澤がチェックした初手は、3枚の土地と《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》、さらに《否認/Negate》《マナ漏出/Mana Leak》と妨害手段も豊富な望み通りに近いもの。ちなみに残りの1枚は《思考掃き/Thought Scour》。ここで、兼清がマリガンを選択。残り時間は5分に迫る。



 相澤は1ターン目に《思考掃き/Thought Scour》をプレイすると、3ターン目に思い切ったように《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》をプレイ。そしてこの返しのターンという絶好のタイミングで緑マナのない兼清はアクションをすることができない。

 2枚のカウンターにバックアップされた6点クロックの前でマナスクリュー。こうなってしまえば残り時間は5分でも多いくらいであった。

相澤 2-1 兼清

 こうして見事トラウマを克服した相澤恵司。目指すものはただひとつ。いまだかつて誰もなしえた事のない、ChampionshipとMr.PWCの2冠だ。今年、それを達成する権利は相澤だけにある。

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 20:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック