<< Round 4:相澤 恵司(茨城) vs. 兼清 隆介(東京) | main | Round 6:斉田 逸寛(東京) vs. 西條 雄一(神奈川) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 5: 中村 肇(東京) vs. 木野田 保宏

Round 5: 中村 肇(東京) vs. 木野田 保宏
By Naoki Shimizu

「やっと呼んでもらえたよー」
そんなつぶやきが聞こえてきたのは中村から。
過去グランプリトップ8も経験している実力者であるとともに、PWCの常連だ。
何を隠そう、彼は第2期のミスター・PWCである。言わばミスター先輩。
このフィーチャーマッチエリアに呼ばれる機会を今か今かと待ちながら、着々と4つの
勝ち星を重ねてやってきた。

対する木野田。相澤恵司(茨城)のトップ独走が象徴的となった2011年のPWCポイント
レースで、見事8位に滑り込んだこちらも「PWC常連」であり「実力者」である。
むしろ、中村が2011年度のPWC参加数を減らしてしまった一方で、着々とポイントを
積み上げてきたぶん、木野田のほうが今回は「格上」と言ってもよいだろう。



中村が白青人間、対する木野田は黒青ゾンビ。イニストラード世界を代表するような、
白と黒の対決が始まる。

Game 1

先手は中村。初手を見て暫し唸るも、キープを選択。
《宿命の旅人/Doomed Traveler》からゲームをスタートさせる。
続くターンに《清浄の名誉/Honor of the Pure》、
さらに《清浄の名誉/Honor of the Pure》、さらにさらに《清浄の名誉/Honor of the Pure》と
《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》を展開するという強烈な展開だ。

しかし木野田も負けていない。
まずは《墓所這い/Gravecrawler》からスタート。続いて《ゲラルフの伝書使/Geralf's Messenger》を
追加し、続いて《幻影の像/Phantasmal Image》で《ゲラルフの伝書使/Geralf's Messenger》を
複製しつつも《喉首狙い/Go for the Throat》で《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》を
退ける。《清浄の名誉/Honor of the Pure》は3枚あっても、クリーチャーの布陣がさびしい中村は
有利を活かすことができないのだ。
そして中村は「やっぱりか・・・」という感じで、4枚目の土地が引けないことを嘆く。
手札で《天使の運命/Angelic Destiny》《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》が泣いているのだ。



その中村を尻目に、木野田は《戦墓の隊長/Diregraf Captain》を戦場へ追加すると、中村が
自身の軍勢を展開できるようになる前に亡者たちの餌食とさせてしまった。

木野田 1-0 中村

Game 2

マナトラブルに苦しんでしまった中村だが、次のゲームの初手は4枚の土地に
《教区の勇者/Champion of the Parish》、《天界の粛清/Celestial Purge》、
《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》とまずまず。

だがやはりというかなんというか。マナスクリューのあとにはマナフラッドがつきものだ。
《ゲラルフの伝書使/Geralf's Messenger》を軽々と《天界の粛清/Celestial Purge》し、
《墓地を刈り取るもの/Cemetery Reaper》を《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》で裁いた中村
だったが、その後《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を引き込んだものの後続が続かない。
《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》のプロテクション黒は木野田にとって致命的だが、
これを《幻影の像/Phantasmal Image》のコピー能力でなんとか封じ込めることに成功する。

マナフラッドに苦しんでいる中村だったが、蓋を開けると木野田も同様だった。
主力である《ゲラルフの伝書使/Geralf's Messenger》を退けられてから、思うようにクロックを展開
することができない。《墓所這い/Gravecrawler》と《戦墓のグール/Diregraf Ghoul》を展開してみるが
ゲームが進んだ状態でこの1マナクリーチャーたちではあまりに役不足だ。

転機が訪れたのはその2ターン後。
中村が導いた《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》が、こう着状態を一気に打破せんと立ち上がったのだ。
通常であればすぐに《喉首狙い/Go for the Throat》で首を掻ききられてしまうところなのだが、お互いにマナが
洪水状態となっている現状。今回はすんなり生き残ってしまったのだ。

ここで木野田は勝負に出る。《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》で《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》をいったん
退けると、《攻撃的な行動/Act of Aggression》で《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》を一時的に
その配下につけたのだ。だが、その一斉攻撃をもってしても中村のライフを0とすることはできない。
やがて、《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》と《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》が、木野田に
襲い掛かると、木野田は次の戦いの準備を始めた。

木野田 1-1 中村

Game 3

《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》をめぐる攻防が印象的なこのマッチアップ。
ゾンビにとっては致命的なこの騎士が、やはり勝負を決める3本目でもキーとなった。

先手となった木野田は《墓所這い/Gravecrawler》でゲームをスタートさせるが、
《清浄の名誉/Honor of the Pure》を受けた3ターン目の《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》に対して
対抗することができない。
《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》されてしまうと逆に中村敗勢、というところだったがここは
中村がその勝負強さを見せたといってもいいだろう。
《戦墓の隊長/Diregraf Captain》を並べつつ、《墓所這い/Gravecrawler》の突撃により1点のライフは削る
ものの、中村は《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》の6点攻撃では飽き足らず《宿命の旅人/Doomed Traveler》
《忠実な聖戦士/Loyal Cathar》を展開!
木野田はたまらず《喉首狙い/Go for the Throat》を連打して打開を図るが、死亡してもなおも戦場に残ってしまう
スピリットや《不浄の聖戦士/Unhallowed Cathar》に手を焼いてしまう。
その木野田をあざ笑うような《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》。《清浄の名誉/Honor of the Pure》
の環境下、中村が完全に場の優位を確定させる。



対処に追われる木野田。なんとか一度《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》で《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を
バウンスしてみるのだが、中村が容赦なく《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を2体召還すると、
木野田は「参りました」とばかりに右手を差し出した。

木野田 1-2 中村

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 21:12
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links