<< 準々決勝:大根田 祥宏(東京) vs. 角岡 利幸(東京) | main | 準決勝:相澤 恵司(茨城) vs. 鈴木 明由(東京) >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


準々決勝:中村肇(神奈川) vs. 遠藤 亮太(埼玉)

準決勝:中村肇(神奈川) vs. 遠藤 亮太(埼玉)
By Naoki Shimizu

中村「今日《天啓の光/Ray of Revelation》撃たれすぎてて心折れそう…」
確かに中村の人間デッキにとって、キーとなる《清浄の名誉/Honor of the Pure》や《天使の運命/Angelic Destiny》をいとも簡単に破壊する《天啓の光/Ray of Revelation》は致命的といえる。
しかしそうぼやきながらも、なんだかんだでちゃっかりトップ8に残っているのは流石、といったところ。

「やっべー!カバレッジ書かれるのすっげーうれしい!!」
トップ8プロフィールで、カバレッジに対する思いのたけを語ってくれたのは遠藤亮太。
ならば、ということで準々決勝はその遠藤と中村の戦いをフィーチャーすることとなった。

遠藤のデッキは、「メタ的に強い」赤緑白の《出産の殻/Birthing Pod》。
確かに人間デッキや、ゾンビデッキには相性がいい。
《出産の殻/Birthing Pod》に対する対処手段が少ないデッキでは《出産の殻/Birthing Pod》
が織り成す圧倒的なアドバンテージと戦うというのは厳しいものがある。
何とか中村としては《出産の殻/Birthing Pod》を出される前に勝負を決めてしまいたいところだ。



お互いに顔見知り同士。フレンドリーなのか、それとも殺伐としているのかよくわからない
煽りあいの中、いよいよ準々決勝の試合が始まった。

Game 1

先手の遠藤が、フィーチャーをされた喜びの中、勢いに乗ってロケットスタート!
《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》→《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》、
そして《極楽鳥/Birds of Paradise》と4ターン目に6マナという布陣を作り上げる。
一方中村は冷静に、《忠実な聖戦士/Loyal Cathar》と《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
を並べていくのだが・・・。

《業火のタイタン/Inferno Titan》、突如降臨。



まずは《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》を灰燼に帰すと、
続くターンで《ヴィリジアンの密使/Viridian Emissary》とともに中村を蹂躙。
さらに《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》まで追加した遠藤を前に、
成す術なしといった様子で中村はカードを片付けた。

わずか5ターンの、瞬殺劇。

遠藤 1-0 中村

Game 2

冒頭の《天啓の光/Ray of Revelation》をサイドインしながらほくそえむ遠藤。
今度は中村の先行で、《ギデオンの法の番人/Gideon's Lawkeeper》→《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》と
進める。
一方の遠藤の勢いは止まらない。2ターン目までに3体のマナ・クリーチャーを並べると、
笑いながら「どうしよっかなー」とつぶやく。もはや余裕すら感じさせる。

そして遠藤はまたしても(デッキに1枚の)《業火のタイタン/Inferno Titan》を叩きつける!
これが、遠藤の勢いか。中村は冷静にこれを《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》で除去してみるが、
次に現れた《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》の前に《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》は
攻撃に移ることができない。
このままでは終わってしまう中村は、土地が3枚で止まってしまうが《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》で
《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》を対処しておくが、遠藤はさらに《極楽鳥/Birds of Paradise》
《刃の接合者/Blade Splicer》《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を追加しつつ《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》モードへ移行する。
しかも、こっそり《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》は2枚おかれている。なんと、毎ターン最大2回まで起動ができてしまうのだ。

戦場にマナクリーチャーが4体並んでいるので、中村は早くクロックをかけなければ《極楽鳥/Birds of Paradise》に
蹂躙されるという屈辱の未来が待っている。

中村は力を込めて、ドロー。そして見事願っていた《平地/Plains》を引き込み、
願いを込めて《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》を戦場へ送り出す。遠藤は冷静に、サイコロを
テーブル上にぶちまけながらそれを自身の軍勢の上へと乗せていく。これだけサイズと数で勝っていれば、
《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》の攻撃もものともしない。

中村がそんな遠藤を尻目に2体目、3体目と《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》をキャストすると、
ここで遠藤がまさかの《出産の殻/Birthing Pod》をドロー。
《刃の接合者/Blade Splicer》を生贄に、《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》をサーチ、
《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》に化けながら中村の《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》を除去。
《業火のタイタン/Inferno Titan》が舞い戻り、《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》も
場に復活するというビッグアクションを成功させる。

これには中村も天を仰ぐことしかできない。
《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》で《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》を退け
戻ってきた《悪鬼の狩人/Fiend Hunter》で《業火のタイタン/Inferno Titan》は対処しておくが、
遠藤の《出産の殻/Birthing Pod》《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》が止まっていない以上もはや勝負が決している。
《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を生贄にしつつの《霊誉の僧兵/Geist-Honored Monk》を繰り出す。
なんとそのサイズは11/11。
ついでに、遠藤は今《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》のドローで引いてきた《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》
を・・・



キャストしちゃった。

え?

遠藤「うわーーー!間違えたー!!」

そうです。これを出さなければ、《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》が変身して《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》が
倒せて、《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》が帰ってきて・・・というお祭りが発生していたはずだったのだ!

しかしそうはいっても圧倒的過ぎる戦況。

ここで一旦場を整理してみよう。

中村
《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》
《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》
《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》
《刃砦の英雄/Hero of Bladehold》
《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》


遠藤
《極楽鳥/Birds of Paradise》3/4
《極楽鳥/Birds of Paradise》3/4
《極楽鳥/Birds of Paradise》3/4
《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》4/4
《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》1/1
狼トークン5/5
狼トークン3/3
スピリットトークン1/1
スピリットトークン1/1
ゴーレムトークン6/6
《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》3/3
《霊誉の僧兵/Geist-Honored Monk》 12/12←!!

(以上、すべて《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》で絶賛成長中)

・・・これにはイニストラードの伝説の霊も、ミラディンの英雄3人衆も・・・

尻尾を巻いて逃げ出すしか残っていなかったのだった。

遠藤 2-0 中村

遠藤が勢いのままに、準決勝進出を決定させた!
遠藤 亮太 Wins!! Advanced to Semi-Final!

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 18:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック