<< 準々決勝:中村肇(神奈川) vs. 遠藤 亮太(埼玉) | main | 常連さんインタビュー! >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


準決勝:相澤 恵司(茨城) vs. 鈴木 明由(東京)

準決勝:相澤 恵司(茨城) vs. 鈴木 明由(東京)
By Daisuke Kawasaki

 昨年はBye 3からの2連敗と涙を飲んだ相澤 恵司。彼のPWC関連のタイトルにかける情熱は並々ならぬものがある。

 決勝ラウンド開始直前に、確定したMr.PWCの表彰。そこで、2位と100Pt以上の差をつけて相澤が表彰されたことからもそれは明らかだろう。

 多くのPWCで優勝し、Mr.PWCを獲得するのも初めてではない。そんな相澤だが、このPWC Championshipは相性の悪いトーナメントのようで勝てても準々決勝止まり、悪い時はまさに去年のように始まったと思ったら終わっていた状況だったりする。

 だが、今年の相澤は違った。不戦勝開けのRound 4を兼清相手に勝利しトラウマを克服すると、そのまま連勝を重ねて危なげなくトップ8を入賞し、そして鬼門であった準々決勝をも突破した。この勢いなら今年はいけるのでは、そんな手応えを相澤も感じているようだ。

 勝てば、史上初のミスターとチャンピオンシップ同時戴冠。目立ちたがり屋の相澤にとってそんなにおいしいシチュエーションはない。

 だが、そんな相澤の前に立ちはだかるのはPWCの巨人、鈴木 明由。

 使用するデッキは共にDelver Blade。

 負けても言い訳の聞かないこのマッチアップ。勝利し、今期チャンピオンシップ優勝に王手をかけるのはどちらか。

Game 1

 後手の鈴木がマリガン。

 対する先攻の相澤が「今日1日ではじめてみた初手」と語る内容は 土地3枚と《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》《はらわた撃ち/Gut Shot》に《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》が2枚というもの。

 そしてそんな相澤の発言を意識してかせずしてか、鈴木はさらに2回のマリガンを重ねる。やっと手にした4枚の初手は土地の無いものだったが、《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》とファーストドローにかけて鈴木はコレをキープする。

 相澤のファーストアクションは《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》。対する鈴木は、ファーストドローで《島/Island(ISD)》を引き、さらに《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》で《氷河の城砦/Glacial Fortress》を引き当てる。《思考掃き/Thought Scour》もプレイして山札を掘りすすめていく。

 1ターン目に出した《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》こそ変身しなかったものの、3ターン目には追加した《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》共々3/2の《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration(ISD)》へと変身を果たした相澤。《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》は《マナ漏出/Mana Leak》されたものの、十分すぎるクロックを確保する。

 この《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration(ISD)》を2枚の《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》で対処する鈴木。だが、その隙をぬって相澤は《思案/Ponder》で引き込んだ《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》をプレイする。

 《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》で3枚目の土地を確保した鈴木ではあったが、4枚目の土地を引き当てる事はかなわず、クロック・マナ・手札の枚数の全てにおいて遅れをとってしまっては、鈴木ほどの巧者でも盤面をひっくり返す事はできなかった。

相澤 1-0 鈴木

Game 2

 土地が2枚にドローサポートが充実した初手を鈴木はキープ。そして、1ターン目に《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》をプレイ。開示された相澤の手札は、土地が4枚に《思案/Ponder》《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》《機を見た援軍/Timely Reinforcements》というもの。鈴木はさらに《思案/Ponder》をプレイする。対する相澤は《氷河の城砦/Glacial Fortress》をタップイン。

 鈴木は《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》をプレイ。対して相澤は2枚の《思案/Ponder》で山札をシャッフルし続ける。

 結局、相澤は《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》に対処するカードを得る事ができず、鈴木は《機を見た援軍/Timely Reinforcements》を提示して《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》を変身させる。そして、ドローの前に《思考掃き/Thought Scour》で不必要な《機を見た援軍/Timely Reinforcements》を墓地に落としてドローをすすめる。

 鈴木は《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》で相澤の手札を確認すると、2体目の《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》をプレイ。相澤は《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》で《思案/Ponder》をふるさとは遠きにありて思うものフラッシュバックし山札をさらに掘り進めるのだが、現状を打破するカードにたどりつかない。

 《地下牢の霊/Dungeon Geists》で《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》を封じ込めつつクロックを追加した鈴木。《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》と《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration(ISD)》で相澤のライフを削る。

 相澤も《地下牢の霊/Dungeon Geists》で返して、鈴木のクロックが膨らむのを阻止しつつブロッカーを確保するが、鈴木の《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》がまたも《機を見た援軍/Timely Reinforcements》を提示しつつ変身してしまう。鈴木は《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》で《思考掃き/Thought Scour》にフラッシュバックを与えると、再び《思考掃き/Thought Scour》でこれを墓地に送り込む。そして、《幻影の像/Phantasmal Image》で《地下牢の霊/Dungeon Geists》をコピーし、相澤の《地下牢の霊/Dungeon Geists》を封じて、さらに6点のダメージ。これで相澤のライフは7。

 相澤は《機を見た援軍/Timely Reinforcements》でライフを回復しつつ、トークンを産み出し、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》へのブロッカーを確保し、《地下牢の霊/Dungeon Geists》のコピーである《幻影の像/Phantasmal Image》を《四肢切断/Dismember》で対処する。これで相澤のライフは3。

 鈴木は2枚の手札と《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》含む6マナを残してターンを終了。相澤は《地下牢の霊/Dungeon Geists》をアンタップし、1体の《昆虫の逸脱者/Insectile Aberration(ISD)》への備えを確保する。そして、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》で《機を見た援軍/Timely Reinforcements》をフラッシュバックする。

 だが、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》を持っているのは相澤だけではなかった。鈴木は《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》をプレイすると、《思考掃き/Thought Scour》で墓地に落とされていた《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》をフラッシュバックし、《地下牢の霊/Dungeon Geists》を相澤の手札へと戻す。

 そして、これによって自由の身となった鈴木の《地下牢の霊/Dungeon Geists》が《機を見た援軍/Timely Reinforcements》で回復したライフまで削りきってしまったのだった。

相澤 1-1 鈴木

Game 3

 先手の相澤は初手を見るなりキープ。対する鈴木は、首をかしげてから長考してキープする。

 相澤は1ターン目に《思案/Ponder》をプレイ。山札をシャッフルしてターンを返す。対する鈴木は相澤の2ターン目のエンドに《思考掃き/Thought Scour》をプレイする。相澤は3ターン目に《思案/Ponder》にフラッシュバックを与えながら《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》でクロックを確保する。ちなみにこの《思案/Ponder》も山札をシャッフル。「貴族」相澤のお気に召すライブラリートップにはなかなか巡り会えない。

 この《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》に対して、《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》で応対する鈴木。だが、相澤は《幻影の像/Phantasmal Image》で《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》をコピーして対消滅させ、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》で鈴木のライフを削り始める。2マナを残してターン終了。

 土地を置くだけでターンを終えた鈴木。続く相澤の《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》のアタックに対して、手札には《はらわた撃ち/Gut Shot》《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》、そして盤面には《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》という回答策があるが、まだマナをつかってまで慌てる時間ではない。相澤からのダメージを受け、ターンエンドに《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》で《思考掃き/Thought Scour》にフラッシュバックを与える。

 さらに手札からも《思考掃き/Thought Scour》をプレイし墓地を増やす鈴木。だが、土地が4枚で止まってしまう。鈴木は《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》でアタックシテターンエンド。ターンエンドに相澤は《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》を使用してスピリット・トークンを追加する。

 この2体の攻撃に対して、鈴木は《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》を使用し、1/1トークンを産み出し、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》をブロックする。これでマナの無くなった鈴木に対して、相澤は2マナ残して《地下牢の霊/Dungeon Geists》をプレイし、《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》のアンタップを封じる。

 やはり5枚目の土地にたどり着けない鈴木。《機を見た援軍/Timely Reinforcements》をプレイし、6点のライフを獲得しつつ、1/1を3枚盤面に追加する。相澤は《地下牢の霊/Dungeon Geists》でアタックすると、《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike(ISD)》を置き、1/1スピリット・トークンに装備させてターンを返す。

 鈴木は《幻影の像/Phantasmal Image》で《地下牢の霊/Dungeon Geists》をコピーし、相澤のスピリット・トークンを暫定的に排除しようと試みるのだが……《信仰の盾/Faith's Shield》がそれを許さない。《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》をプレイしてターンを返す。

 相澤は、《地下牢の霊/Dungeon Geists》に《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike(ISD)》を持ち替えさせて、鈴木のライフを削ると、再びトークンに槍を持たせる。

 鈴木は、アップキープに《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets(ISD)》を変身させると、ここまで貯めに貯めた《はらわた撃ち/Gut Shot》をトークンに向けてプレイ。そして全軍で進撃する。鈴木は《ルーン唱えの長槍/Runechanter's Pike(ISD)》を《神への捧げ物/Divine Offering》で破壊する。

 さらに相澤が《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage(ISD)》でフラッシュバックを付け用とした《思案/Ponder》へと《外科的摘出/Surgical Extraction》をプレイ。ライフを12にしながらも、相澤の選択肢を減らしていく。

 その家庭で手札を見られてしまった相澤。仕方なく強引策として《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft(ISD)》をプレイする。これは通るが、鈴木は鈴木で強引策として1/1トークン2体を除いて全軍攻撃を開始。《地下牢の霊/Dungeon Geists》と《幻影の像/Phantasmal Image》が相打ちをする。

 その後互いに決め手をひかず《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt(ISD)》を起動させてる間に、残り時間は5分を切ってしまう。

 だが、最後の最後。時間切れ寸前に鈴木は《はらわた撃ち/Gut Shot》と《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》によって相澤の防衛網をこじ開けることに成功する。序盤に大きくライフでリードされていた相澤はこの一撃によって決勝への道を閉ざされる事となった。

相澤 1-2 鈴木


スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • 18:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック