スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 3:相澤 恵司(茨城) vs. 中道 大輔(東京)

By Daisuke Kawasaki



 「スタンダードの貴族」として今もなお、コンスタントにPWCへの参加を継続しているAKKAこと、相澤 恵司。最近は自分の分身と言っていいくらいにトリコトラフトを使い込んでいるので、一年間の集大成であるこの大会にも、きっと、トリコトラフトを持ち込んでいることだろう。

 対する中村 大輔の使用するデッキは、ジャンドビート。進化・湧血・活用に、解鎖と4ギルドの能力を駆使するデッキ相手に、相澤のトリコトラフとは対抗できるのか?

続きを読む >>

Round2:松本 悠希 vs 兼清 隆介

兼清 隆介=PWC皆勤賞。
文字面だけを見ると小学校でクラスに1人2人はいたぐらいのレアリティだが、それがPWCとなるとそうはいかない。ほぼ毎週末に開催されているPWCを過去3年間全て欠かさず参加しているプレイヤーは彼を除いて他にいないのだ。
なお、彼はPWCの優勝経験もあるわけで、参加しているだけの人でないことは皆が知っているところだろう。


松本は何度かプロツアーへの参加経験があり、PWCでもご多分に漏れず上位に名前を残すプレイヤーである。奇抜なデッキを好み、俗に言う「わからん殺し」を使うが、さてはて今回のデッキはいかがだろう。
続きを読む >>

Round1:吉住友宏 vs 遠藤亮太

Round1のフューチャーマッチテーブルは誰を選ぶべきか。。。
Byeシステムを採用しているPWCCでもグランプリ同様の苦悩に直面していた。

が、そこにちょうど2人。緑色のテーブルに招待したいプレイヤー同士の対戦を見つけた時は、何という巡り合わせかと主催者も感じたことだろう。


遠藤亮太。
彼こそ現在のディフェンディング・チャンピオンであり、昨年のPWC Championship2012の優勝者である。
今年度はプレミアムイベントに注力していてPWCC2013のBYEを獲得していなかったが、その実力は折り紙つきだろう。フォーマットは違えど、日本最大となった先日のGP横浜では初日全勝者に名前を連ねている。

続きを読む >>

携帯用ページ
qrcode
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
sponsored links