スポンサーサイト

  • 2014.03.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Round 2:渡辺 雄也(神奈川) vs 清水 達則(神奈川)

By Daisuke Kawasaki



 いまでこそ、ミスターPWCという言葉はひとつのブランドとして定着し、たとえば、今年ミスターを獲得した「スタンダードの貴族」相澤 恵司(東京)のように、宿願とするプレイヤーも多いが、その名前はもともとひとりのプレイヤーの為の作られた名前だった。

 あまりにPWCで勝利しすぎるプレイヤーがいて、そのプレイヤーがミスターと呼ばれるようになったのだ。

 その、草の根トーナメントで勝ちすぎたプレイヤーは、去年、グランプリで勝ちすぎてPlayer of The Yearを獲得してしまった。そう、もともとはミスターPWCという名前は渡辺 雄也(神奈川)の為の名前だったのだ。

 これまでに何度も繰り返されてきた話だが、しかし、ここから入らなければ、ミスターPWCという名前も、今年新設されたPWC Championshipも輝きを放たない。その後の渡辺の活躍があって、そして、今のPWCのトップブランドがあると言ってしまっても過言ではないだろう。

 というわけで、当然、この大会最初のフィーチャリングとなるRound 2では渡辺の対戦をお届けしたいと思う。
続きを読む >>